チーム共産党

二条城東側の景観のために北側の景観をこわす!?(2015年7月21日/くらし環境委・文化市民局・井坂博文議員)

二条城の北西角に大型バス駐車場をつくる計画が。「東側の景観が阻害されている」との理由で北側の景観を壊すめちゃくちゃな理屈です。地域の方から計画の撤回・見直しを求める陳情が出され、くらし環境委員会で審査がおこなわれました。「観光」のためには地域が壊れることを何とも思わない、京都市政の問題点がここにもあらわれています。委員会では自民党と共産党がほぼ同じスタンスで京都市を追及するという展開に。井坂議員の質問文字起こしです。

◆井坂議員/いまも橋村委員(自民党)からもありましたけれども、基本的な考え方のコンセプトはほとんど一緒です。私もそういう思いで角度を変えてちょっとお聞きしたいんですけど、そもそも二条城が世界遺産に登録されていますけど、この世界遺産に登録されている範囲は、どこまでが世界遺産なんですか。まずそれを説明してください。

(→土橋文化財担当部長)二条城で世界遺産として登録されておりますのは、えーいわゆる、えー二条城の敷地、史跡で指定されている範囲、でございます。ま、もちろん、その周辺にバッファゾーンというものもございますけれども、えー文化財としては、二条城の史跡になります。

◆井坂議員/いただいたこの資料で言うと、二条城の史跡の敷地っていうのは、「二条城」と書いた青いところなのか、それとも、その周りの堀川・竹屋町・美福通・押小路、この四つに囲まれた全部を世界遺産として指定されているのか、どうですか。

(→土橋文化財担当部長)えー史跡として指定されておりますのは、さきほど先生おっしゃられました道路も含んでになります。たとえばその堀川通ですと、ええ、いま堀川の水辺環境整備でできてる川ありますけども、そこの石垣までが史跡になります。

◆井坂議員/だったとしたら、この二条城の敷地全部が世界遺産としたら、みなさんの思いで言っているこの東側ですよね、正面入口のところをきれいにして整備すると、いうんであれば、なんでそのツケが西北角の、第二駐車場のところにいくのかってのがね、私は甚だ疑問なんですよ。で、昨日も現場行ってみました。地元の陳情出された方のお話を直接聞いてきました。この文章(陳情書)に書いてある通りなんですよ。だからおよそね、普通に考えたらここに第二駐車場ね、150mの範囲でバス20台、どんな置き方をするにしても、そこに20台置くってことは、環境面から見ても、景観からしても、そこに住んでいる人たちの生活を考えても、ちょっと無理なんちゃうかなというふうに思ったのが実際です。

ご存知だと思いますけど、予定しているこの150mの地域、この竹屋町通を挟んでその北側には二条城公園があるんですよね。あの公園も京都市が肝いりで整備をして、で、家族連れ、お年寄、憩いの場として活用してるわけですよ。とっても環境いいんですよね。そしてその東側、そして縦の通を挟んだ西側、住宅地なんですよ。で、なおかつ、これから150mの範囲を駐車場にしようとしている地域っていうのは、松の木はあるし低木はあるし緑いっぱいなんですよ。いいですか。いま京都市は建設局で緑地の度合いを広げる運動ってのをやってるわけでしょ。やってる時になんでわざわざこの緑地を撤退して、そこをコンクリートにして駐車場にするのか。環境の面でも景観の面でも生活の面でも、まったく理解できないんですけど、なんでここに駐車場が必要なんですか。もっと説得できるだけの話をしてください。

(→土橋文化財担当部長)えー東側空間整備におきまして東側の整備をするんですけれども、ここは東大手門の、えー景観を阻害してると、ゆうことでその前にあるバスの駐車場を、そこでは確保できないということで、二条城の敷地内で考えないといけないのかなというふうに思っております。で、そういうなかでですね、えー、まあ、その周辺の、敷地等を検討した結果、いま計画してるところ、おお、でしかですね、その、バスを置ける場所がないと、いうことで現在の計画になってるものでございます。え、で、これがですね、たとえばその、いまのまま、バス10台だけの駐車場になってしまいますと、路上駐車、とかですね、あるいはグルグル、周辺を回られるバスが増える可能性があると、いうこともありますし、そういう意味で言いますと、やはり環境にも良くないと、いうことで、ええ、ま、必要最小限の、おお、運営、運用をしてきたいとは考えておりますけれども、どこかで確保しないといけないと、いうことで、物理的に、えー、まあ、駐車場の場所として、確保できるところが、現在の計画地でございます。

◆井坂議員/言えば言うほどわからないんですよ。東側にいまバス20台30台とまっていたら、それは大手門含めて景観阻害になる、だからそれを北にもっていく。北ならもっていっていいんですか。東を守るために、なんで北へもっていかなあかんのか。住んでるのは同じ上京区民、住民なんですよ。だからこれがね理解できないんですよ一つは。

で、なおかつ、さっきもおっしゃったけど、繁忙期以外は、いまの東側のところでクリアすると。で、繁忙期には増えるので、その分を北にもっていくと。そういう努力をするってわけでしょ。で、なおかつこの資料見たら、バス繁忙期には普通駐車場の東側をバス用通路として使用すると書いてあるじゃないですか。だったら、その範囲の中でやったらいいんでしょ。その範囲を超えて、観光バスを呼びこもうとするから、新たな第2駐車場が必要になるんでしょ。なんでいまの範囲の中でしないのか。私指摘したいのは、橋村さん(自民党)もさっき言ったけど、「歩いて楽しいまち」とか、「公共交通を利用しましょう」と、言ってるわけでしょ。二条城の駅が間近にあるじゃないですか。それを使って観光客に来てもらったらいいわけでしょ。そしたら地下鉄の売り上げも増えるわけじゃないですか。何も観光バスだけと違うと。で、そのキャパをなんで考えないのかと。だから、観光客を誘致をし、観光収入を増やすためやったら、地域がどうなってもいいのかと。四条通と同じじゃないですか。私も橋村さん(自民党)の意見その通りですよ。そうやっているから、いったいいまの京都市政どうなっているんやということで怒っているわけでしょ。だからね、発想の元々が違ってるんちゃうかと思うんですけど、さっきのキャパの問題、駐車場の必要性の問題、あらためてどうですか。

(→土橋文化財担当部長)ええ、先生ご指摘の公共交通機関での来場者、これも当然、どんどん推奨していくわけですけれども、えー今現在ですね、その東側大手門の前のところで、その、ま、景観の問題もあるんですが、やはりその観光客の方が、えーいわゆるその、集まれる場所といいますか、えー固まってあの、くつろいだりですね、待ち合わせをする場所っていうのもちょっと狭い、といった課題もありましてですね、そういうふうに考えますとやはりそういう待ち合わせスペース、広場的なところもですね、大きくしていかなければいけない、ということで、どうしてもその、ま、これまでの駐車場であった部分が、狭くなってしまうということですので、えーこれから運用のことではですね、ええあの、当然いま、あの繁忙期が増えるということなんで、ちょっとどういった形で、えー、ま、運営していけるかどうかというのはちょっと引き続き、検討はしていきたいとは思いますけれども、えーいまのその東側の計画では、その東側空間だけでの駐車場というのはちょっと足りないかなというふうに思っております。

◆井坂議員/足りないっていう根拠は何なのかと言ってるんですよ。観光客を増やさなあかん、それはわかると。だけども、全体としてこれだけのバスしか利用できないっていうことを前提にして入るんじゃなくて、あくまでも10台20台30台必要だから、新たな20台分が北西角のところに作らなあかんと、なんでそういう発想になるのか。そこなんですよ。そこのところにもう1回立ち直らないとあかんのちゃうかと思うんですけど。

で、もうちょっと言いますと、150mのちょうど範囲ですよ。西の端っこから真ん中まで。で、あの木立を全部撤去するわけでしょ。堀がありますやん。堀があるけど、6月26日の説明の時はね、堀から3mセットバックして竹屋町までの間に駐車ゾーンをつくってそこに斜めに入れるっていうふうに説明してるんですよ。で、そういうふうにした場合に、24時間営業でしょ。これ東側もそうです。なんで24時間営業かって言ったら、その二条城に来る人だけの観光バスの駐車場なんですか。旅館に、ホテルに、お客さんをおろした後、バス置き場がないんですよいま。京都は。その置き場としても使うんでしょ。24時間営業ですよ。夏やったら、お客さんが乗る時にはね、気持ちようクーラー入れとかなあかん、冬やったら気持ちよくしようと思ったら暖房入れとかなあかん。アイドリングがいるんですよ。違法駐車をしてるところのアイドリングで怒っている人は、駐車場になったとしてもそこでアイドリングをされたらかなわんというふうに思うわけですよ。一緒なんですよ。そういうものも含めてね、管理できるんですか。だからこの計画っていうのはね、あまりにも、閑静な住宅街が、いろんな意味で変わるわけですよ。子どもの安全、お年寄の安全、ランナーの安全、含めて。で、そういうことも含めてみなさんは考えた上でこの20台分の駐車場っていうのをね起案したんですか。どうなんですか。

(→土橋文化財担当部長)ええっと、繁忙期にはですね、1日160台の観光バスが、現状で来ることになっております。で、ええあの観光バスっていうのは、えーなんていいますか修学旅行生であったりとか、ええ外国人の団体客であったりとか、えーそういったお客様が、えー利用される交通機関だというふうに思います。えーですからその、修学旅行の団体の人を全てその地下鉄で行ってくださいと言うことも、正直難しいところもあるかなと思うんですけれども、ま、そういった意味で、現在1日160台であったりとか、最大30台が必要であったりっていうところで、ええ、考えているところでございます。ええ、先ほど先生おっしゃられたその運用方法につきましてはですね、これから、ええ、ま、どういった形ができるか、あの東側空間も含めてですね、極力、その第2駐車場のところを、おお、利用しないですむような方法ができないかということも含めてですね、これから考えていきたいというふうに考えております。

◆井坂議員/どう考えてもね、東側っていうのは、あの幅広いね、堀川通があるんですよ。で、堀川の川があるんですよ。そして住宅やマンションなんですよね。だから、堀川通と堀川が緩衝地帯になってます。だけども、竹屋町っていうのはね、二車線の道路を隔てて公園と住宅地があるんですよ。緩衝地帯がないんですよ。そこに20台の大型バスが来るっていうことについては、住民はね、非常に懸念をしてます。そこのところをちゃんとわかってもらわなあかん。そこで、さっきも出たけど、住民説明会、6月26日っていうのは、住民の有志の人が行ってやりとりして答えただけでしょ。京都市と二条城の側が、きちんと出水学区と待賢学区のみなさんに、説明会っていうのはね、まだやってないでしょ。いつやるんですか。

(→土橋文化財担当部長)えー現在ですね、出水学区と待賢学区の会長と話をさせていただいておりまして、え、あの、お二人ともですね、住民説明会やらなあかんなというふうにはなっております。えーあとはその日程調整を、おお、していくところなんですけれども、極力早く、やりたいというふうに思っております。

◆井坂議員/極力早くとおっしゃったけど、ボタンの掛け違いで、たいがいねこういう問題っていうのはね、最後までしこるんですよ。きちんと最初からやっていただかないとあかん。もうすでにボタンの掛け違いの序章が始まっています。私はそういうふうに思いましてね、みなさんの意見を聞いて。市に対する、行政に対するね、不信感ていうのが言葉の端々にもう出始めています。で、そういうことに対してしっかりと真摯に受け止めてやっていただきたいと。したがって、今からでも十分な計画を、私も間に合うと思います。何回も聞いていると思うけど、新しいね国立競技場かて見直したわけですよ。あれはお金が端を発したけど。だけど、デザイン含めて見直そうというふうになったわけですよ。だから一端走り出した公共事業はなかなか止まらないっていうけど、一端立ち止まって、もう一回見直して、いま本当に何が必要なのか、何が求められているのか、それをしっかり考えてやっていただきたい。あくまでも、地域・地元の方は、この計画は、一端撤回をして見直してほしいと、こういうふうにおっしゃってますので、その声をしっかり受け止めていただきたいと、求めて終わります。

2015年7月21日【くらし環境委員会】文化市民局:陳情審査「元離宮二条城東側空間整備基本計画における第二駐車場整備の見直し」について

(更新日:2015年07月23日)

続・NPO法人の不正経理疑惑追及(2015年7月21日/くらし環境委・文化市民局・井坂博文議員)

本日(7月21日)のくらし環境委員会で、日本共産党はあらためて、京都市の認定NPO法人で発覚した不正会計疑惑について取り上げました。議事録メモをつくりましたのでご覧ください。「田中セツ子京都結婚塾」ホームページhttp://www.tanakasetsuko.com/では、すでに「お詫び」と「認定NPO法人取り消しについての報告」が掲載されています。

◆井坂議員/2週間前も指摘したNPO法人京都結婚塾の不適切な会計処理に関して。7月13日を期限にして法人に求めた経過報告書は提出されたのか。

(→林地域自治推進室長)法人から提出を受けたところ。

◆井坂議員/京都市、行政側は「任意調査途中の情報は公開できない」ということだが。

(→林地域自治推進室長)任意の段階なので本市から公表するのは控えさせていただく。

◆井坂議員/法人には「自ら公表するよう求める」と言ってきたが法人の対応、返事はどうだったか。

(→林地域自治推進室長)3回任意の聴取中。理事長に来庁を求め「できるかぎり説明責任を」と伝えてきた。法人も重要と受け止めホームページで3回説明。そういうスタンス。

◆井坂議員/法人のホームページのコメント見た。重要な示唆はあるが市民が知りたい「何が起きたか」は触れられていない。何が問題か分からない。引き続き強く求めてほしい。法人の15日付の「関係者の皆様へ」のなかで、「当法人の元理事による不祥事を受けて」と初めて「不祥事」という言葉を使っている。言い切った。これは重たいこと。この不祥事という認識について、行政はどう受け止めているか。法人には確認したのか。

(→林地域自治推進室長)報告を受けた段階で聞いた。中身をつまびらかに明らかにできないが、返却されたお金が不足していること、元理事を京都地検に告訴したこと、全容解明と抜本的改革に取り組むことを言われた。本市としても可能な限り説明責任をはたしたい。

◆井坂議員/法人は「京都市に対して認定特定非営利活動法人の認定取り消しを申請しておりましたところ、7月14日付で認定取り消しの通知を受けた」としている。いつ申請がされてどういう経過で認定の取り消しをおこない、取り消しによる同法人の活動はどういう変化が起きるのか。

(→林地域自治推進室長)7月13日に提出された。すみやかに7月14日付で取り消し、本市のホームページで公表。翌日以降は効力がなくなる。寄付された控除がなくなる。今後5年間認定が受けられないなど。

◆井坂議員/行政側はNPO法67条の関係ですみやかに取り消さないといけないと。取り消しによって税の優遇措置がなくなると。この優遇措置を返上してまで「全容解明と抜本的改革をすすめる」という法人の姿勢をどう受け止めているか。

(→林地域自治推進室長)ことの重大性、立場の大きさを認識された結果。

◆井坂議員/認定法人から認証法人になることによって、NPO法にある行政からの調査と是正措置は、どういう法的根拠になるか。認定法人にやるべきであったことを引き続きできるか。

(→林地域自治推進室長)基本は所轄官庁として粛々とやる。認定の場合は改善命令の前に勧告となるが、それが直接命令となる。

◆井坂議員/同法人は13日付のホームページで「あらためて元理事の在任中の関係書類をすべて精査しました。この結果、横領された疑いのある額が上記の返還額では到底不足し、さらに相当な額が返金されていないことがわかりました」として、「この際、全容解明を司直の手にゆだね、全容解明していただくことが認定NPOとしての社会的責任であると考え、元理事を京都地方検察庁に告訴するべく準備をしている」とある。現時点で実際に告訴はされたのか。情報をつかんでいるか。

(→林地域自治推進室長)告訴されたかどうか情報は入手していない。

◆井坂議員/それは書類を出したけども受理をされていないのか、告訴もされていないのか。

(→林地域自治推進室長)書類は出されたと聞いている。

◆井坂議員/市民の告発も1週間で受理された。おそらく今回も同じようになるのではないか。法人が内部によらず、司直の手にゆだねるとしたが、告訴に対する本市の受け止めと今後の同法人への調査への影響はどうか。

(→林地域自治推進室長)法人の調査、本市として明らかになっていない段階でのコメントは控えるが、著しく適正に疑いがあれば、法に基づいて判断していく。慎重に見極めできるだけ早く指導・監督していきたい。

◆井坂議員/告訴するからには弁護士を立てるのであろう。元理事も「弁護士を通してコメントする」としている。ならば、議員および市民は同法人のホームページでの報告を通じてでしか情報がつかめなくなる。「いまは訴訟中だから」と。議会としてどういう役割はたすのか。行政はそれでよしとするのか。ちゃんと対応できるか。

(→林地域自治推進室長)我々は犯罪捜査はしない。認証NPO法人としてきちんとやれるのかを確認し、それが改善されるか、それができないのなら認証も取り消すと。少し場面が違う。

◆井坂議員/犯罪捜査をしろと言っているのではない。しかし、市の補助金も入っている。「ここまではできるけど、ここまではできない」ということではすまなくなってくる。認証法人になったもとで、NPO法41条に基づく「調査と報告」をすみやかにおこない、議会に全容を報告するよう強く求める。それをおこなわないのであれば、だまって指をくわえているわけにはいかない。議会も相応の決意で全容解明に臨まざるをえなくなる。早晩、遅からず、法人に参考人として証言してもらうことも出てくる。

(→林地域自治推進室長)所轄庁として法に求められる役割を粛々とはたしたい。「公表」については勧告の時点で認証(NPO法人)の場合、そういう記載はないが、他都市の事例なども見れば報告されている。我々もそれにそって。

2015年7月21日【くらし環境委】文化市民局:一般質問 「NPO法人京都結婚塾の不適切な会計処理について」

(更新日:2015年07月21日)

続・NPO法人の不正経理疑惑追及(2015年7月7日/くらし環境委・文化市民局・井坂博文議員)

本日7月7日、京都市会でNPO法人に関連する不正経理疑惑について、井坂市議が追及した部分を紹介します。

◆井坂議員/同法人の一連の不適切な経理処理の疑惑。新聞、テレビでも報道があった。市民が6月23日に検察庁に告発をおこない、29日付で検察庁が正式に受理した。通常の受理は1ヵ月ほどかかるのに対し異例の速さと担当弁護士も語っている。この事態について監督権限をもつ行政としてどう受け止めているのか。

(→京都市)地検が受理した件。我々が判断するのはNPO法人が著しく適正を欠いた運営がされていた疑いがあればということ。検察と我々は法的な観点違うが、任意で聴取している中身を見極めすみやかに対応したい。受理の経過も聞いたが特別の理由はないと聞いている。

◆井坂議員/検察と京都市の観点が違うことをふまえて。「犯罪が立証された場合」はどうなるか。

(→京都市)あくまでNPO法人の運営が適正かどうかを我々は判断するが、立証されたら、法に基づいて必要な指導・勧告をおこなう。

◆井坂議員/前回の委員会で同法人に対して本市は「任意の事情聴取を行っている」との答弁があった。それを受けてその後の本市の対応はどうか。7月13日を期限にして6日付で3項目の任意の報告を求めているが、報告を求めた3点の内容と求めた目的と理由はなにか。

(→京都市)目的はNPO法に基づく調査の前段、正確に状況を把握するため。求めた中身は①現時点での事実関係、②執行状況、③発覚後の対応について。

◆井坂議員/この報告書が出れば法人理事長がホームページでの「お詫び」で「架空支出」「私的流用」と指摘したものを具体的に特定するうえで重大な中身となると考えてよいか。

(→京都市)充分に我々も確認し次に移る。

◆井坂議員/疑惑の段階で特定はできないが、NPO法64条に基づき動くために精度の高いものになるということでいいか。

(→京都市)精度が高いかどうかは見てみないとわからない。

◆井坂議員/我々は確認したくても確認できない。そこが歯がゆい。あくまで任意の事情聴取であり、その報告内容は公表できないとしているが、「京都市におけるNPO法の運用方針」では「事情聴取の段階においても、法人自身がホームページ等で説明文書を説明するなど、自主的に説明するよう要請する」としている。前回の委員会でも確認した。この要請に対する法人の反応、受け止めはどうか。今回の報告について法人に公表するよう求めていただきたい。

(→京都市)6月21日、7月1日に理事長に来庁を求め任意の事情聴取をおこなった。その場でも市民への説明を要請した。法人としても「賛助会員、支持者、市民への説明は重要と受け止めている」とのことだった。引き続き要請していく。

◆井坂議員/NPO法64条に基づく「報告と検査」に入る判断の基準とタイムスケジュールは。

(→京都市)疑いのある場合は判断する。把握した場合、7月中には任意の聴取を終えたい。他都市の事例では4~5ヵ月。それを目安にできるだけ迅速に。

◆井坂議員/市民的関心は高い。できるだけ迅速に。委員会資料を読んだ。2点聞きたい。事業報告書(2014年4月1日~2015年3月末)のなかで人件費341万円について。「役員は報酬なし」となっている。誰が給料を支給されているのか。プロパー職員は存在するのか、何人いるのか。

(→京都市)平成26年度、人件費316万、社会保険24万、給与を得た職員は5人で、その内わけは常勤2名・パート3名と聞いている。

◆井坂議員/2013年度の人件費は198万円。2014年度は143万円も増えている。2013年度の内わけは?

(→京都市)人件費183万、社会保険14万、給与を得た職員は3名、常勤2名・パート1名。

◆井坂議員/今回問題の元理事は対象となっているか?

(→京都市)対象になっている。

◆井坂議員/いくらもらったかは言えるか?

(→京都市)法人から聞いたのは「京都市の最低賃金で支給している」ということ。

◆井坂議員/どれだけの給料が出ているか資料をいただきたい。2014年度の賃借料(事業費として160万円、管理費として106万円)について。別資料で2014年度取引先を見ると家賃として白川ビルに194万円支出。駐車場代として都市整備公社に27万円支出。これらの整合性はどうか。家賃と駐車場代、事業費と管理費、この整合性が出てこないが。

(→京都市)事務所の家賃、駐車場代、イベント会場などの賃借料。うずまさでの婚活イベントで会場費として110万計上されている。

◆井坂議員/賃借料についても使った先と使った額を資料でいただきたい。本人に聞かないとわからない。法人の調査待ちにならずに京都市として行政の監督責任を果たして一刻も早い正式調査を求める。

(→京都市)団体と相談するが給与についてはプライバシーの関係で難しいかも。団体と相談したうえで。

◆井坂議員/元理事が経理の責任者だった。その対価がどんなものだったのかというのは重要な資料。議会の意思も伝えていただきたい。

2015年7月7日【くらし環境委】文化市民局:一般質問 「NPO法人京都結婚塾の経理に関して」

(更新日:2015年07月07日)