スポーツの環境整備

伏見桃山城運動公園の「フットサル施設」「お城の保存活用」は、地元の声をしっかり受け止めて(2018年10月10日/決算特別委・文化市民局・やまね)

◆やまね/えっと私からは、今日は、えー、補正の時に少しお話をさせていただいた、伏見桃山城運動公園について、いくつかお聞きしたいと思います。で、まず、えー第3駐車場へのフットサル施設計画についてなんですけれども、えー私もあのー2年前のくらし環境委員会の時に、えー議論を少しさせていただきまして、でー当初、出てきた、あの公募案っていうんですか、えーそれではあのお城のすぐ近くまでですね、大きなグラウンドが、えーできるかもしれなかったと。で、そうなれば、たくさんの木々が伐採されるかもしれないということで、えー京都市全体で緑を増やしてがんばろうと言っている時に、えーそんなことでいいのかということで、ま、様々な、えー委員の方々から、あー意見が出されまして、まあ結果、第3駐車場部分のみを活用した計画となったと、いうことで、このことについてはですね、私は既存の公園部分、緑が守られたと、いうところは、あのー非常に良かったと受け止めてきました。で、先ほどからあのー、スポーツ施設がもっと充実する必要があると、いう声も、非常に共感を、同感の思いで聞いておったんですけれども。

そのまあ一方でですね、地元の住民のみなさんに、一つ新たな不安がいまありまして、えーそれが、あのスポーツ施設ができることについては、あのそんなに何も異論はあの持っておられないんですけれども、あのただ、現在の計画がですね、「営業時間が23時まで」というのが、「ちょっと遅すぎるんではないか」と、いう声が出ております。で、施設そのものは、えー山の中というか、その少し住宅から離れたところではあるんですけれども、その周辺ですよね、そこに行くまでのルートというか、それがあの住宅街を、周辺は静かな住宅街でそこを通るということになりますので、夜遅く住宅街の中をたくさんの車が通行するということを大変心配をされております。これ非常によくお気持ちはわかるなあと思うんですが、で、その点でやはり周辺地域への、えー配慮がですね、必要ではないかと。でー、なぜこの23時という時間になったのか、その辺りちょっとまず教えていただきたいと思います。

(→牧村・スポーツ振興室長)はい、あのー伏見、伏見桃山城運動公園の第3駐車場の関係でございます。あのミズノスポーツサービス株式会社が、あのー伏見桃山城運動公園内、に、あの整備するということで、現在整備かかっておるところでございます。あのーこちらの場所につきましては、都市公園法の公園設置許可に基づいてミズノスポーツサービスが設置し、建設後、設置後、運営する民間施設でございます。そのために、あのまずあの私どもの運動施設とはあの同じ都市公園の中ですが別のもの、というのがまずございますし、あの、今回、これを設置するにあたりまして民間事業者からの公募、いま委員からもありましたように、受けたうえで決めてきたところでございます。その中であの民間事業者の柔軟な運、経営方針、これに沿って自由な営業時間っていうことが可能でございますし、あのー応募にあたりましても、プロポーザルの公募の際には、周辺の立地状況などを踏まえ営業時間23時まで、として事業提案、いただいたところでございます。最終的にそちらを選、そちらが選定された、というものでございますし、あの私どもと致しましては、ミズノスポーツサービスに対しまして、当然あの事業を進めていくにあたっての連携、を図るのは当然の上で、近隣住民の方への丁寧な説明を行う、ご理解をいただく、ご協力いただくように、というふうにしっかりと働きかけをしておるところでございます。以上です。

◆やまね/あのまあ京都市の施設、ま、民間事業者ということで、別のものであると、でまあ立地状況を踏まえて23時間、ああ23時までと、いうことで提案があったと、でー周辺の方には丁寧な説明が必要だと、いうことをおっしゃったんですが、あのー何か特別、特別というか、あのーご迷惑がかからないような、配慮というか、そういうものはあの考えておられないんでしょうか。

(→牧村・スポーツ振興室長)はい、あのー配慮と申しますかあの、場所としましてあの車が通る、ような当然あります。そういう部分について、あの地元に対して十分説明するようにと、説明責任を果たすように、というのを言っておるところでございます。あのー場所的にはあの、山の向こう側、という部分にはなりますけれども、それについて何か対策、私どものほうで何か取るというものではないかというふうに考えております。以上です。

◆やまね/んーっと、まあ「地元への説明責任を果たすように」ということで、まあそれだけだとですね、あの説明して終わりなのかなという感じが致します。で、あのー、ま、実は私もですね、学生時代には、フットサルをやっておりました。で、アルバイトの後にですね、夜遅くに、日付が変わるまで、プレーしてたというようなこともあるわけです。で、あの確かにですね、いま仕事帰りだとか、夜遅くでないとスポーツをする時間もない、まあそういう方々が、えーおられるというのも十分私は理解してるつもりなんですけれども、で、例えばあの、同じ伏見区の油小路沿い・名神高速の北にあるスーパー銭湯の、ところに併設されているフットサルコートもあるんですが、そこは夜遅くまで、26時までですね、営業されてると、そういう施設ももちろんありますよ。ただここは、あのーやはり周辺環境がまあ全く違うわけで、やっぱり近隣へのですね、配慮が、何らかの形で考えていただかないと、いけないのではないかと。で、アクセスのルートやですね、営業時間については、あの引き続きしっかり考えていただきたい、このように申し上げておきたいと思います。

それであの近隣で、いまお話を聞いておりましたら、あのこのスポーツ施設、フットサル施設ができることは、あのー知っておられる方も多くなってきたんですが、その営業時間についてはですね、えー知られていない、えーご存知でない方もたくさんおられると、いうことで、もう少しお聞きしますが、先ほどあのー説明責任果たしていくのがまあ重要だというようなお話ありましたけれども、その近隣のみなさんへの説明ですね。地元説明会などはきちんと行われたのかどうか。えーこれ近隣住民のみなさんのお声を聞いたうえでの、おーこういう計画となっているのか。地域的には、えー桃山学区と藤城学区が、あー隣接をしていると思うんですが、それぞれの地域にはどのように説明をされたんでしょうか。

(→牧村・スポーツ振興室長)はい、あのいまお話ありました近隣地域、いうことではあの藤城学区、それから桃山学区、という二つの通りでございます。あのまず藤城学区でございますが、こちらにつきましてはあの自治連合会とお話し致しまして、あの工事の開始にあたりまして、自治連合会からも説明会を開催してほしいと、いうご依頼をいただいたところです。ってことであの8月に自治連合会の関係者、約30名、来られたところでございますが、ミズノスポーツサービス、が、工事の説明と合わせて事業の説明を行った、っていうものでございます。あのその際、藤城学区自治連合会の方からは、あのー「これまでは夜暗いイメージがあったけども今回こういう形でできる」と、まあ「明るくなる」いうことでまあ「いいことである」ということで前向きなご意見をいただいておったところでございました。

で、もう一つ、桃山学区でございます。こちらにつきましてはあの市政協力委員の方にご説明のうえ、あの自治連合会という形ではございませんので、市政協力員の方ご説明のうえ、あの工事で通過する経路、ということで近隣の市政協力委員の方にチラシの配布、ご説明のうえ依頼したところでございます。あのその後、桃山学区の方からは、あのー「23時までと聞いた。やはり利用者の車が通るということは納得しているのか」というご意見も、私ども市役所のほうもいただいてはおります。そういう意見も踏まえまして、あのー、ミズノスポーツサービスに対しましては、藤城学区、桃山学区の皆様に丁寧に説明していこうと、ということで私ども話しておりますし、あの必要に応じて説明会、しっかりやるようにと、いうふうに言うておるところでございます。

あの、合わせましてですけども、あのー当初の公募の際、におきましてはあの、公募、いろいろとあの要件決めておったところでございます。こういう条件で、ということで。その中であの地域との連携ということで、地域コミュニティの活性化と、地域と良好な関係を構築するよう努めること、ということでそれを貸付の条件にしておるところでございます。あらためまして、そういう貸付条件、念頭に置いてミズノスポーツサービスとともにあの事業を取り組んでいっていただくようにしたいというふうに考えております。以上です。

◆やまね/あのーそうすると、ま、藤城学区のほうでは、えー説明会をやって、で、桃山学区のほうはそしたら市政協力の方には、ま、一定説明というかチラシなんかもお渡しをしてと、いうことなんですけれども、説明会自体はやってないわけですよね。で、ただ、いまお話あったように、学区、桃山学区の地域の方からはご意見をいただいているということでありました。で、あのーこれですね、施設へのアクセスというのは、桃山学区の住宅街を通ることになるんですよ。で、仮にまあフットサル施設が23時まで営業する場合に、夜遅くに静かな住宅街をですね、何台もの車が走ることになるんではないかと。やはりいまの住環境とは一変してしまうのではないかという不安を、やはり多くの方が持たれていますので、にもかかわらず、その一番影響のある桃山学区では説明会がされていないと。いうことですので、まあ知らない方がたくさんおられてですね、ご意見をいただく、あるいは怒りのお声を頂戴するというのもある意味当然かなあと、いうふうに思いました。ですのでこれあの、この事業をですね、京都市が本当に大切だと、考えているんであれば、あのやっぱり営業開始までにですね、できるだけ早く、桃山地域でも、やっぱり説明会を一度開催していただくと、いうことが必要ではないかと、思いますがいかがでしょうか。

(→牧村・スポーツ振興室長)はい、あのー先ほども最後にあのご答弁致しま、答弁致しました通り、あのー当初の貸付、貸付にあたりまして、地域との連携、ということでの良好な関係構築するように、というのはもう条件でございます。そういう要件に応じて、募集をいただいている通りでございます。あらためてまして、こういう条件に基づいて、事業を進めるってことでミズノスポーツサービスにしっかり伝えて、今も伝えておりますし、引き続き、しっかりスタンスとして、取り組んでまいります。以上です。

◆やまね/まああのミズノミズノというふうにおっしゃるんですけど、私はやはり京都市がですね、公園設置者としてのやっぱり責任をしっかり果たしていただく必要もあるんではないかというふうに思うんです。このそもそもこの現在の伏見桃山城運動公園というのは、えーこの平成16年4月の、えー「基本構想」に基づいて整備されたものであると。で、その、この基本構想の中にはですね、「整備に当たっての基本理念」ということで、「周辺の景観等との整合性に配慮する」、でー「隣接する伏見北堀公園との調和を考慮する」などの文言があります。で、あの現在、北堀公園の地域体育館、あるいは伏見桃山城運動公園の多目的グラウンドはですね、夜9時までの、おー開園というか、えー時間です。でーですからあのフットサル施設がですね、あのたとえ民間事業者の事業であったとしても、あの伏見桃山城運動公園、つまり京都市の公園の一部なわけですから、当然これは周辺施設との整合性のとれた運営にするべきではないかと。その点でやはり京都市の設置者としての責任、これについてはどうお考えでしょうか。

(→牧村・スポーツ振興室長)はい、あのー先ほど委員からもお話ありましたがあの民間のフットサルコートということではあの26時のお話ありました。私どもも他の施設確認する中で26時まで営業されておる施設、市内3施設ございますし、あの25時までという施設も1施設ございました。やっぱりそういう意味での気軽にスポーツできる、という施設でやはり25時を超えて24時を超えてという施設が多々あるのは事実でございます。そういう意味で私どもの施設、あのー運動公園の部分につきましては21時まで、という形で決めておりますがこちらについてはあの都市公園、同じ都市公園の中とはいえ別の施設ということで、あの維持管理していくものでございます。そういう意味では利用者のあの使われる状況等も考慮したうえで、21時23時の差は出てきておる、という状況ではございます。というもののやはり先ほどから申しておりますようにやはり地域の方、にしっかりとご迷惑かけずに使っていける施設という形で私どもも一緒に考えていきたい、というふうに思っておるところでございます。以上でございます。

◆やまね/あのまあ地元の声をですね、あのあらためてしっかりと受け止めていただきたいと思います。

それからあのもう一点、えーお城の、天守閣の保存の、と活用の問題についてお聞きしたいんですが、あのーこれ補正予算の審議の際にも申し上げたんですが、あの阪北部地震や台風で、お城の屋根の瓦、あるいは飾りなんかが落ちて、飛ばされている現状があると。で、立入禁止の範囲も広がっている状況ということで、えーいろいろとやり取りをさせていただいたんですが、あのまあぜひですね、引き続き、必要な作業は、やっていただきたいと、いうふうに思っています。で、加えて、あの元々あった耐震性の問題や、インフラ整備の問題もあります。で、やっぱりですね、これまでなかなか、あのー結局抜本的な改修ということでは手がつけられてこなかったわけなんですけれども、あのこの度の災害による被害や影響を考えれば、あのーいよいよですね、やっぱり本格的な改修というか、耐震の問題、えー考えるべき時に来ているのではないかと、いうふうに思っています。

で、あのーこれ昨年の3月の予算特別委員会の議事録を見ておりますと、他の会派の委員の方からですね、の質問に答えて「局内で検討会を設け全庁的プロジェクトチームを作って具体的にどういった活用ができるのか含め、検討をこれから進めていく」と、まあこういう答弁がありました。で、同時に、えー「現在のところは活用というふうな形で考えている。第3駐車場の公募も『お城のロケーションに十分留意すること』を前提にしている」と、いうまあご答弁があったわけですね。で、その1年前、今からいえば2年半前ほどになるんですが、その時にも「関係部局によるプロジェクト会議を立ち上げ」と、いうこういう答弁があるわけですよ。毎年。でーそこでお聞きしたいのは、この一昨年と昨年度、このプロジェクトというのは実際にどういうメンバー構成で、あの立ち上げられて、議論がされたのか。えーいかがでしょうか。

(→川端・共同参画社会推進部長)はい、えー、伏見桃山城天守閣の活用に関しての、以前の答弁のプロジェクトについて今どうなっているのかというご質問でございますが、えーご承知の通り、天守閣につきましては、築後54年、えー経過しておりまして、非常に老朽化が進んでおります。耐震性も低いですし、えー電気水道等のインフラもないという状況で、活用となれば、まず改修費用等で多額の財政負担が生じると。それと同時にですね、あの建物が、市街化調整区域に立地しておりまして、えー都市計画法ですとか、えー都市公園法の制限を受けるなどの多くの課題が、えーございます。で、活用にあたっては、活用の検討にあたっては、ま、全庁的なプロジェクトチームを設置して、いくという旨の方針についてはあの変わっていないわけなんですけれども、えー現状と致しましては、えーまだプロジェクトチームの立ち上げには至っておりませんが、えー現在あの関係方面、関係部局による、えーそのプロジェクトチーム設置の前段階と致しまして、えー我々文化市民局が中心となって、その課題整理、それからあの活用の大きな方向性、これを決めてからと思ておりますので、えーその検討を、継続していると、いう状況でございます。

◆やまね/そしたら、まああのプロジェクトチームはまだ立ち上がっていないけれども、その前段階で、課題を整理検討されてると、いうことでした。でーあのー、あらためてですね、あの過去を振り返れば、「伏見桃山城の保存」など求める請願が出されてもう16年近くになりますので、でーその度にですね、いろいろ、あの様々な委員の、会派のみなさんが取り上げられてこられて、その度に「保存活用を」とくり返しまあ答弁されてるわけですが、実際には手つかずでここまで来てしまったと。

で、あの昨年、昨年度の予算でですね、この天守閣の耐震診断の予算要求が、ま、却下されたことについて、えーその理由についてですね、当時の共同参画社会推進部長が、「天守閣の活用について、課題や方向性の整理が」、まさにいまおっしゃられたんですが、あのこれが「不十分だった」と、まあ答弁されてるわけですけど、しかしそれを検討するためにはですね、私は、まず京都市が、あのー本気でですね、保存・活用を考えているんであれば、まずは実際に耐震診断調査をやって、お城のその状態をきちんと把握すると、で、本格的改修にどれくらいの費用がかかるのかということを、まずは明らかにすることが、あのー必要ではないかなと思うんですけど、その点はいかがでしょうか。

(→川端・共同参画社会推進部長)はいあの先生おっしゃる通り今のままの建物ではあの活用できないということは明らかになっておるわけでございますけれども、あの今後検討していく中で、えー活用のほう、活用していくと、いうことがあのはっきりとしてきた場合に、具体的にどのような活用を行うか、ということによりまして、あの耐震の工事っていうのも、あのーまあ変わってくるかと、いうふうに思っておりますので、今後具体的に、ま、この話が具体化していく中で、えー耐震改修については、えー検討してきたいと、このように思っております。

◆やまね/で、あの先日ですね、私あの地元の伏見のお住まいの方にご意見をいただいたんですが、「人口約28万の行政区なのに歴史資料館が一つもない。偉い有名な人が何やったかということだけじゃなくて、民衆がどんな暮らし・文化をつくってきたか、どんな産業を興してきたかを伝える資料館がぜひほしい。記憶は消えていくけれども記録は残る。ぜひ桃山城を改修しそういう施設を」と、こういう声をいただきました。であの伏見区には、あの伏見稲荷大社だけではなくてですね、えーこの秀吉の時代からの城下町、あるいは坂本龍馬とかですね、鳥羽伏見の戦いとか、大阪と京都のまちをつなぐ港町、あるいは酒蔵、琵琶湖疎水・鴨川運河とかですね、第二次大戦に関わる戦争の遺跡など、いろんな材料がありますので、ぜひこういう地元のみなさんの思いを、しっかりあの受け止めていただきたいと思います。終わります。

2018年10月10日【決算特別委】文化市民局/伏見桃山城運動公園・第3駐車場へのフットサル施設計画、お城の保存活用について

(更新日:2018年10月10日)

「ブラック部活」の根絶を!子どもたちの命・健康を守ろう(2018年3月5日/予算特別委・教育委員会・やまね)

◆やまね/私は今日は、あのーブラック部活の問題と、えー子どもたちの成長・発達についてお聞きしたいと思います。で、私自身はですね、元々あのスポーツの研究をしてまいりまして、で、誰もがスポーツを楽しめるような社会、そのための環境整備というものが、どうやったらできるんだろうかということをずっとあの考えてきました。それであの、学校の部活動の意義も、私は大変大きなものがあると、考えています。それはやっぱり、えー身近なところにですね、子どもたちの身近なところに、えースポーツをする環境、設備と言えば、やはり学校ということになる。それから、子どもたちがスポーツを通して、自分の能力を伸ばす、あるいは、仲間との連帯をはぐくむ、このことは素晴らしいことだと、私は感じております。

ところが、現実にはですね、えー部活動の現場で様々な問題が起こってきたということで、京都市のほうでも、えー「子どもたちをどう守るか」という観点から、えーこの間、小中学校の「部活動ガイドライン」をつくって、取り組みを進めてこられたというふうに思います。昨年策定されたこの京都市のガイドラインを読んで非常に大事なことが書かれていると感じたことがいくつかございます。その一つが、「子どもたちの自主性・自発性」という、この部活動の、えー根本が示されている点だと私は感じました。でーこの中学校のですね、ガイドラインの冒頭部分では「部活動は、生徒が自分の興味や関心に応じて自主的、自発的に活動する中で」というふうにあると。それから、えーこの、中学校の学習指導要領も抜粋されているわけですけれども、そこには「生徒の自主的、自発的な参加により行われる部活動」とある。別の場所でもですね、「望ましい指導のあり方」として、「自主的・自発的な部活動運営」について説明をされている。ということで、まず大前提の問題としてですね、この部活動というのは、「子どもたちの自主的な参加」によって行われるものであって、参加することも、時には辞めることも、あるいは他の部に移ることもですね、これは子どもたちの「自発性」「自由」、これが大事にされるべきであって、「強制参加」であるとか、「途中で辞められない」というのは、本来あってはならないと、いうふうに考えますけれども、まずこの点について確認をしたいと思います。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。部活動についてはあの、いまお話がございましたように、子どもたちの自主的・自発性に基づいた活動を、えー行っていくと、いう基本の中で取り組んでおります。えー以上でございます。

◆やまね/で、これはですね、いまおっしゃていただいたところは、非常に大事な部分だと思うんです。で、現実にはこれがなかなか、あのーそうなってない場合があると。で、もう一つお聞きしたいんですけれども、部活動への参加・不参加というものが、「生徒への成績評価」、あるいは「進路」、こういうものに影響することがあるのかどうかですね。よくこれ聞くのはですね、「部活動を3年間続ければ内申書で評価されることもあるため、暴力的な指導が嫌で部活をやめようと思ってもなかなかやめられない」と、こういう声がけっこう、あの聞かれます。で、この部活動の参加と、生徒の評価の関連性というのはどう考えればいいんでしょうか。

(→佐藤・指導部長)部活動とですね、あのー成績、のあの関係でございますけれども、基本的にあの部活動を、あの、きちんと続けたとか、途中で辞めたとかですね、そういうことがあの成績のほうに関係することはございません。

◆やまね/あのその通りだと思うんですね。で、これが非常に大事なところだと思うんです。で、そういうなかで、いまなぜ「過度な練習」や、あるいは「勝利至上主義」、こういうものが、あーつながっていくのかと、なぜそれが優先をされてしまうのかということで、あの現場のですね、先生方や保護者のみなさん、あるいは子どもたちの、えーみなさん、えーこういう人たちの例えば意識、そういうところに問題があるということではなくて、いまの教育現場の中にですね、えー根っこが存在するんではないか。こういうふうにも、あの考えざるをえないことがあります。で、私はいま答弁いただいたように、少なくともこの部活動というのは、「生徒の成績評価のため」や、あるいはその「学校間競争」ですね、こういうもののために存在しているのではなくて、先ほどご答弁いただいたように、子どもたちの自主的・自発的参加が何よりの大前提だということをまず確認しておきたいと思います。

で、このガイドラインで大事だと感じたもう一つの点なんですが、この行き過ぎた部活動が、「ケガだけにとどまらず、スポーツ障害、燃え尽き症候群など、子どもたちの将来にも深刻な影響を与える可能性」というのを指摘されたうえで、えー具体的に「事故防止の徹底」「適切な休養日の設定」「体罰や暴言の禁止」等、子どもたちを守る具体的な方向性が示されていると。これは非常に大事なところだと思っています。で、あのこの間ガイドライン策定から1年が経ちましたけれども、京都市として、この現場の状況をですね、えーこの1年間どのように把握をされてきたのか。それから、その現場の状況を把握したうえで、何か改善を指導されたような事例が、あー、あるのかどうか。その点を教えていただきたいと思います。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー現場の実態把握についてでございますが、えー教育委員会と致しましては、毎年年度当初に、部活動の、えー「実施計画」というので、えー学校の状況を確認を致しております。えーその中で、えー中学校、週休日につきましては週1日以上、設定をしていただいていると、いうことで把握を致しております。また、えー、教育委員会の指導主事が学校訪問にもまいりますので、その時適宜、えー部活の状況もお尋ねをさしていただいているところでございます。えー合わせまして、えー中学校につきましては、今年度の4月から実施ということがございましたので、えーこの2月に向けまして、えー各学校で実施状況についてのアンケートを取らしていただきまして、えーその状況の確認をさしていただいております。えー今後その、結果をもとに、また中学校の校長会と、それから中体連等とも話をしてまいりたいと、いうふうに考えてるところでございます。以上でございます。

◆やまね/あのー実際に、何か改善を指導されたということはないということでよろしいでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー特にここが問題ということではありませんが、ただあのー、認識が不十分な点につきましては、えー再度確認ということで、話をさしていただいております。で、適正な運用ができるような指導ということでございます。

◆やまね/例えばですね、この「1週間当たりの休養日」などが、これまでと変わって実際に改善されてるなと、指導ということじゃなくて、逆に改善されてるなあと、いうようなことがあるのかどうか、この点はいかがでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)え、平成28年度の、えー休養日の設定の状況ですけれども、えー残念ながら、えー(1週間当たり)1日取れてないという形のクラブがございました。えーただ平成29年度からガイドラインを設定致しまして、週1日以上設定すると、いう形を取りましたので、えー29年度につきましては、全てのクラブで週1日以上の、えー休養日を取っていただいていると。えー週1日が、えー大半ですけども、場合によっては週2日のクラブ、えー3日のクラブもございます。えー以上でございます。

◆やまね/そうするとやはりガイドラインのこの、えー徹底というか、あー指導されている中で、この1年の中で、実際にその休養日の設定で、改善が見られていると、いうことだと思います。

で、えー、あのこれはですね、学校関係者の方からお聞きした話なんですが、「ある時間までは学校の部活動で、それ以降はクラブチームの活動になる」「しかし指導している人は同じ先生」、こういう問題がいま起こっているというふうにも聞いたんですけども、そういう実態というのもあるんでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)具体的にはあのー学校のクラブ活動と、また別でクラブチームという形で、えー活動されてる、えー生徒さんもおられるというのは聞いておりますが、えー先生いまおっしゃっておられた部分については、またあの確認をさしていただきたいというふうに思っております。

◆やまね/であのー保護者の方から実際に直接うかがったお話を少し紹介をさせていただきます。時期的には数年前のお話なんですけども、京都市立中学校のバスケットボール部に入った女子生徒さんのお話であります。「入ったのは楽しそうと思ったから。純粋にバスケットボールをしたかった」ということなんですが、しかし練習が非常にハードだと。であの表向きというか、「午後6時までの練習時間」なんですが、午後6時以降はですね、「会場を移して午後9時まで練習が続く」と。「土日も休みなし。宿題をするのもいっぱいいっぱい」で、あまりにハードなスケジュールにこの保護者の方が疑問を持っていたそうであります。で、ある夏の時期に「熱中症寸前で帰宅」してですね、さすがにこの女子生徒さんは「もう辞めたい」と言っていたので、「じゃあ辞めたら?」というふうに言うとですね、「でも辞めたら何を言われるかわからないから辞められない」ということで悩んでおられるということなんですね。で、このままでは体力的にも精神的にも限界だということで、保護者の方が判断をして直接顧問へ連絡をされています。すると顧問の先生は、「本人の気持ちが聞きたいので本人から電話させてください」「とにかく本人から」ということをくり返されたということです。で、ただ、「生徒本人は『先生が怖くて言えない』から電話してるんです」ということでですね、強く言ったところようやく引き下がられて退部することができたと、いうことです。で、ガイドライン見ますとね、あのー「学校外の生徒に連絡をとる際は、原則として学校の電話を使用し保護者を通して行うこと」というふうにあってですね、執拗に「生徒と直接話させてほしい」というような対応は、これからすれば不適切だと言わざるをえません。で、やはりたとえ、その部活動を熱心にやっておられて、たとえ成績が良かったとしてもですね、子どもたちや保護者にこういう思いをさせていいのかと。子どもの成長や発達を助けるはずの学校で、なぜ子どもの健康が最優先にされないのか。子どもたちをこういうふうに追い詰めるようなことがあってはならないと、あらためて思いますけれども、ご見解はいかがでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー部活動につきましては、先ほどガイドラインの内容のご紹介もいただきましたけれども、えー生徒の実態を踏まえた形で、えー適切に指導していくと。また、えー、子どもたちに、過度の負担を掛けないように配慮が必要ということで示しております。こうした内容につきまして教育委員会としても徹底してまいりたいと、いうふうに考えております。以上でございます。

◆やまね/実はこのお話には続きがありまして、それからその1週間後にですね、今度はその娘さんと同じ部活の同級生が「話を聞いてほしい」と、その保護者の方を訪ねてこられたと。で、彼女もまたハードすぎる部活に悩んで「辞めたいと思っているがどうしていいかわからない」ということで、その相談を受けた保護者の方は、「まずはあなたの両親に現状を話して、あなたの気持ちを伝えるのが大切だよ」と、いうことを伝えたそうなんですが、えーその相談に来た女子生徒さんのご両親がとても厳しくて、「辞めたいと言いにくい」ということだったそうであります。ただそれでも、ご両親に伝えて、数日後、彼女も部活を辞めることができたと。で、さらにその数日後ですね、今度は別の友人から手紙を渡されたそうで、そこにはですね、「部活が辞められなくて死にたい」と、こう綴ってあったそうであります。これは大変だということで、すぐその親御さんに連絡をして家に来てもらい話をしたと。そうすると、「娘がこんなに悩んでいたとは知りませんでした。伝えてくれてありがとうございました」ということで、その数日後に彼女も部活を辞めたと、いうことであります。で、ま、非常につらい気持ちになりますが、あのーこれはですね、特別な私は事例ではないと思うんです。そういう表には出ないけれども、いろんな悩み抱えている生徒さんがおられるんじゃないか。それはやっぱり部活を辞めるとですね、「周りの目が気になる」とか、あるいは「親に心配をかけたくない」、そういう思いで、本当の気持ちを言い出せない子どもさん、生徒さんがですね、やっぱり少なからずいるんじゃないかなってことをあらためて感じました。

で、もう一つですね、現役中学生の方からも私お話を聞く機会がありまして、えーこれはあの京都市立中学校のバレーボール部で活動されている生徒さんです。部活は「楽しい」と言っておられました。で、ただですね、この生徒さんが言っておられたのは、練習試合の相手チームの選手たちが顧問の先生に罵倒されている姿を目の当たりにしたと。「ミスをすると『お前アホか』『もうやめてしまえ』と罵声が飛ぶ」「負けたらその点数差だけグラウンドを走らされる」、こういうことがあったそうであります。ですからこういうやはり暴言や体罰はあってはならないと思うんですけれども、で、そこでですね、お聞きしたいのは、あの部活動のその実態を把握するという際に、チェックシートなんかにですね、あのー練習時間のこととか、年間計画などを書いてですね、もらうと思うんですが、ただそこに、自分が「暴言を吐きました」とか、「選手殴りました」とか、こういう報告は恐らくされないだろうと思うんですね。で、そういう何か、あの生徒に対して、威圧的なこと、あるいは厳しい言葉をかける場合にですね、「選手を奮い立たせるため」だとか、あるいは「愛情があるからそういう言葉をかける」んだと、こういうふうに思っておられる方もいるわけで、やっぱり私はですね、この部活動の実態をつかむためには、「これはおかしいんじゃないかな」と感じた生徒や保護者の方からも報告をしてもらえる、あるいは相談にのれるような体制もつくる必要があるんではないかと思いますが。その点はいかがでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー、いまお話のありましたハードな練習、また、えー、暴言等のことでございますが、えーガイドラインに、つきましても、「体罰等の禁止」と、いうことで、えー教員のほうに「きちっと対応するように」ということで示さしていただいているところでございます。また、えー練習方法につきましても、えー子どもたちの過度な負担とならないように、えー実態に合わせてというふうに先ほど申し上げましたが、えートレーニングにつきましても、専門的な知識ですとか、コーチング、また、医学のえー知識も含めて、えー、そうしたえー効果的なトレーニングの取り入れる方向でのお話をさしていただいております。えーこうしたことにつきましては、えー指導者講習会などのえー研修も行っておりまして、えー再度徹底を図っておるところでございますので、えー、えー、その徹底をさらに進めてまいりたいと、いうふうに考えております。えー以上でございます。

◆やまね/あのいま言われたね、専門的な知識であるとか指導者講習ってのはもうぜひ進めていただきたい。で、私はそれだけでは現場の実態は把握できないんではないかということを申し上げてるんです。ぜひですね、やはり子どもさんや保護者の方の相談にのれるような、あるいは何かあった時にはしっかり報告してもらうような、そういう仕組みに対しても、ついても検討していただきたいと思うんですけど、再度いかがでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー部活動の実態につきましては、えー適正に行われるように教育委員会としても、えー把握に努めて、えー指導してまいりたいと、いうふうに考えております。以上でございます。

◆やまね/ぜひ検討いただきたいと思います。で、もう一つですね、小学校の部活動に関わって、毎年2月に行われてる「大文字駅伝」についてもお聞きしたいと思います。で、あのこの大文字駅伝については、過去においても「あまりに加熱しすぎではないか」という指摘が以前から市議会のなかでもありました。で、私はですね、そもそも学習指導要領の「小学校・体育」の中にですね、「長距離走」は入っていないと。で、やっぱりそれはですね、小学生年代の子どもたちに長距離走を競わせるという概念が、そもそも想定されていないんではないかなと。で、子どもたちの、これよく言われるのはですね、子どもたちの心配機能ですね、あの発達の問題ですが、あのー循環器だとか、あるいは呼吸器、こういう心肺機能というのは中学生年代に発達すると言われてるわけですけれども、そういうことからしてもですね、やっぱり小学生の年代にとってはですね、えー負担が大きすぎるんじゃないかと、いうふうには思うんですね。で、この大文字駅伝についてはこれまでも京都市の学校医会のみなさん、お医者さんのみなさんからも、医学的な見地で重大な指摘がされてきたわけですけれども、えーこれに基づいてこの間どういう改善が図られてきたのか、その点について教えていただきたいと思います。

(→福西・体育健康教育室長)失礼致します。えー小学校のガイドラインの中につきまして、えー日本陸上競技連盟のほうから小学校の長距離、持久走についてのガイドライン、いうことが出ておりますので、その内容を載せさせていただいております。えー内容と致しましては、「児童の心身への影響を考え、1週間当たりのトレーニング時間は4.5時間」、えー練習量についてはそういうふうな上限を示しておられますので、えー京都市の小学校のガイドラインにつきましても、えー陸連のガイドラインに合わせた形で指導すると、いうことで徹底を図っております。また、えーガイドラインの効果と致しまして、大文字駅伝、今年度実施致しましたが、えー出場する子どもの事前健診を行っておりますが、えーいろんなトレーニング、また休養の、えー効果も出まして、事前健診で、えースムーズな進行ができたと、いうふうに報告を受けております。えー今後もそうした取り組みを、えー進めてまいりたいと、いうふうに考えております。

◆やまね/あのーま、その陸連のガイドラインも非常に大事だと思うんですね。で、いまも事前の健診、これも非常に重要なことだと思うんですが、あの、大文字駅伝の、そのものがですね、コースが変わったり、あるいは、あー走るコースが減ったり、えーしてると思うんですけども、これはどういう理由なんでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)えー大文字駅伝、今年度で32回目を迎えます。えー今年につきましては8区間ということで取り組みをさしていただきました。ま、あのーいろんな時代の移り変わり、年度年度の中で、えー内容を変えてきているというところでございます。またあのー、小学校のまあ生徒の少子化等の影響もございますので、えーそうした形で参加しやすい、えー設定と、いうことも考慮している、というふうに考えております。

◆やまね/あのー、坂道のところをですね、きつい、そこを外しというふうに思うんですけども、これはやはりお医者さん、医学的な見地からの指摘を受けて、子どもたちに負担がかかるということで外されたんではないですか。

(→福西・体育健康教育室長)大文字駅伝につきましてはあのー、毎年度、えー終わりましたら、えー関わった先生方も含めて、えーいろんな検討会をさしていただきます。えー円滑な運営が行えるように、えーいろんな意見が出ます。そうした調整の結果、えーいまの形になってるというふうに認識しております。

◆やまね/それではその坂道を外したのは、医学的な指摘の結果ではないと、いうことでよろしいでしょうか。

(→福西・体育健康教育室長)すいませんあのー具体的に、あのどういう経過で、えー見直しをしたか、ということにつきましては、また再度確認をさしていただきたいというふうに思っております。

◆やまね/それをね、京都市教育委員会がつかんでないというのは非常に問題ですよ。そんなことであれば。私はそしたらね、あのなぜコースが変わったり、あるいは今回コースが減らされてるのかということについて、その理由をですね、あのーちょっと資料として、提出をしていただきたいと思います。後でおはかりいただきたいと思います。

で、最後に、あ、もう一つですね、この「練習しすぎはいけない」と、こういうガイドラインに基づいて、指導されたとしてもですね、「学校単位での出場」になっていたりですね、「テレビ放映」もあるということで、えーやっぱり強豪校になりますとね、懸命にやらざるをえない側面があると思うんですね。現場にはそうやって「練習しすぎはいけない」と、いうふうに指導はしても、京都市の広報、あるいはメディアで報道が過熱していけば、やっぱりそうならざるをえないんではないかということで、その点についても、今後検討が必要ではないかなということも申し上げておきたいと思います。

で、最後にもう一つお聞きしたいのは、えーこのスポーツや部活動に、熱心に取り組んでおられる先生方や保護者のみなさん、指導者のみなさんがおられることも私は十分、あの承知をしていますし、素晴らしい活動されている部活動があるということも私は十分に認識をしているつもりです。で、だからこそですね、その場合に、「ガイドラインに定められてるからこれ以上やってはダメなんだ」という、その結論だけではなくてですね、どんなスポーツにおいても、この暴力や体罰がいかに有害なものか、スポーツ障害についての理解、科学的なトレーニング・食事・休養の大切さというものを、しっかりと深めていただくことが大事だと。それをですね、子どもたちと一緒にそれをやっていただきたい。で、そのことが、子どもたちの未来をつぶさない、競技人口のさらなる拡大、ひいては競技力の向上に、私はつながっていくのではないかと思いますので、ぜひそういう点も、ま、指導者講習されてるということもおっしゃっていただいてるですけども、子どもたちや保護者のみなさんとも一緒になってですね、そういう取り組み進めていただきたいと思うんですが、最後にその点だけお聞きして終わりたいと思います。

(→福西・体育健康教育室長)いまございました、えートレーニング方法、また、栄養面も含めた、えー子どもの指導等につきましては、えー教員の資質向上を図る取り組み、また、子どもたちにもそうした、えー理解を進める取り組みについては充実してまいりたいと、いうふうに考えております。以上でございます。

2018年3月5日【予算特別委・第2分科会】教育委員会/「ブラック部活と子どもたちの成長・発達について」

(更新日:2018年03月05日)

【京都市の瑕疵で損害賠償が発生】公園管理は京都市の責任!伏見区・南部公園の閉鎖部分を一刻も早く整備し、地域住民が利用できるようにすべき(2017年12月4日/まちづくり委・建設局・やまね)

◆やまね/えっといくつかお聞きをしたいと思います。あのー議案説明資料によるとですね、「相手方(マンション側)の過失はない」「本市が過失相殺を主張するのは困難」ということで、「(根っこで壊れた塀の)修理費全額を本市が補償することで合意」ということなんですが、えーこれ損害賠償の額、いまもありましたように361万8000円ということなんですけれども、この中にですね、えー例えば迷惑をかけたということでの、そういう意味での賠償金というのが入っているのかどうか。このお金というのは修理にかかった費用だけを本市が補償するということなのか。その点はどうでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのこのー賠償額に関しましては、あくまでも修理のみということで、えー迷惑料というのは入ってございません。以上です。

◆やまね/はい、えー、修理のみで、迷惑料というものは入っていないと。それではそのマンション側が支払われたのは361万8000円でそれ以上の負担はないと、いうことでよろしいでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー元々マンション側からの、えー見積りをいただきまして、えーそれは、この361万8000円よりも非常に高い額でございました。えーそれを参考に私どもの、えーほうで、えー複数の業者のほうから、えー見積りのほう依頼致しまして、えーその中で、えー最終的に361万8000円となったということで、この額で、えー先方さんと、えー示談のほうが、えー締結できたと、いうようなところでございます。以上です。

◆やまね/えーということは、この361万8000円というのは、京都市が依頼をした業者が見積もった額であって、マンション側が見積りをして、えー依頼をされた業者がたぶん工事をされたと思うんですけれども、それはもう少し、実際にはマンションが高くお金を支払っているということなんでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、えー元々マンション側の、おー見積額は、私らが見積もった額よりも、え、高い額でございました。ただしあのマンション側がその業者に、いくら払ったかというのは私どもは存知ません。以上です。

◆やまね/えー、まあいくら払ったかはわからないけれども、見積りとしてはもうちょっと高かったということですね。んーまあ、そしたらちょっとその「修理費全額」ということに、えーなるのかどうかですね、ちょっとこれは疑問なんですけども、マンション側はこれで納得されているということなんでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのマンション側はこれで、えー納得いただいております。で、私とこがもし業者に、えっと委託、同じことやっていただいたら361万8000円であったと、いうところでございます。以上です。

◆やまね/まああのーマンション側が納得をされてるということですので、これ以上は、この点については申し上げませんが。私もあのー土曜日にですね、現地を見てまいりました。でーあの、地図でもこれ示されておりますように、伏見区役所と大手筋商店街のちょうど間ほどで、えー、ま、街なかにある「憩いの場」としてですね、非常に貴重な空間です。で、えー地元の方にお話を聞きますと、「土曜日日曜日は子ども連れがやってくる」とかですね、「お祭りのお神輿の休憩場所にもなっている」ということで、地域からも非常に愛されている場所だと、いうことで、えーあります。で、ちょっとお聞きしたいのは、この南部公園の「全体の面積」と、「現在閉鎖されている部分の面積」というのは、それぞれいくらになるんでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あの南部公園の全体面積は、え、2619㎡でございます。えーうち、いまのこのプールの部分(閉鎖部分)でございますけれども、あのー正確に測っては、およそで測った段階で780㎡と、いうところでございます。以上です。

◆やまね/えーと全体が2619㎡で、プールのこの閉鎖されてる部分が780㎡、ですね、はい、わかりました。そしたらその、えーこの公園の、いま一部が閉鎖されているというのは、えー、平成12年から、ということで先ほどご説明あったと思うんですが、あのーまあ率直に言ってですね、こんなにいい場所にある公園が、えー17年間も一部閉鎖されていたのは、ま、非常にもったいない、というのが率直な思いであります。でー地元から、あのこの部分についてはですね、何かご要望はこれまでなかったのかどうか、それから、えー京都市としてはこの南部公園のこの閉鎖部分についてはですね、えーどうしようと思ってらっしゃったのか、何か再整備の計画なんかを考えたことはあったのかどうか。その点はいかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)あの地元からはあのー要望というか、ま、「何か使ってほしいね」ていうご意見はございました。で、えっと、このプールの跡地でございますけれども、撤去に約1000万ほどかかると、えーいうようなところでございました。えー、で、このー南部公園につきましては、ま、昭和17年の、ま、開園と、いうことで、ま、非常に古い、公園でございます。あのー伏見におきまして街区公園で一番古い公園でございます。ですのであのー、再整備のほうは、え、考えてきまして、このプールにつきましても、いろいろ市民の、えー市民じゃの、住民の、意見も聞きながら、再整備のほうやらも考えていきたいと、いうふうに、え、考えてるところでございます。

◆やまね/えーと、昭和17年ですか、かなり古い、歴史のある公園だということで。でー、まあ「使ってほしい」というご意見はあったということなんですが、で、あのー、プール撤去には1000万円ほどかかると、いうことなんですが、やはりですね、あのーこういう市民の貴重な財産が17年間、そのままになってしまったというのは、あのーこれは大問題ではないかというふうに思いますし、それに加えてやはり管理が不十分だったということで、えー責任がですね、やはり問われてくるというふうに思います。で、まあ、おっしゃったようにですね、プール撤去はまあ1000万かかるということなんですが、あのーやっぱり京都市はですね、1回やったらそれこそ数千万かかるようなイベントも、いろいろやられてるわけでですね、市民から見れば、あのーそういうイベントにはお金を出して、市民の身近なところにあるこの公園がですね、ほったらかしにされるというふうになればですね、これは当然「おかしい」という気持ちになって当然だと思うんですけど、その点についてのご認識はいかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、いまあの議員おっしゃられましたように、古い公園であり、えーまあ17年間、放置していたというのは私たちも、えー申し訳ないと、いうような気持ちでございます。ただあのーこの部分だけの整備というよりも、ま、再整備に合わせて、一体的に整備を行うほうが、えー効果的であると、いうふうなことも考えておりまして、ま、今回、えー、ま、えーこの17年間ほったらかしにしていたと、いう状況になってるのかなと、思っております。以上です。

◆やまね/まあ再整備に合わせてということで、えー地元の声も聞いてきたってことなんですけど、結果的には、ま、17年間このままになってしまったというのは、ま、非常に残念であります。それであのこの公園のですね、えー「清掃ボランティアに参加したことがある」という方にもお話をうかがってきたんですが、えーまあやっぱり「落ち葉や草刈りの時期は非常に量が増えて大変だ」という話だとか、それから、えー他にもですね、えーこの閉鎖部分がほったらかしにされていることについてですね、以前から「これは危険ではないか」とか、「いつかえらい目にあう」と、こういう声が出ていたというお話を、地元の方がされておりました。でーそこで、ま、お聞きしたいんですが、通常、公園の点検というのはですね、どれくらいのペースで、えーされているのか。で、この公園については、そういう点検ていうのはどうだったのか。その点はいかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー、ま、一般的に使われている公園に関しましては、約3か月に一度の、おー頻度で、遊具の点検であったりとか、えー行っているところでございます。ただあのこの部分につきましては、ま、閉鎖をしていたと、いうようなことで、ま、普段人も入れないような、えー状況でございました、でしたので、え、そこまでの頻度はしてなかったと。ま、年に1~2度点検に入ってると、いうような状況でございました。以上です。

◆やまね/えーまあ一般的に使われている公園はそしたら3か月に一度、ですかね、で、いうことなんですけども、そうするとですね、この南部公園そのものは普通に使われてるわけであって、その南部公園、その使われている部分については、3か月に一度点検はしてたけれども、しかしその時にもこの閉鎖されてる部分については、点検ができていなかったという理解でよろしいでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー先ほども言いましたように、え、年1~2回は、あー、この中にも入ったりもしていると。それと、ま、ここの部分、落ち葉とか、あー、も、入り、ありますので、その辺の撤去とかにも入ってると。いうような時にまああのー点検と言いますか、見て回ったりはしていたと、いうようなところでございます。以上です。

◆やまね/え、通常の時にはされてなかったということでいいんですかね。

(→小川・みどり政策推進室長)え、あの言いましたように、年に1~2回は、その中に入ったりとかして、点検をしていたと、いうようなところでございます。

◆やまね/で、まああの、年に1~2回といいますとね、1回か2回かでかなり違うと思うんですよ。半年と1年に1回ではね。それであのー、この公園についてのパトロールに回った、点検の記録のですね、資料提出を頂けないかと、思いますけれども、いかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのちょっとそれ、確認致しまして、あのーいつ点検しているかというのは、あのまた資料、えー事務所のほうにも確認する必要がありますので、えー提出できるものであれば提出させていただきたいと、思います。以上です。

◆やまね/それであのー、我が党議員団から、これは事前に資料要求をしておりまして、「公園巡視点検表」というチェックシートを、何も書いてないやつをこれ提出していただきましたが、それ見ますと、「外周柵(破損・ひび割れ)」というのも点検箇所の一つになっていると、いうことで、えー1年に1~2回でもチェックしていたんであればですね、えーまあなぜ、わからなかったのかなあと。ま、先ほど「低木のためなかなか根っこが伸びてるまでは分からなかった」というお話があったんですが、1年に1~2回はチェックしていたけども、その辺までは全然分からなかったと、いう理解でよろしいですか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー巡視点検の中でいま「外周柵」というところで、まあ破損やひび割れ、っていうのが、あのチェック項目にのっております。で、まああのー議員もおっしゃられましたように、ここまあだいたい、2m~3mくらいの高さで、まあ、えー木が、えーはんぼしていたと、いうようなところでなかなかそこまで、えー点検のほうができていなかったと、いうのが現状でございます。以上です。

◆やまね/それであのーもう一つですね、この公園の清掃ボランティアに参加されたことがあるという別の方にうかがったところですね、「閉鎖部分は数年前に京都市にカギを開けてもらい、自分たちが掃除したことがある」と。「3~4回掃除をした」とおっしゃっていました。「確かに草木が生い茂っていた。プールの中にも草が生えていた。閉鎖部分は基本的にノータッチだったのではないかと思う」というふうに言っておられたわけですが、やはりですね、こういうお話聞きますとね、やっぱり本来京都市がやるべき事をせずにですね、その状況をもう見るに見かねた市民の方々が手をあげて、えーやっていただいたと。で、やっぱりそこにまあ頼り切ってですね、ほったらかしになってたんじゃないかなあと思うんですけど、その点はいかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー私も、記憶によるとこれ愛護会の方が、あのーまあ落ち葉が、あー掃除しましょうと、いうようなことでまあ、えーみどり管理事務所のほうと、えーまあカギ借りて、えーまあ掃除をしていただいたと、いうようなところでまあ、愛護協力会のまあ一般的な、えー清掃活動の一つ、ということで私どもとらえているところでございます。以上です。

◆やまね/まあそれについてもそしたら、この時にカギを開けて掃除したというような記録は残ってるんでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)あの確か私が南部みどりの所長をちょっとやっていた時に、そのような、えー、ことやったという記憶はございますが、いま記録が残っているかというとちょっと定かではございません。以上です。

◆やまね/そしたらまあ、またあの個別ででもいいですので、また教えていただきたいと思います。それからですね、あの京都市内に、こういった「閉鎖区域のある公園」が他にもないかということで、これも議員団のほうから資料提出いただいたんですが、それによると、この伏見区の南部公園に加えて、南区の唐橋西寺公園ですかね、それと南岩本公園があげられているわけですが、これらの公園でこの閉鎖区域が存在しているというのはどういう理由なんでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのー、ま、唐橋西寺公園に関しましても、あのー同じく以前プールがあったと、いうところでまあいま現在使用していないために閉鎖をしていると、いうところでございます。あの南岩本公園も、その以前にプールがあって、その後まああの、えー、プールの水槽をまあ土で埋めたりとかして、そしていままあジャングルジムとか置いていったんですけれども、あの浮浪者の方々が、まあおられたということでいま、えー地元のほうからも「閉鎖してくれ」と、いうような意見もございましたので閉鎖していると、いうような状況でございます。

◆やまね/わかりました。そしたらプールが以前あったところがいま、ちょっとそういうことになってると、いうことで、でーまあ今回の、事例はですね、やはり京都市が、えーなかなか管理をできてなかったことによってこういう損害賠償が発生してしまったというのは、ぜひともこれは、あのー強く反省をしていただきたいということと、で、同時にやっぱり今後どうするのかっていうのがですね、本当に大事だと思うんです。先ほどもお話があったんですが。で、えー、同じようなケースがあるかどうか、調査ってのはいまされているということなんですけれども、それと合わせてですね、少なくともこの閉鎖されている区域のあるこの3つの公園についてはですね、やっぱり今回の反省も踏まえて、一早く整備をしてですね、えー地域のみなさんが使えるように、利用いただけるように、えーするってことが求められると思うんですけども、その点はいかがでしょうか。

(→小川・みどり政策推進室長)はい、あのーもちろん議員おっしゃられますように、ずっといま閉鎖しているってのは非常に公園もったいない話でもございます。ただあのー、整備に関しましては非常に、えープールの撤去、と再整備ということで、非常にあのお金もかかると。予算もかかるということでございますけれども、まああのー例えば南岩本公園でしたら、いまあの東南部の活性化策というのが、えーいまございます。で、その中でまあ再整備のほうも、えー検討していくと、いうようなところでございます。あのー唐橋西寺の部分につきましては、ここあのー、え、埋蔵文化財の、まあ関係もございまして、撤去なんかにも非常に難しい面があると、いうようなこともうかがっておりますけれども、なにぶんずっとほっておくというのも、えー正直もったいないと言いますか、えー活用するべきと、いうふうに考えておりますので、その辺も含めまして、いろいろ検討のほうは、していきたいと思います。以上です。

◆やまね/まあぜひですね、地元の地域のみなさんが、やはり利用できるような形で、しっかりと、あの整備をしていただきたいと思います。あの、最後に申し上げます。あのー、ま、今年の冬にはですね、あのーJ2の京都サンガが使っている西京極の陸上競技場で試合中にまあ散水管が破裂をして水が噴き出すと、試合が中断するというようなこともありましたし、2年前の夏にはですね、京都市美術館のエアコンが壊れて、でー「マグリット展」が当時開催されていたのが数日間休止をして、ま、860万円以上の損害賠償が発生すると。で、まあ、あの「コスト」を理由にして、なかなか公共施設や公園の管理が、満足にできずにですね、こういう運営に支障をきたしたりとか、損害賠償が発生してるわけですけれども、あのーもちろんこの西京極や美術館は文化市民局の管轄だというのは分かっていますが、市民から見ればですね、やっぱり同じ京都市として見られるわけですから、あらためてあのーしっかりと日常の管理をですね、行っていただきたいと。で、昨年は、私も所属してたくらし環境委員会ではですね、えー党派を会派を越えて、やっぱりスポーツ施設の日常管理の予算をやっぱり増やさないといけないんじゃないかと、こういう議論になって、その結果今年度の予算にもつながっているという部分はあるので、ぜひとも公園というのはもっと市民のみなさんに身近な、日常的なところにあるものですから、ぜひとも公園管理の予算も抜本的に増額もしていただいて、市民生活の身近なところにある部分が、ほったらかしにされないようにですね、ぜひとも、えー努力いただきたいと、申し上げて、終わりたいと思います。以上です。 

2017年12月4日【まちづくり委】建設局/議第125号「損害賠償の額の決定について」

(更新日:2017年12月04日)

車いすフェンシングのトレーニング環境充実を!(2017年5月22日/予算特別委・保健福祉局・やまね)

◆やまね/えーまず最初にですね、今も少し経過のお話もあったんですけれども、あのー現在のこの元山王小学校が、車いすフェンシングの「常設練習場」になったのはいつ頃の話なのか。で、これあの先方からそういう要請・依頼があったのか、それとも京都市のほうからですね申し出ていただいたのか。たとえば、オリンピック・パラリンピックがあるからそうしようという話になったのかですね、あるいは今もお話があったように他の施設で練習されている状況を聞いて「これはぜひ」ということで京都市のほうからお話をされたのか、ちょっとその辺りの経過などの説明を、まず聞かせていただきたいと思います。

(→出口・障害保健福祉推進室長)先ほど若干触れさせていただいたんですけれども、ま、経過についてでございます。あの元々その車いすフェンシングにつきましては、あの高野にございます障害者スポーツセンターのほうでですね、えー最初あの平成6年頃からというふうにちょっと聞いております。その頃から活動されておりましてですね、えー、ま、そこで、あの練習等、土日中心にやられておりました。で、あのーその今回購入するものに入っておるんですけどあの「ピスト」といいます車いすを固定する器具の方がですね、だいたい1セット70㎏ぐらいございましてですね、やはりあの介助者がいないとですね、えー、ま、練習会場を設立することができないというようなことでですね、あのー常設にですね、えー練習会場がございましたらですね、介助者なしに、ま、障害のある方が、あのその場に行けばですね、練習ができるということになりますので、あのー団体のほうからですね、「どこか常設の会場がないか」というようなことでですね、えーご相談がございまして、ま、そういったなかでですね、えー元南山王小学校はですね、えーまあ京都駅からもアクセスがいいというような部分であったり、バリアフリー化がですね、一定なされていると、いったことがございましてですね、えー平成26年の12月からですね、えー元山王小学校のほうを、えー有料でですね、団体のほうに貸与をすると、いうような形になっております。以上でございます。

◆やまね/ありがとうございます。えー、団体のほうからそういう相談があって、それに応えていただいたということであります。で、あのー、私も今お話あったように、選手のみなさんにですね、より良いトレーニング環境を提供すること、本当に大事なことだと思うんです。で、そのためには、あのー関係者のみなさんの声をですね、できるかぎり反映をしていただきたいと、いうふうに思うんですけれども、その点で、このより良いトレーニング環境の整備という場合に、現状では、あのその元山王小学校で、どんな課題があると認識をされているのか。

それからこの予算案の中で、先ほども少しご説明ありましたが、えー「機器備品等の配置等を行う」というふうになっていまして、で、ピストと、それからビデオのシステム、あるいは審判機と、いうお話もあったわけですけれども、これあの金額の内訳的なものはだいたいわかっているのか、そのあたりちょっと教えていただけますでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)えー、あの課題でございます。あのー団体のほうからですね、あのー聞かしていただいているものは、まずやはりあのー、えっと練習をですね、やはりする機会がですね、まああまりなかったということでですね、今回指定を受けられるということでですね、あのこれによってですね、あのー、ま、6月以降、えー来年の3月まで約200日ほどのですね、まあ練習ができるようになったということでございます。で、あのー、やはり今回のあのー補正の中にございますけれども、あの、練習に必要なですね、えーその先ほど申し上げたピストがございますけれども、ま、今現在も使っておられるんですけれども、やはりあの国際試合にですね、えー使用可能なピストを今回ですね購入するということでございます。やはりあの国際大会で実際に利用される環境にですね、えー近づけるということが、やはり必要やということでですね、今回、えーこれを一番にですね、えー、環境整備を図るというものでございます。

あと、あのー今回の予算の内訳でございますが、えー車いす用の先ほども言いましたフェンシングのフレームでございます。1台が150万ほどございまして、これが2台ほどでございます。あとあの審判機がですね、えーこれもまあ国際試合に対応できるものということで、約90万ほどのものを2台。あと、えー、まあビデオカメラ等の関係と、えーソフトウェアの関係でですね、えー150万弱くらいと聞いております。で、あとあの、中央でですね、えー会議がですね、えー中央のほうでナショナルトレーニングセンターのほうでもですね、え、まあ、あのー、全国というか、全ての団体のですね、えー強化のためのですね、ミーティング等が定期的に開催されますので、まあそういったものの交通費が若干ですけれども、計上さしていただいていると、そういった感じが、主な内訳でございます。

◆やまね/えーっと、ピスト、あるいは審判機、ビデオカメラ、で、ミーティングの時などの交通費なんかが主な中身だということでした。で、あのもう一つ確認をしたいのが、あのこの「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業」というのはですね、先ほどもあったように「強化拠点として指定された施設の設置者(今回の場合は京都市)に対し、その施設を使って選手の育成強化を行うにあたり、施設として必要な経費を国が負担する制度」だと。で、そのお金は、使い道としては「施設使用料、トレーニング機器備品、医科学的なサポートスタッフの経費やこれに伴うマネジメントスタッフの配置等に充てることができる」というふうにうかがってるんですが、今回のそういう意味では、事業内容としては、え、まあ今交通費のお話もありましたけれども、中心的にはこの「トレーニング機器備品」に充てるというものと、そういう理解でよろしかったでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)えーあの、基本的にはあの先ほど申し上げた通り、あの備品が今回のですね、中身となっております。はい。

◆やまね/で、実は私ども5月17日に現地をあの視察もさせていただきまして、関係者の方からお話もうかがいました。で、えー、あの試合形式の練習はもちろんなんですけども、この競技の特性として「上半身や腕の筋力を非常に使う」と、いうことで、「ウエイトトレーニングも必要」だというお話もあったんですけれども、で、えー2015年10月、NHK「ハートネットTV」という番組で、車いすフェンシングについて放送されているのを私もビデオで拝見したんですが、で、そこにはですね、元山王小学校での練習風景と合わせて、先ほどもあった京都市障害者スポーツセンターで、かなり大きな機器を使ってウエイトトレーニングをされている姿もあったわけなんですが、この「機器備品等の配置」という場合に、このー車いすを固定するピストだけではなくて、そういうウエイトトレーニングのような機器なども検討されたのか。で、あのー、そういう協会のみなさんの要請を受けて、まずはピストが、そこがまず一番大事だということで、今回こういう使い方をされているのか、そのあたりはいかがでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)今回の備品の購入につきましてはですね、あの、えー団体のほうとですね、十分協議したうえで、あの事業計画というのを国のほうに提出して、あの受け入れてるものでございまして、で、まあ団体さんのご希望としてですね、今回のピスト等がですね、まずは最優先ということででsね、聞いております。

◆やまね/で、もう一つはですね、あのーこれも非常に印象的なお話だったんですけども、この車いすフェンシングというのは、「どうしても競技をする中でお尻をこすってしまう」ということで、「身体的な影響も出てくる」というお話ですとか、それから、あの障害者の方ですので「体温調整が難しくて、エアコンもあるが、霧吹きで顔に水をかけて体温を下げる」と、こういう努力もされているということでした。で、あの、こういうお一人おひとりのですね、「コンディションをしっかり見極めたケアが大変重要」と。で、この選手の強化だけでなくてですね、えー「まわりに、そういうことをしっかりサポートできる人がいないとダメ」なんだと。「そういう人材の養成・育成も必要」とおっしゃられてたんですけども、このナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業によるお金の使い方としては、そういう「医学的科学的なサポートスタッフの経費」ということも考えられるわけですけれども、そういった人材の育成や養成については、京都市としてはどのようにお考えでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)先ほどお話のございました、あの選手のほうのですね、えー褥瘡(じょくそう)等の医学的な体調管理についてでございますけれども、あの強化合宿ならびに育成合宿の際にですね、あのーチームドクターをですね、えー招聘しましてですね、えー体調管理ということで、ま、褥瘡予防などのですね、えーサポートを受けると、いうような形で、あのー、えー、教室以外にですね、えー休養室がございまして、そちらのほうでですね、あの練習が終わった後ですね、えーあのそういったチームドクターのですね、えー体調管理のほう受けていただくというような形でですね、実施されております。その経費につきましてはですね、あの今回のですね、あの補正予算とは別にですね、えー国のほうから直接、えー競技団体のほうにですね、別途補助金があるというふうに聞いておりますので、えーその経費の中でですね、あのー賄われるということになっておりまして、あの二重でですね、えーまああの経費の計上はできないという形になっておりますので、えーご理解いただきますようよろしくお願い致します。

◆やまね/えーそしたらその、えー団体に直接そういう形で国のほうから補助金も出ていると、えー、いうお話でした。でー、あとですね、あのー、ま、そういう、えースタッフの、人材の育成の点ですとか、それからあのー、ウエイトトレーニングの機器とかですね、ま、そういう意味では、ピストを整備すればそれで終わりだっていうことではなくて、いろいろそういう意味ではですね、改善の余地が今後もあるなあというふうに感じているんですけれども、あのー、車いすフェンシングの拠点がやはりこの全国でも唯一、この京都市にある、この意義は大変大きいと、私は感じました。京都市としてもですね、ぜひ、国から委託されたからってことではなくて、あのぜひ積極的に支援の検討をさらにしていただきたいと思います。

で、先ほどもあったこの競技用車いすを固定するピストという器具が、1セットでだいたい70~100㎏ぐらいある重いものだということで、練習のたびに倉庫から出してきて、練習が終わったらまた片付けるというものではなくてですね、やはり「そこに常設で置かれていることがとりわけ重要だ」というふうに関係者の方もおっしゃっておられました。で、先ほど指定期間のお話があったんですけども、えー、一応期間としては2年間で、最長、この東京オリンピック・パラリンピックの開催年度末まで「1年単位で更新できる」ということで、ま、4年になると思うんですが、あの先ほどこの800万ていうのは今年度のお金だということなんですけども、たとえば、もし来年度、さらに再来年度、この事業続けていくとなった場合に、より、今回はピストを最優先で整備をしたけれども、えーそういうウエイトトレーニングの機器だとか、あるいはもっともっと競技の団体のみなさんからお聞きをして、環境を充実をさせていくと、そういう可能性もあるということなのか、それが一点と、で、もう一つあの、「施設の維持管理」ですね、これについてはどこが行うのか、負担をするのか、その点はいかがでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)ええとあの、指定の関係でございますが、えー今回800万という経費でございます。えー来年度以降もですね、また事業計画をですね、えー団体さん、競技団体さんと十分協議しながらですね、え、来年度もこの事業をですね、えー国のほうに申請していきたいと考えておりまして、その内容につきましてはですね、あのー今後ですね十分、その競技団体とですね、協議をしながらですね、まあ場合によってはそのトレーニングの機器等の購入といったものも可能性としてはあるとは思いますので、十分協議をしながら、あの考えていきたいと考えております。

で、維持管理につきましてはですね、あのー基本的にはあの京都市のほうのですね、のほうで、維持管理という形になりまして、ま、今まででございましたら、そのえー賃借料を有償でですね、その団体がご負担していただいたものがですね、今回の国からのですね、委託金によってですね、えー使用料についてもこの経費で賄うという形になってきます。

◆やまね/えーそれでですね、あとあの、本来、どんなスポーツでも、その発展を期すというのであれば、オリンピック・パラリンピックが終わってもですね、継続してそのための環境整備を図っていくということが大事だと思うんです。で、とりわけあの保健福祉局にはですね、障害者のみなさんのスポーツをする権利、鑑賞機会や条件の拡大のために、一時的なことではなくて、えー継続的・持続的な取り組みが求められると思うんですけれども、そこでお聞きしたいんですが、あの先ほど、そのオリンピックが終わった後どうするのかというお話もあったわけですけれども、あのー、まあこの、元山王小学校がどうなるかという話は別にして、今回の事業にあたってですね、これはあくまで2020東京パラリンピック・パラリンピックまでの暫定的、一時的なものなのか、それとも今後も恒常的にこういう環境整備を京都市として図っていこうと、しておられるのか、そのあたりの将来展望はいかがでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)えーあの今回のですね、えーあの支援につきましては、ま、あのー、国のほうからの委託を受けましてですね、まあ、あのナショナルチームの育成ということでですね、まあそういった視点でですね、あの国からの委託を受けているものでございまして、まああの、えー、パラリンピック終了後につきましてはですね、ま、国のほうのですね、えーその辺の考え方の動向をまあ十分見極めながらですね、あのー直接的な支援についてではですね、そういった形で考えていく必要があるかなと考えております。ただあの障害者スポーツの振興ということではですね、あの京都市としましても、あのー高野にございます障害者スポーツセンターであったりですね、あの南区にございます障害者教養文化・体育会館といったところでですね、あのー障害のある方のですね、えースポーツができるですね、えー環境改善というか、ま、たくさんの方がですね、ま、利用ができるようなですね、えー施設を設けております。そちらのほうでですね、ま、競技大会であったりですね、えーまあ、スポーツ教室、講習会等々のですね、えー事業を行なっているところでございます。で、またあの、えー、それ以外にも京都アクアリーナであったりですね、えーハンナリーズアリーナ、えーといったですね、まあ、あのそういった施設においてもですね、障害のある方もですね、えー施設が利用できるようなですね、えーことで、まあ、あの文化市民局とも連携しながらですね、えー利用料の減免等も含めてですね、いろんな、えー取り組みを行なっているところでございまして、まあ今後ともですね、あの障害者スポーツの振興はですね、引き続きあの実施していきたいと考えておるところでございます。

◆やまね/あの京都市のホームページを拝見しますと、この元山王小学校の施設の特徴としてはですね、3つ書いてありました。「車いすを固定するピスト5台常設されてて、これが全国で唯一」だということと、「車いすで入場可能な体育館があって大規模な大会も可能」ということと、そして三つ目に「全国から集まる選手と地域住民の交流も進み、今後も地域に根差した取組により障害者スポーツ全体への理解の普及に繋げることを期待されている」と、いうことなんですね。で、ここで言うその「今後も」というのがですね、私は「東京オリンピックまで」ということであってはいけないのではないかと。全国に、この京都市にしかない、この施設、大変貴重なものだと思いますので、ぜひ今回の整備を契機にですね、恒常的な環境整備に京都市としてぜひ取り組んでいただきたいと思います。

で、最後にもう1~2点お聞きしますが、あのそもそも、この車いす競技の方が使用できる公共施設が大変少ないっていうのが現状であります。現状では、今もおっしゃっていただいた、車いす競技のみなさんが使えるのは、左京区の京都市障害者スポーツセンター、それから南区の京都市障害者教養文化・体育会館など、ごく一部になってると思うんですね。で、この、車いす競技をされているみなさんが、それ以外の京都市の公共施設・地域体育館等の使用を希望された場合、現状ではですね、相談する相手は誰になるのか。京都市に相談をするのか、それとも施設の指定管理者に相談することになっているのか、ちょっと念のためにこれ確認したいと思うんですが、いかがでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)あのー障害のある方からですね、まあ団体利用等も含めましてですね、まあ本市が所管するですね、まああの地域の体育館であったりですね、えー運動公園、グラウンド等のですね、あのー利用についてはですね、えーまあご相談受けた場合はですね、まあできるだけその、えー、障害のある方がですね、利用できるよう、障害の程度を詳しくお聞きしてですね、いろんな調整をしてるところでございまして、あのーその相談の時々によってですね、ま、直接京都市のほうにご相談がある場合、えーあるいはですね、あのー直接施設のほうにですね、ご相談いただく場合、両方あるかなと考えております。

◆やまね/あのーまあ、場合には、場合としては時には施設に直接相談もされるという場合もあるし、京都市に相談をされるという場合もあるんですけれども、体制としては何か決まってはいないんでしょうか。

(→出口・障害保健福祉推進室長)あの特に、その部分について、あのルール化されているというものはございません。

◆やまね/あのーこれはですね、昨年度のくらし環境委員会で、かなり私議論させていただいたんですけど、あの実は現状ではですね、この公共施設、京都市の地域体育館などの公共施設を、この車いす競技のみなさんが使いたいと、現状では使えないわけです基本的には、で、そういう場合はですね、施設の指定管理者にそれぞれ相談することになってると、いうのが文化市民局の答弁なんですね。で、もちろん、京都市も連携してるということはおっしゃるんですけれども、で、私はですね、この現状ではですね、この車いす競技のみなさんがですね、体育館の使用について、何か京都市が基準を持っているのではなくて、施設の指定管理者に相談することになっていると、で、施設の指定管理者というのは施設によって違う場合もあるわけで、で、その場合、障害者の方の「スポーツをする権利」がですね、指定管理者の判断に左右される可能性があると、現状では、これは少し問題ではないかと思っておりまして、やはり障害者スポーツに関わっておられる、福祉分野を所管している保健福祉局のみなさんがですね、しっかりこのあたり責任を持っていただいて、時には相談窓口にもなるし、あるいは、えー、スポーツ政策を所管する今言われました文化市民局とも連携して、そして障害者スポーツの環境拡充に、ぜひ努めていただきたいと、あのこのことを最後に求めて、ちょっと答弁もいただいて終わりたいと思います。

(→出口・障害保健福祉推進室長)えーあの、そういった施設の利用につきましてはですね、やはりあの、これまでから、あの文化市民局とも連携を図りながらですね、進めさしていただいているところですので、あのー引き続きですね、あのー文化市民局のほうとですね、あの連携をしながらですね、えー進めさしていただきたいと考えております。

2017年5月22日【予算特別委】保健福祉局質疑「平成29年度5月補正予算・車いすフェンシング強化拠点のトレーニング環境の充実800万円」について

(更新日:2017年05月22日)

桃山城運動公園の緑を守れ(2017年1月24日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/あのー、えーと、「地元住民への聞き取り」ということで、えー藤城学区、桃山学区の、えー代表者から聞き取りを行い、ということであるんですけれども、これは実際に、何人の方から聞き取りを行われたのか、それからあのどんな意見があったのか、もう少し詳しく教えていただけますか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーおそれいります、藤城学区につきましては、あのー学区の代表者2名にお話を聞きました。えーまた桃山学区については、えー代表者1名と、えーあと各、えーちょうど南側の、隣接するところの町内との、町内会長さんのほうにご意見を聞かさしていただきました。えーそういったなかで、えーご意見の内容ではございますけれど、えー藤城学区さんのほうにつきましては、えーまあ、できるだけあの安心できるようなところに、えー、まあ使っていただきたいというような部分と、えーまあ、いまも現在、藤城小学校、学校さんの授業やらの、いろいろなイベントの関係で、あそこ北側の通路が大型車両が通れない地域でございますので、修学旅行の際等に、えー第3駐車場のところに近鉄さんの協力のもと、えー修学旅行のバスを一旦停めるような使いとか、えーまあその他、地元でのイベントの際に、まあそういう大型車両を停めさせていただくような協力をいま、近鉄さんとやって、あの近鉄さんのほうにやっていただいておりますので、引き続きそういった部分はお願いしたいというようなご意見がございました。えーまたあのー桃山学区さんのほうにつきましては、えーまあ若干場所が離れてる部分はございますけれど、ま、先ほど、しげ先生のご意見もありました通行車両の関係、とりわけ工事の際の車両等については、えー気をつけていただきたいということと、えーまたそういう工事の際の時には、情報提供をきちっとしていただきたいというようなご意見をいただいたところでございます。

◆やまね/えーそれからあの、まあ先ほど、しげ委員(自民)からもご指摘があったようにですね、えーこのスポーツ関係者のみなさんへのアンケートで、えー、「第3駐車場は賛成だけれども既存公園部分は反対」という方が、えーまあ12件、これはスポーツ施設の利用者の方の声と。それから、えー、「条件付き賛成」の方も、「木はできるだけ切らないようにしてほしい」と、いう声があったり、で、反対の方も一定おられたと。それから、団体では、3件、20%の方が、えー「第3駐車場は賛成だけど既存公園部分は反対」と、いうことです。でー、あのやはりですね、私もあの地元のみなさん方うかがっておりますと、既存の公園部分が、えー狭くなってしまう、あるいは、木が切られてしまうということを大変危惧されている方多くてですね、で、この間も指摘をしましたように、朝夕のやはり散歩のコースになっておりまして、で、えーたくさんの方が歩かれていると。で、そこでお聞きしたいのは、この北側、お城の北側部分というのがですね、ま、整備、そこも含めて整備するとして、引き続き、たとえば散歩なんかで通り抜けることが、その後できるのか。で、いまあのご説明の中で、えー要項の中でですね、「ロケーションを損なわないよう」、それから「お城からの距離を含めて配慮」と、いうことも、あの盛り込まれてるとのことなんですけども、仮にですね、あの仮に、サッカーグラウンドのようなものをつくるとした場合に、どこまで、この南のほうまで下がらないとできないのか、その点は、想定は、されてるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はいあのーまあ第3駐車場をのぞく公園部分の活用の部分については、まああくまで、あのまあ、これはどういう提案が出てくるかというような中身でございますが、あの当然こちら側を使う場合については、環境への配慮とか、まあ、市民のご利用に対する配慮というような部分を、えー今回公募の中でも求めさしていただいてます。えーいまおっしゃってられたように、えーまあつくる中身にもよりますが、たとえばサッカー場というような形になれば、ちょうどこの第3駐車場の網掛け部分と、えーこっち側お城の北側の上の半分ないし3分の1くらいまでに食い込むような形が、まあ想定されるというようなものになろうかと思いますし、我々も当然あのー、ここ全域が、えー使えなくなるようなことは、求めてはまいらないような所存でございます。

◆やまね/あの、まあ全域が使えなくなることというのはまあ、あのー想定してないというか求めてないということなんですが、でまあ、もし具体的にですね、サッカー場であれば、まあ半分?か、3分の1くらいまで、北側、なるんじゃないかと、いうことでしたが、でー、ただここの中で、要項で言われてるのは、距離も含めて「配慮」と、いうことですので、強制的、まあ絶対的な条件ではないと思うんですね。ただ、だいたいサッカー場だったらこれくらいっていういまおっしゃったような、ことがわかっているんであれば、最低限ここまでは(お城から)離しなさいというような、ことは(要項の)中に入れられないんですか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーまあ、今回あの単にスポーツ施設の整備だけと違って、環境に配慮したような取り組みもしていただくような形をいま求めております。たとえばまあ、あの周りのエリアに公園的な、えー施設を整備されたりとか、まあ当然市民の方々が憩いの場となるようなもの、含めたものも、やっていただきたいなあというふうには提案としては求めていきたいとは思ってございます。まあちょっとまだどういう内容が出てくるかというのはございますので、えーそういった観点から、あのー具体的な数値っていうか、距離を、まあ示さしていただいてないようなところでございますが、当然あの全体の緑の環境、まあ市民のスポーツの、市民の憩いの場の、確保という部分については、評価の中でも、えーまあ選定していただく、えー委員の方々も含めて、えーそういうような、配点がされるかというふうに思っていますし、まあ先般の検討会議についても、その点が、かなりあのー委員の方々、大きな項目や、ということで、まあご認識をされているところでございましたので。

◆やまね/あのー公式戦ていうことになりますとね、グラウンドの大きさとか、施設の大きさって決まってると思うんですよ。だから、あのーそれだったら、だいたいどこまで来るのかっていうのは、もう必然的にわかると思うんで、ぜひ、そういう公式戦ができるようなグラウンドをつくる場合は、ここまで来ますと、いうようなちょっと資料を出していただけないでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのーまあ、資料っていうのはまあ簡単には書くことは、ただしあのちょっと種目、いまサッカーでということですか?・・・サッカーに限定してということの理解でいいんですね?・・・あのー、はい、例としてそしたらサッカーの場合の、えーの資料をということでは、作って、えー、みます。えーただしサッカーでも公式戦でも大きさが若干なんか・・・、あ、すいません、あのまあ、その、部分のいちおイメージ図というのを、は、ちょっと示さしていただきたいと思います。

◆やまね/でーやはりですね、たくさんの木々が伐採されてしまうことを危惧されている方が大変多いんですよね。あのこれはもういまもご指摘あったようにですね。であのー、やっぱり、一方で太陽光パネルができると景観がどうのと、言いながらですね、一方でその木々を切ってしまうというのは大変矛盾した話だと思いますし、でー、歩かれて、この地域を歩かれているのは、あのーこの付近の方だけではなくて、深草方面から来られる方もいるし、向島方面から来て、散歩されている方もいると。でー、いま、あのーこのアンケートはですね、スポーツ施設として利用されている方、それから団体として利用されている方の声、で、先ほど言われたのは、藤城・桃山地域の、えー代表者の方ということでしたけれども、あのこの、範囲に限りますと、拾えきれてない声がね、やっぱりあるんじゃないかと、いうのが、あの率直なところです。でー、たとえ新しいそういう施設が、スポーツ施設ができたとしてもですね、これまで、えー利用されていた、愛好的に、この地域を楽しんでおられた方が、そうではなくなってしまうと、いうことになればですね、えー本末転倒ではないかと。ま、できるかぎりですね、公園、既存公園の部分を守られるように、ぜひしていただきたいと、このことを求めたいと思います。

それからあのー、ちょっとこれは私も詳しくはわからないんですが、先ほど「東側部分は第三者にすでに売却されている」というようなお話あったんですが、あの私前、えー多目的グラウンド、この地域見に行った時にですね、多目的グラウンドの東側に、テニスコートがあったと思うんですが、これがいま、あのーどこが所有されているのか、で、見た感じですね、あのー大変草が伸び放題で、東側にあるテニスコートは、使われているのかどうかちょっとよくわからなかったんですけども、それはいま誰が、所有されていて使用状況というのはどうなっているかというのは、ちょっとそれはわかりますでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)え、あのーまあ、先ほどのまあ公園北側の緑地の活用につきましては、まああの今のおっしゃるご意見も踏まえて、まあこれから検討会議の中での意見も踏まえた中身で、えー議論をさしていただきたいと思います。あのーいまおっしゃってられました東側のグラウンドの、えー、部分については、いま橘学園さんのテニスコート、が、いま敷地としてはなってございます。ちょっと利用の状況とか、ちょっとその辺の部分については、ちょっと私どもが、えー承知はしてございません。

◆やまね/えーまあ橘学園さんが所有をされていると。でー、まあただ、見た感じ、あのー使われてるのかなあと、いう感じも見受けられましたので、もしそうなってたら大変もったいないなあと、いうことも思いますし、それからあのお城の付近にですね、えーあの、第二次大戦中の当時のことを伝えるような石碑がいま置かれているというようなお話もこの前お聞きしまして、でーまあどういう経緯で、そこにいま置かれているのかってのはちょっと私もわからないんですけど、今回のこの第3駐車場と、その南側の、既存公園部分の整備にあたって、その、えー戦跡というか、それについてはどうなるのか。その辺はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーまあ、あの、石碑の件につきましては、ちょうどお城の天守閣の、えー西側のところにございますので、まあ今回特段いま何も考えてございません。ちょっと対象の土地からは外れてございます。えーなおまあ石碑の部分については、まあ当時、伏見桃山城のキャッスルランドがあった頃から、あったというふうにはうかがってございます。ちょっと経緯等については我々もちょっといま承知してないところでございます。

◆やまね/えーそしたら今回の件とは、まあ関係はないと、いうことなんですが、まあやはりですね、先ほどからもいろんなご指摘ありましたけど、やはり行き当たりばったり、あるいは、その場しのぎではなくてですね、この公園全体を、やはりどう整備していくのかという、そういう計画をしっかり作る必要があるんではないかというふうに思います。で、お城の活用、あるいは、戦争遺跡の保存やどういうふうに見ていただくのかということも、えー、重要だと思いますし、野球場に屋根を付けてほしいと、こういう要望をうかがったこともありますしですね、そういうやはり公園全体を、しっかり考えて、今後の整備にあたっていただきたいと、このことを最後に求めて終わります。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのー公園全体の活用という部分につきましては、まあ、我々もあのー、そういった認識の中で取り組んでまいりたいとは思ってございますが、えーまあ今回の第3駐車場の部分につきましては、まずあのー始まりが民間の土地、京都市の権限が及ばない土地の中での、まあ対応、まあこのようなスキームの中で、えー市民スポーツ、また、市民の活用というふうな部分の中で提言をさしていただいたような中身でございますので、ま、そういった経緯から、まあこのようなまあ提案ていうか、公募をさしていただくというような部分につきましては、ご理解をいただきたいというふうに思います。

2017年1月24日【くらし環境委】文化市民局/理事者報告「公募型プロポーザルによる旧伏見桃山城キャッスルランド第3駐車場の活用のための事業内容および事業者選定募集要項案について」への質問

(更新日:2017年01月24日)

旧キャッスルランド第3駐車場と合わせ、京都市が伏見桃山城運動公園の一部を民間に提供?(2016年9月6日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/前回の議論も踏まえてですね、いくつか少し重なる点はあるかもしれませんがお聞きしたいと思います。であのー、単純にまとめたらですね、あの対象は「近鉄の土地」と、で、これを「京都市が借りて」、「京都市の公園部分と合わせて別の第三者へ貸し出す」ということになると思うんですが、であのー今もありましたように、あの、他の委員のみなさんの質問も聞いていて率直にですね、前回も思いましたのが、「なぜ京都市が近鉄と第3者の間に入らなければいけないのか」と。「なぜ民間同士でそれができないのか」というのがやはり率直な疑問でありまして、もう一度この点について、重なる部分あるかもしれませんが、ご説明いただけませんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのーただいまのご指摘でございます。あのまあご意見もまあいろいろな部分でご指摘をいただいたところでございますけれど、えー単に、民民だけでされるという形になった場合、あの場所が、伏見桃山城運動公園、また隣には北堀公園というような、まあ公園区域、スポーツ施設の地域でございます。えーそういったなかで、えー民民の場合については、特に制限をかけるようなこともできなくなるようなところにございます。えーそういったなかで、あの本市が、間に入らさしていただいて、一定の制限を設けたりとか、また市民に対するまあ還元策、というようなものを求めさしていただきたいということで、ま、今回このような形で提示をさしていただいたところでございます。

◆やまね/あのー、まあ民民では制限がかけられないというお話でありますが、あのまあ前回言われてたのは今もおっしゃっていただきましたけど、まあ周辺にスポーツ施設があるということで「スポーツ施設に適した土地」であるということですとか、「景観上の問題」、それから「近鉄が京都市にしか貸さないという意向がある」、あるいは「市民のスポーツ振興に寄与できる」、こういうことだったと思うんですけども、例えばですね、「スポーツ施設に適した土地」ということで言いますと、まあ周辺は確かにそうなんですけども、この場所自体はですね、えー「不成形でスポーツには場所・形が悪いので既存の公園エリアも対象にした」と、いうことです。で、あの「景観上」のね、問題ということも言われるんですけども、あのー景観に関わる問題を理由にするんであればですね、あのー市内のいろんな事業者、企業のみなさんが、自己負担でですね、看板を直してきたと、こういうこともあるわけですよ。で、そういう景観をね、理由にするんであれば、なぜ、そういう企業、事業者のみなさんからしたらですね、「自分たちは自己負担で直して、近鉄はこんなに優遇されるんだ」というね、感情が出ても不思議ではないと思うんです。しかも公園部分も合わせて対象にしているわけですから、私は、明らかに特定の企業を利するものではないかと思うんですけども、この点についての認識、もう一度お聞かせいただけませんか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、えーまあ、あの、先般もお話をさせていただきました。当初、あそこの場所で太陽光発電というような計画があったわけでございます。えー我々といたしまして、本市といたしましても、えー太陽光発電施設、まあそれ自体があかんていうわけではございませんが、あの場所にはそぐわないという考え方のなかで、土地の所有者である近鉄さんのほうにはその見直しを求めさしていただいたところでございます。えーそういったなかで、まあ当然あの、企業さんの土地でございますので、有効活用というような部分については企業としては当たり前かなというふうに思うんですけれど、ま、そのなかで、えーどういった施設、整備が考えられるのか、というような部分のなかで、まあ先ほど申し上げましたように、えー単純に企業さんとか民民さんだけと違って、やはりまあ我々としても、スポーツ施設、関連施設というような部分の考え方もございました。そういったなかで、まあ周辺の環境、またあの地域へのいろいろなまあ協力関係っていう部分も必要になろうかとございますので、そういった観点からまあ、えー本市が、間に入らさしていただいたうえでの対応策、というのを検討さしていただいたところでございます。

◆やまね/あのーまあ「民民では制限がかけられない」というお話をされるんですけど、これはしかしね、あのー逆に、あのー近鉄の思うままに制限をかけられてしまってるんじゃないかというような印象も受けるんですよ。であのー、京都市のね、出すお金がゼロであってもですね、こうやって議会へ報告をされているわけですしね、いろんな調整もされていると思うんで、あの、当然京都市にも、いろんな職員のみなさんもですね、手間や労力もかかっていると思うんです。で、あのそこで、ちょっとお聞きしたいんですが、このように、こういう民間のですね、土地をですね、京都市が借りて、で、第三者に又貸しをするというような事例というのは、過去にあるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーまあ、今回みたいな形ではないですけれど、ま、例えばJRさんの敷地の部分を、ま、高架下とか、そういった事例のなかで、活用されるようなケースはあるというふうにはあの聞いてございますが、あのーまあこういうような、事例ていうのは、ま、数は少ないところでございます。

◆やまね/あのーまあJRの話が少しいま出ましたが、そしたらちょっとあの、こういう事例があるのか、もしあの、一覧(資料を)出していただけたらありがたいんですけども。いかがでしょう。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーちょっとあの、確認をさしていただいたうえで、えーまた、ご報告をさしていただきたいと思います。

◆やまね/でーあの、今回の件で言えばですね、近鉄側はまったく損をしないと思うんですよね。でー、ま、現状では活用されていない土地をですね、京都市に有償で借りてもらって、しかもそれ、えー民間で直接やりとりするんじゃなくてですね、京都市が間に入るわけですから、いろんなリスクも回避できると、えー思います。で、事実上、行政が、特定企業の収入・利益を長期にわたって保障することになります。で、私もう一つお聞きしたいのがですね、今回の件は、あのいま少しお聞きしましたが、例外的な、あくまでものなのか、それとも、今後もこういうね、事例が起こりうるのか。どう考えておられるのかをお聞きしたいと思うんです。例えばですね、民間の持て余している土地があって、それをじゃあ京都市がこういうふうに有償で借りてですね、また第3者に貸すと、場合によっては京都市の土地も一緒に使ってくださいというような、こういうことが、今後も起こってくるのはですね、どうも、えー、どうなのかなという思いもしておりまして、こういう前例をですね、えー安易につくっていいのかと、思うんですがその点はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーまあご指摘の部分につきましては、それぞれのあの公共性とか、市民のためにというようなあの観点が、必要やと思います。えー、その民間の土地を行政が借りてというようなケースはなかなか少ないところでございます。えー例えばまああの関東あたりで、民間の土地を借りて保育所を活用するっていう事例はあのお聞き及んでございますけれど、えーまあ、そういった部分のなかで、公共性が確保できるような場所、またその立地条件等、いろいろなまあ制限はあろうかと思います。えーご指摘のように何でもええというようなわけではございません。えー市民の、まああの先ほど、市民にとって、えー良いものができるとか、そういった部分の観点のなかでの、えーケースバイケースの、まあ、判断が必要かというふうには考えてございます。

◆やまね/あのーまあ公共性の確保ということですけれども、で、そこでですね、あのー例えば今回のはですね、「既存の公園部分」も対象になってるわけですよね。で、あのー、今日実は私朝、現地へ行ってきました。で、あの、お城のこの北側はですね、あの先日しげ議員(自民)もおっしゃっていたように、本当に散歩の、朝の散歩コースになっておりまして、たくさんの市民の方が、今日も歩いておられたんですけども、あのー既存の、このお城の北側のところもですね対象になりますから、もしグラウンドを作るとなったら、かなり大量に木を伐採することになると思います。で、私はですね、この伏見桃山城運動公園にスポーツ施設を設置するということであればですね、もう少し公園全体の、計画も、しっかり議論する必要があるんじゃないかと、思いました。で、例えば、あの伏見のランドマークともなっています、お城の部分、天守閣の部分についてはですね、耐震の問題で現在は閉鎖中になっておりますが、この建物が、現状なかなか使えない状況をですね、大変残念に思っておられる市民の方もたくさんおられます。例えばこういうお城の部分について、改修の予定なんかがあるのかどうか。それから、かなりきれいなトイレもできてますけども、屋外トイレについてはですね、やはりもっといいものにしてもらいたいという改善を求める声も以前お聞きしましたし、そういうことを含めですね、公園全体をどう市民のみなさんが利用しやすいものにするかという議論を、やはりすべきじゃないのかと。単品で、あのー議論するような問題ではないんじゃないかと思うんですが、その点はどうでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのまあ今回も、ご指摘を踏まえまして、あのーまあ、検討をあらためてさしていただきたいというようなことで、えーいろいろなご意見を、えー地元の方、利用者の方々、えーそういったご意見も踏まえたなかで、えー、ま、いろいろな提案を求めさしていただきたいな、というふうに思ってます。えーおっしゃるように、えー既存の公園の部分の活用については、まあこれは絶対条件ではございません。えー当然まあそういう、えーそちらのほうを活用するとなれば、一部木の伐採ということも出てくるというふうには認識してございますが、えーそれを、上回る効果が出てくるのかどうか、ていうのも大きな判断材料やというふうには思ってございます。まあ我々スポーツの観点からというような視点もございますけれど、えー当然公園機能、えーそういった市民の憩いの場であるのも事実でございますので、トータルの部分のなかで、えー最終の、その選定ていう部分については、えー検討さしていただきたいなというふうには思ってございます。

◆やまね/えーそれからですね、あの「今後の取組」についてもいくつかお聞きしたいと思います。で、あの、(委員会資料に)「事業者への意向確認の実施について」というふうにありまして、えー「できるだけ多くの事業者に対して、事前に情報提供し、意向確認を行います」とあるんですけども、この「事前に」というのは、公募前に京都市から声をかけると、いうことなのか、まあ、すでにいくつか手をあげておられる、えー事業者があるのか、ちょっとそのあたりがわかりにくかったので、説明いただけたらと思うんですが。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ今回、えー、まあお時間を頂戴しまして、えーまあ我々のほうも、えー先般の8月9日の委員会後、まあ一般的な見地からでございますけれど、えー民間のスポーツ企業とか、そういう施設整備が可能なのかどうかっていうような、まあ意見聴取というのはしておったところでございます。えーただし、今回あのえーもっと、具体的な形のなかで、えーいろいろな意見を、まあ聞かさしていただきたいなというふうには思ってございます。えーまあスポーツの部分についても、まあ昨今ではいろいろな種目という部分もございますし、えー単に事業者のみならず、あのー先ほど申し上げましたような、市民の方々のご意見やらも踏まえて、えー最適な、まあ整備案、また事業者の選定という部分について、検討さしていただきたいと思ってるところでございます。

◆やまね/えーそれから、スポーツ関係者、市民、あるいは住民のみなさんの意見を、声を聞くというのは、本当に大切なことだと私も思います。で、そこで、ここで言っておられる「競技団体」というのは、どういう範囲で考えておられるのか。現在利用されている団体のみなさんのことを指しておられるのか。それからあと、「近隣住民への聞き取り」というふうにあるんですが、これもですね、どういう範囲で、どういうやり方で行おうと考えておられるのか。周辺はですね、あのこれ(運動公園全体は)非常に広い敷地ですので、例えば桃山学区、桃山東学区、藤城学区などが、あると思うんですけども、あのこの周辺といった場合に、どういう範囲でどういうやり方で声を聞こうと考えておられるのか、そのあたりはいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、えー、まあ競技団体のほうの関係でございます。えーまあ京都市への、体協さんやらに所属されている競技団体さん、というイメージでございますが、えーただし立地条件的にまあ、屋外スポーツを中心にまあご意見を聞かさしていただきたいなというふうには考えておるようなところでございます。えーまたまあ、近隣という部分につきましては、えーまあ隣接してるというような状況であれば、えー藤城学区さん、えー桃山学区さんがございます。えーそういったところの、えー自治会の役員さん等にまあご意見を聞かさしていただきたいなというふうには思ってるところでございます。

◆やまね/えーそれからその「検討会議」ですかね、「5~6名の検討会議を立ち上げる」ということなんですけども、このメンバーがどういう構成になるのか、これもですね、結局どのようにして市民のみなさんの声を、まあ吸い上げると言いますか、反映させる仕組みになるのか、このあたりはいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えー私どものほうであります、えーまああの、スポーツリエゾンの会議の先生方、えーまた、えー、まちづくりの有識者、えー財務の専門家の方々等を、あのいま対象として考えてございますのと、えーまあ市民公募の、えー委員さんも選ばさしていただいたうえで、ご意見を聞いてまいりたいと、いうふうに考えてございます。

◆やまね/えー専門家のみなさんと市民公募も含めてということですね、わかりました。それから最後に、あのもう一点、お聞きしたいんですけれども、あのー、このなかで、スポーツ競技団体、それから桃山城運動公園や北堀公園の地域体育館の利用者へアンケートを行うというのが、あるんですけども、この本当に市民の声はぜひ大事にしていただきたいと思います。で、その場合ですね、この第3駐車場の活用についての意見はもちろんあると思うんですけども、それと合わせてですね、先ほども少し言いましたけども、既存の運動公園、あるいは地域体育館への要望が、出る可能性も、想定されると思うんです。で、前回の議論でもありましたが、「野球場のスコアボードやダッグアウトを直さなければいけない」という声も紹介されておりましたし、つい最近ですね、私も市民の方からお聞きしたのは、「野球場のスタンドに屋根がない」と。「日差しをよけるものがないので家族や応援に来た人たちにとっては非常につらい」、こういう声がありました。多目的グラウンドを使っておられる方もですね、「日差しをよけるものが少なくて夏は大変」と、いう声がありました。で、今日、私行きましたら、多目的グラウンドの東側にですね、3人がけのベンチがだいたい6つほどありまして、20人くらいは座れてですね、そこにまあ屋根は少しついてるんですけども、ただ全体的にはやはり日差しをよけるスペースっていうのは非常に少なくて、なかなか夏場は大変だなというのが印象であります。で、私は、「市民のスポーツ振興に寄与する」ということでしたら、ぜひそういう声についてもですね、改善をはかっていただきたいと、受け止めていただきたいと。で、「第3駐車場については声を聞くけども、既存の施設については声を聞かない」っていうことではですね、市民のみなさんの共感もですね、得られないと思いますので、ぜひ運動公園全体の、先ほども答弁ありましたけども、運動公園全体の改善についても、あるいは計画についても、あのこれを機会に考えていただきたいと思うんですけど、えー最後にその点うかがって終わりたいと思います。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、えー、まあ、ご指摘の部分につきまして、今回あの第3駐車場の活用について、あの利用者の部分に、アンケートをさしていただきたいというふうに考えてございます。えーいま議員ご指摘のように、まあ既存の施設の部分につきましては、えー伏見桃山城の運動公園だけのお話ではないのかなというふうには思ってございます。えーまあ昨年度、市民スポーツ振興計画の見直しのなかでも、まあ多くの方から、パブリックコメント等をいただいたなかで、まあ、多くのご意見をたまわってるところでもございます。えーあらためて、ただし、施設の部分についてもこの間、「十分じゃない」というようなご意見を多々いただいてございますので、えーここだけに限らず、えー市内のスポーツ施設全般の部分について、まあどういうアンケート調査がいいのかとか、そういった部分につきましては、今後検討さしていただきたいというふうに思っております。

◆久保議員・委員長(公明)/それでは、先ほどやまね委員のほうからありました、「土地を又貸ししている事例の資料」については、理事者、提出をできますか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)すいません、あの、先ほどあのちょっとJRというようなお話をしました。あのーちょっとそういった部分が、あのー、確実な部分ではございません。あのー調べたうえで、えー資料が出せるかどうかを踏まえて、ご報告をさしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

◆吉井議員(自民)/あの、その質問、私、前さしてもろて、「ない」って報告受けてますけど。さっきの答弁、気になったんですけど。どうなんですか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)すいません、あの、まあ、民間の場所というか、あの、まあ、先ほどちょっとJRさんというような部分で、えー、JRさんの場所を活用した事例があるというふうには、耳にしておったんですけれど、ちょっとあらためまして、えーまあ、今回のスキームというような形ではございませんが、えーそういった部分で、あのあらためてちょっと、えー確認をさしていただきたきます。すみません。

◆吉井議員(自民)/じゃあ私に言わはったことはウソやったということですね。その後私には何もないし。そのへんどうですか。

(→瀬川・スポーツ担当局長)まことに申し訳ございません。あのー私どものほうで、現時点で各当さしていただける情報がございませんので、吉井先生にはご迷惑をかけたことになっておるようでございまして、まことに申し訳ございません。あの、きちっとしたことを調べさしていただきたいというふうに思いますので、どうぞご理解よろしくお願い申し上げます。

◆久保議員・委員長(公明)/それでは、いまございましたので、もう一度しっかり調べていただきまして、ご報告をお願いできますか。委員会資料として提出をいただくことで、どうでございますか。

◆井坂議員(共産)/あの答弁がね、二転三転するっていうのはね、非常に好ましくないと思うんですよ。だから、あるかないか調べて、ない場合やったら、きちんと「ない」という形でね、資料出してもらわないと、中途半端にね、類似的なケースで「こんなんがありますわ」じゃなくて、今回のような、明確に、「民間の土地を京都市が借り受けて第3者に貸し出す」というようなね、そういう便宜をはかっているものが、類似的な対応があったのかどうかと、なかったら「ない」ということできちんと出してください。

(→瀬川・スポーツ担当局長)申し訳ございません。えーきちっと調べて、えー資料として提出させていただきたいと思います。あるなしを含めて提出さしていただきたいと思います。

◆久保議員・委員長(公明)/わかりました。そうしましたら、いまございましたとおり、あるなしも含めまして、えーしっかりと資料として、委員会資料として提出を求めることといたします。理事者のみなさんにおかれましては、なるべく早くご提出いただきますようお願い申し上げます。

2016年9月6日【くらし環境委】文化市民局/理事者報告「旧伏見桃山城キャッスルランド第3駐車場の活用に係る今後の取組について」への質疑

(更新日:2016年09月22日)

京都府のスタジアム建設計画を考える

ハートピア京都で行われた京都府のスタジアム建設計画を考える学習懇談会(主催:日本共産党京都府会議員団)に参加しました。私も、サッカーファン、スポーツ関係者の声を紹介しながら、意見を述べさせていただきました。

◆京都市会議員のやまねと申します。「誰もがスポーツを楽しめる社会を作りたい」というのが私の活動の原点であり、京都市議会でもスポーツ施設の充実をめざす論戦に取り組んでいます。私自身、サッカーファンの一人であり、京都サンガを応援している一人でもあります。私からは、サッカーファン、スポーツ関係者のみなさんの声を紹介しながら、いくつか意見を述べさせていただきます。

◆まず、先ほども会場からご発言がありました、今回の問題を論じる際に「サッカースタジアムという呼び方はやめてほしい」ということについてですが、これは私も同感です。正確には「球技専用スタジアム」であると思います。サッカースタジアムと言うと、何かサッカーが悪者扱いされるような、誤解を招く表現になると思います。この問題の本質は、サッカーが悪いのではなく「スポーツを口実にした府民不在の巨大開発」であるというところです。そのことがサッカーファンのみなさんにも正確に伝わるような表現にしなければいけないのではと思います。

◆京都府のスタジアム建設計画について、私自身の意見ですが、これは先ほど光永府議、成宮府議の報告にあったとおりだと思います。実は「用地調査委員会」、私はほぼ毎回傍聴してきました。報告で指摘されていたように、そこでは「亀岡市しかない」「ぜひ亀岡市に」という結論は一度も出ていません。京都市、城陽市、亀岡市、交通利便性や建設費や防災問題など、「どこも一長一短だなあ」というのが全体の声だったんです。そして先ほど来、みなさんが指摘されているように、環境(アユモドキ保全)、水害対策、財政負担などの点を見ても、現在の計画はどう考えてもおかしいと。スポーツ振興の本来あるべき姿とは明らかに違います。ですから共産党府議団の提案どおり、現計画はいったん白紙にもどし、議論し直すというのが大事なことだと思います。

◆私自身が一番感じてきた問題は、現在の計画は、あまりにもサッカーファンや市民の声が置き去りにされているということでした。そこで「サッカーファンのみなさんは実際のところどう思ってるんだろうか」「直接声を聞いてみよう」と考え、数年前、議員になる前のことですが、京都サンガの試合前に、阪急西京極駅前に立ち、「突撃サポーターアンケート」に取り組みました。全4回で約200人の方から声を聞くことができました。サンガサポーターのみなさんですから、ほとんどの方がスタジアム建設には賛成です。大事なのはその中身です。「西京極(陸上競技場)は、陸上トラックがあるので観客席からピッチが遠く、どうしてもサッカーやラグビー観戦には不向きだ」「より良い環境で子どもたちにスポーツを見せてあげたい」という声が多くの方から寄せられました。これは紛れもなく切実な府民要求の一つであると思います。例えば、相撲には土俵があります。野球には野球場があります。それぞれの競技にそれぞれ一番ふさわしい環境があります。「京都にも球技専用スタジアムがほしい」という大きな声があることは間違いないことだと思います。

◆同時に、こんな声もありました。「新しい施設ができるのはいいが、障害者の使えるスポーツ施設が少ないのを何とかしてほしい」。あるいは、「普段使っている運動公園のグラウンドや体育館の管理がほったらかしにされている」。あるいは、「スタジアムはつくってほしいが亀岡はあり得ない」などです。「西京極には屋根もなく、オーロラビジョンもない(数年前はまだありませんでした)。トイレも古い。照明塔の柱が邪魔してピッチが見えない席もある。現在の西京極を改修してほしい」という声もありました。Jリーグクラブ関係者にも話を聞きましたが、「サンガの練習場(城陽市)と亀岡市は距離が離れている。移動距離と時間が選手の負担にならないか心配だ」という声もありました。このように、専用スタジアムを実現してほしいと願うみなさんの中にもさまざまな思いがあります。

◆ですから私は、「府民不在の巨大開発」であることを告発・批判することと合わせて、「どうやったらスポーツ関係者のみなさんの切実な願いを実現できるか」という角度の論戦も必要だと思います。「本来スポーツ行政が果たすべき役割とは何か」「日本共産党はスタジアム建設、スポーツ施設の整備についてどう考えているか」を、多くのみなさんに知っていただくことが大切ではないでしょうか。スタジアム建設の議論は京都に限ったことではありません。北九州、広島、山形など、各地で計画や声が上がっています。東京オリンピックに向かうなかで、この流れがよりいっそう強くなる可能性もあります。全国的な意味を持った問題です。「本当のスポーツ振興とは何か」を問う論戦を、京都市議会の中でも大いに取り組んでいきたい。私自身の決意もこめて、発言とさせていただきます。ありがとうございました。

(更新日:2016年09月10日)

どうなる?キャッスルランド第3駐車場と桃山城運動公園(2016年8月9日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/いまの吉井議員(自民)のお話も聞きまして、そうだなと思うところがいっぱいあったんですが、あのーまずですね、この(資料)「(近鉄から)太陽光発電施設として整備・活用するとの連絡があったが、スポーツ環境に適した土地であることと、景観上の視点で見直しを要望した」ということなんですけども、この第3駐車場について、これまで「スポーツ施設等の整備をしてほしい」というような、これまでですね、京都市から要望されてきたようなことはあったんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーこれまで、あのー、この当該地につきましては、平成15年1月に、まあ伏見桃山城キャッスルランドが閉園の後、えーその他の地域につきましては今京都市のほうが近鉄さんから土地をお借りして伏見桃山城運動公園という形で活用しておりますが、えー当初から近鉄さんのほうは、「当該地は自分らで何か事業をして収益を確保する施設」ということで、京都市への貸付の対象除外にされてございましたのと、えーこの間、具体策を検討された結果が、えー太陽光発電をされるというような判断がされたところでございます。

◆やまね/わかりました。それであのー、学校法人としてはですね、この近くの京都橘ということなんですが、私も高校サッカーのですね、関係者の方にお話をうかがったことがあるんですが、たとえば強豪校となったらですね、本当にあのー部員がですね、100名を超えるような部活もあると、いうことで、レギュラーの選手だけじゃなくてですね、一人ひとりの選手の活動の場をどう保障するのかっていうのは、どう練習場所を確保するかっていうのは切実な問題だとうかがっております。そういうまあ事情がね、あるというのも、それは認識をしているんですが、ただ先ほどの吉井議員のお話もありましたけども、今回の公募の対象範囲がですね、その第3駐車場部分と、で、近鉄がいま固定資産税を納めていない既存の公園部分が入っていると。ということで、んーまあここがほんとに先ほどもお話を聞いていてものすごくややこしいというか、わかりにくいなと思ったんですが、あのー、たとえばね、このいただいた資料見ますと、貸付範囲について「既存公園部分の一部(最大9200平米)を第3駐車場と併せて活用する提案も可能」と。いうことで前提にはなってないと思うんですね。「ただし、一体的に活用する場合は、自らの経費負担で、整地、通路、電柱~」と。この文面からするとですね、先ほども答弁の中で「(既存の公園部分を)必ず活用することを義務付けてはいない」ということで、「一体的に活用しない場合」もあるということになると思うんですが、で、それならですね、もうまさに先ほどあったように、たとえば第3駐車場だけの活用となった場合は、京都市がわざわざ間に入る必要があるのかと。で、民間事業者の場合でも、あるいは学校法人の場合でもですね、なぜ京都市がそこに、間に入らなければいけないのか、もう一つ私も理解ができないんですけども、たとえばまあ先ほどあった「グラウンド整備には面積が足りない」とかそういう事情があったりとかですね、あるいは「公園部分を京都市の費用負担なく整備してもらえる」と、こういうまあメリットからそういう判断をしたのか、ちょっとそのあたりがなかなかわかりにくくて、もう一度ご説明いただけませんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまず一点目、あのーまあ土地のエリアの部分でございます。えーまあお話ございましたように、えー第3駐車場のこの赤色の格子塗りの部分だけの活用というのも、一つの、えー募集の中身の対象としますし、えー先ほどご説明しましたように、ちょっとここの場所が不成形な形でございますので、まあスポーツをするのには、えー施設としてはちょっと場所が、形が悪いという部分で、ま、えー既存のエリアも含めた、たとえばまあサッカー場とか、他の施設をつくるにあたっても、えーそういった部分が対象可能にということで、こういう仕組みに、えーさしていただいてるところでございます。えーまたあのー、指摘のように、まあ単に、えー、近鉄さん、土地所有者である近鉄さんと第三者さんが契約をされるという部分について、えーまあ先ほどもお話をさしていただいたように、まず近鉄さんのほうがそれを念頭にされてないというのがいまの実情でございます。えー加えまして、まあ本市が、えー、こういう形でえー間に入ることによって、やはりあの市民に対するいわゆる還元策のメリットが享受できるという部分は、私どものほうもスポーツの振興の立場からは、一定の大きな効果かなというふうには考えてございます。えーそういったなかの部分で、ま、今回こういう近鉄さんから、まあ私どものほうが土地を借りて、まあそれを公募のうえで、えー適切な事業者さんのほうに、えー貸付をさしていただくというようなスキームで考えているところでございます。

◆やまね/あのーまあ近鉄がですね「京都市以外には貸さない」んだって言うんですけど、でも京都市はそっからまた貸すわけですから、あまり意味が、理解がちょっとし難いというのが率直なところです。で、あの貸付料についてですけれども、年間あの920万円とのことなんですが、これはあの、第3駐車場と既存公園部分すべてを合わせての金額ということでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの、まず土地の値段につきましては、もう920万円の評価は第3駐車場の部分だけでございます。いま既存のエリアにつきましては、近鉄さんのほうからその他の土地もそうですけれど、えー京都市のほうに、まあ固定資産税と相殺という形で、えーいま無償でお借りをさしていただいているようなところでございますので、えーその部分につきましては、生かした形で考えてございます。えーただしあの金額だけの問題でなしに、えーこの大きさによって土地を貸し付ける面積に応じて、市民へのいわゆるメリットの提示を、えー金額以外で出していただくことを、まあそれが市民のスポーツ振興に寄与する中身になるというような考え方のもとで、まあ今回えー、こういうような募集の内容にさしていただいているところでございます。

◆やまね/はい、あとですね、今後のスケジュールの中で、あのー、地域住民や市民のみなさんへの説明はどういう段階でされるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあこういう公募の段階の中で、えー具体的にこれから検討会議の中で募集要項とかそういった部分をまあ専門家のご意見もまあ踏まえて固めさせていただきたいなと。えーまあ地域の学区の方々には、えー説明はしていく予定はございますし、えー具体的にまあ今後、ここで何をするのかという事業については、これから募集の上で、えー出てきた事業者さんの、えー中から選定するというふうな形になりますので、まあ最終的には、その事業者と内容が固まったうえでのまあご説明というふうには考えてございます。

◆やまね/えー最後にしますけれども、あのー、たとえばですね、午前中の議論で土壌汚染の問題があったんですけど、まあここは別にね、廃棄物がということではないんですが、たとえばこの資料の中でも、「法に規定する特定施設に該当しないため調査は未実施」と、いうことになってるんですけども、ただこの周辺はですね、あのたとえば乃木神社ですとか、あるいは御香宮とかですね、伏見の水を汲むことができるね、大変有名なスポットですから、あのたとえ現在の土壌に問題がなくてもですね、工事による影響が何かしら出るんではないかというような不安の声がですね、周辺の地域の方から寄せられることも十分考えられると思うんですが、まあ、それが大丈夫だというような、たとえば資料なんかは今後出していただけるのかどうか。その点はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーまず一点、土壌汚染のここ(資料)に記載さしていただいてますのは、そういう当該地域でないところは基本的にこういう表記で、えー「実施をする必要がないという地域にあってます」という表記の内容でございます。えー当然あの工事やらそういった開発をする時については関係法令とか適切な対応をしていかなければならない部分でございますので、えー当然、選定された事業者についてはそういった部分をきちっと守っていただいたうえで対応することをしていただきます。(土壌汚染の資料について)えーそういった部分を調査する必要がないという地域でございますので、えーそういった資料自体がございませんので。えーちょっとお出しするようなものはないような状況でございます。

2016年8月9日【くらし環境委】文化市民局/理事者報告「旧伏見桃山城キャッスルランド第3駐車場の活用について」の質問

(更新日:2016年08月10日)

スポーツ施設の改修責任は「指定管理者」「行政」どちらにある?(2016年8月9日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/7月の委員会でもたくさんの意見が出された横大路運動公園の問題ですが、あのその時の答弁でですね、「指定管理者への指導徹底」「日常管理の強化をしたい」というお話がありましたので、先日あらためて私ども現場を確認しに行きました。で、確かに改善されているところもありましてね、草が生え放題となっていたベンチとテーブルがですね、まあこう、上に、コンパネというかパネルをはって対応されていると。ま、こういうこともされていたわけなんですが、で、7月の委員会の担当局長の答弁の中でですね、「これまでは予算の範囲内でできることとしてやってきたんだけども、根本的にはいまの維持管理経費では不十分ということで、予算を取れるようにがんばりたい」という答弁もあったわけです。

で、そこでまずお聞きしたいんですが、あの平成27年度からですね、昨年度から、市の「運動公園等運営費」、運動公園に関わる運営費がですね、それまでの約7億円程度あったものが、5億円ほどに少なくなってると。で、ただこれはスポーツ振興室のほうにお聞きしましたら、単純に運動公園、あるいはスポーツに関するお金が減ってるということではなくて、施設の利用料、これを指定管理者が直接まあ収入として得られる「利用料金制度」の導入に伴うものですと、いうことをお聞きしたんですけども、そういう理解でよかったでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、えーご指摘の、あの指定管理者制度の関係でございますが、あのちょっといまおっしゃっておられたちょっと数字もあのちょっと誤解があるのかなと思います。えー27年度から指定管理者制度、新たな4年間の指定をさせていただきまして、えー今までも一部の施設は利用料金制度をひいておりましたけれど、えーあらためて大半の施設について、まあ利用料金制度を導入をさしていただきました。えー26年度までは9億6000万円くらいの指定管理者の料金を予算を組んでございましたが、えー27年度が、ま、5億4000万くらいの部分で、えー約、利用料金をそのまま指定管理者のほうに入れるということで、4億円ぐらいの、えー、いわゆる指定管理料という予算については、減ってるというわけじゃないんですけれども、ちょっと仕組みが変わってるというような形になってございます。

◆やまね/えー指定管理料としては、まあ4億円ぐらい、そしたら減ってると、いうことですね。で、まあ単純にそのスポーツ、運動公園のお金が減ったわけではないとのことだと思うんですが、でーただですね、これまでその運動公園等の管理費・運営費として出されていたお金が少なくなってですね、まあ利用料金なんかでまかなっていくということになりますと、あのーこれはですね、私は、たとえば立地条件等でお金が儲かる施設は、設備改善、あるいは独自事業なんかがね、どんどんされていくけれども、そうでない施設っていうのは、不十分な状況があってもですね、なかなか改善に手が付けられないと、こういう状況になってしまうんではないかと思うんですけども、その点はご認識はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ一昨年、指定管理者の利用料金制により、新たな枠組みの中でさしていただいた時には、その従前からのいわゆる利用料金の金額、また当然行政のほうが払ってます指定管理料やらを加味するということと、えーエリア別に、まあそれぞれ収益が上がる施設があったりとか、まあ収益率が悪い施設というのがあるのはこれは事実です。えーそういった組み合わせの中で、えーたとえば収益のいいところについては指定管理料をかなり安くしておったりとか、えー収益性が見込めない、ただし維持管理には経費がかかる部分については指定管理料を多く、えー配分したりというような形の中で、えー従前からのバランスも踏まえたなかでの対応はさしていただいているようなところでございます。

◆やまね/えー私はですね、いま問題になってるのは、同じ京都市の公共施設でありながらですね、施設間に格差が生じているのが問題だと思っています。で、えーお聞きしたのは、たとえばアクアアリーナやある地域体育館ではトレーニングルームにですね、トレーナーを配置をされているとお聞きしました。で、その一方でですね、私たちが拝見をしました横大路の体育館のトレーニングルームていうのは、大変お粗末な状況でですね。で、先日行った時には、たまたまそこで偶然トレーニングをされていた方がおられてお話を聞くことができましてね、で、「ここ(横大路)は使える機器が何もない」と。「腹筋を鍛える機器はあるけれども、使い方を説明するボードも掲示されていないし、説明する人もいない」と。「普通の人は使い方がわからず怪我をするかもしれない」、こうおっしゃっていました。それから「ウォーキングマシーンはカセットテープが使用可能なほどレトロなもので、役に立たない」と。もう本当にね、あの厳しいご意見をあらためて頂戴を致しました。で、あのこれはですね、京都市のホームページで公開されている資料です、数字ですが、「体育館の稼働率」があると思います。で、同じ伏見区内の北堀公園地域体育館、これは平成26年度で83・6%の稼働率なんですが、横大路運動公園はですね同じ年に56・3%なんです。で、これはだいたい同じあの数字になっております。ですから、立地条件や施設が充実しているかどうかがですね、利用率にも表れると思うんですね。そういうなかで「利用料を収入にできるから」ということで運営費を減らす。まあ先ほどね、えー収益の高いところは少なくしているというお話もあったんですが、やはり同じ京都市の公共施設ですから、市民のスポーツをする権利を保障するという角度から見ればですね、行政の責任をもっと果たしていただきたいと、このことを思います。で、そこでお聞きしたいんですが、この指定管理者がおこなう「維持管理業務」としてですね、「建築物保守管理業務」あるいは「設備機器管理業務」という項目があったんですが、このスポーツ施設の建物、あるいは機器類についての責任というのは、これは誰にあるのか。あのたとえば指定管理者が整備しないといけないのか、いや、設置者である京都市が本来はしなければいけないのか、これはどうなっているでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの、最初にちょっとお話がございました横大路体育館の利用率、地域体育館より低いということなんですが、横大路の体育館についてはいわゆる競技用の施設ということで、まあ若干規模は違いますが西京極のハンナリーズアリーナ等と同等の位置づけで、まあ大会等に対応する施設でございまして、ええまあ、あのー、市民の利用施設のいわゆる地域体育館というところについては稼動が高いですが、やはり規模が大きかったりという、料金も若干異なりますので、まあそういった部分で稼動率。えー、ただしハンナリーズアリーナ等も平日の利用率、また休日の利用率についても大差はございませんので、ええ、ちょっとその旨はご報告をさしていただきたいと。えー、それと加えまして、指定管理者によるいわゆる設備の管理の責務の部分でございますが、基本的に区体とか、大規模な施設の管理については、これは設置者でありますまあ行政のほうの管轄になりますが、付属の設備等とかで、えーいわゆる指定管理者が業務をするために必要な機器類とか、日常管理的な部分については指定管理者さんのほうで対応していただいたりとか、あとまあルール的には、えー100万円未満のいわゆる設備改修、いわゆるまあ電灯とか消耗的な設備、えーそういった部分についてはまあ指定管理者さんのほうで対応していただいているというのが実態でございます。

◆やまね/わかりました。あの大規模なものは市の責任でやるけれども、日常的なもの、でまあ具体的に数字も言っていただいたんですが、100万円未満のものはですね、指定管理者のほうでしていただくと、えーいうことでありました。で、指定管理者のみなさんもですね、現場で本当にがんばっておられると思うんですね。で、ただですね、やはり「数年たったら、ひょっとしたら別の指定管理者に変わるかもしれない」というなかでは、やっぱり自前でですね、大きなお金をかけて施設を改善していくっていうのは、やはり大変なことだと思います。ですから「設備改修がどうしても後回しになる」というのが、指定管理者制度の問題点として指摘されていることです。で、一つ、私あの資料を要求をさせていただきたいんですが、いま言っていただいた、あの、100万円を超える規模の、京都市が責任を持って行うことになっている設備改修とかですね、ま、たとえば機器の整備について、指定管理者からはどれくらいの報告、要望が寄せられているのか、で、実際にどこまでこれまで進められたのか、その一覧をですね、ぜひリストにしていただけないかと思うんですがいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えー100万円以上の要望があった項目・・・ということで・・・よろしいんですか。

◆やまね/あのーいま、先ほどの答弁では、100万円未満のものは指定管理者が日常的に直していくと、で、100万円、それ以上のものは京都市がやることになってるという趣旨の、あのお話だったと思うんですけど、これまで指定管理者から、こういう100万円以上かかるから京都市でやってくださいとかですね、報告が寄せられているものがあると思うんですが、それの一覧をぜひリストがほしいんですけど。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのちょっとそれ確認して、あのーまたご報告をさしていただき、あのーまあ日々日常管理の中で、まあ当然設備の区体の関係とかは私どものほうが要望されるまでもなく、えー一定の支障が出たりとかすれば、改修していくっていうような形になってございますので、えー何もかもが指定管理者さんから要望があって対応してるのと違うのと、えーまた我々も指定管理者さんのほうと日々連携しながら、要望という形を取らなくても通常の話し合いの管理の中でこれがこうよというようないろいろな議論をしながら対応してるのが実情でございますので、ちょっといまおっしゃってられるような要望に基づく対応という部分ではなしに、まあ私どもも、こういう施設整備を対応したというようなリストはちょっとあの、一応あのひらってみたうえであの対応さしていただきたいと。

◆やまね/あのーまあ要望ということで上がったっていうことだけでなくてですね、あの私お聞きしたのはね、「100万円以下は自前でおこなって、100万円以上は指定管理者のほうから報告してもらうことになってる」と、そういう設備が改修が必要なときは。で、その場合でも、当然すぐにね、もちろん財源の話もありますから、当然全部いきなり「じゃあやります」とはならないんで、あの「指定管理者から報告を受けた分を優先順位をつけて」ですね、で、「少しずつやってる」んだというお話を局の、あの振興室のほうから聞いておりますので、それだったらどういう改善、改修がいま問題になってて、で、京都市としてどこまで手をつけられてるのか、そこをリストにしてくださいと、言ってるんですが。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あの、この間の、まあ2~3年の実績の部分で、対応したようなケースでっていうことでよろしいですか。

◆やまね/あのできれば指定管理者制度が導入されてからの分をぜひ出していただければありがたいんですが。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーちょっとあのー数字の件数も含めて、いま私もちょっと直ちにその件数やらとかそのリストが確認できるような状況ではございませんので、確認の上ご連絡をさしていただきたいと思います。

◆やまね/はい、あの最後にします。あの先日ですね、私ども議員団で他都市調査に行きまして、長野県の松本市へ行ってまいりました。で、ここはですね、市民のみなさんの自主的ないろんな活動を支援する公共施設や体制が非常に充実しているということで行ってきたんですが、人口24万人の街にですね、35の公共施設があると。で、これは市役所の出張所や公民館、それから地域福祉の拠点という機能を併せ持つ施設が、存在をしてですね、それ以外にもいろんなスポーツ施設があるわけです。で、私は市の職員さんから聞いたお話で、大変大事だと思ったのがですね、「公共施設に来られる方は市民活動の情報と合わせ『行政のことを知りたい』と。いろんな助成金や制度上のことも知りたいという方がたくさんおられるんで、そういう話をしっかりできる人がその施設にちゃんと配置されているということが、市民の活動を支援するうえで大変大事です」と、言っておられたんですね。で、「公設公営のメリットを生かしたい」と担当職員言っておられたのが非常に印象的でした。で、スポーツ施設についてはですね、「トレーニング機器のある施設に専任の人員が常時配置され使い方など教えてもらえる」、で、この間申し上げてきました、これは車椅子バスケットの話ですけど、「体育館の床に傷をつける恐れのあるスポーツについては使用可能な体育館を指定している」ということでした。これは市の責任で。で、「施設の管理運営は指定管理者だが市が責任を持って対応している」と。ですから、指定管理者制度のもとであっても、適切な人員配置、相談体制、施設の整備というのはですね、もっとね京都市が、責任をはたすべきではないか。これはもっと改善が求められていると思うんですが、その認識を最後お聞きしたいと思いますがいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのー、ま、ちょっと松本市の状況はあれなんですけど、松本市の総合体育館はたぶん指定管理者制度で運営はされているとは思います。えーまあ、本市もまあ同じような対応かなとは思うんですけれど、えーあの指定管理者さんのほうとは私どもも当然一定の契約の中で対応してございますけれど、日々連携を取りながらしてございますので、え、たとえば施設の利用等につきましても、指定管理者さんまかせに私どもがしているわけではございません。えー当然いろいろなケース、そこが直営の職員であろうが、指定管理者さんの職員であろうが、あのやはり相談することは私は同じかなというふうには思ってございまして、そのなかでどういうふうな対応ができるのかっていうのは、えーあくまで私ども指定管理者さんも指定のパートナーというふうには理解してございますので、議論をしながら、どういった方法が一番市民にとっていいのかというのは、常日頃、あの直ちに何もかもできてるわけではございませんけれど、そういう議論の中で運営をさしていただいておりますので、えーあのいまおっしゃってられるような指摘の部分で、指定管理者やから直営やからというようなのではないものかなというふうにはあの認識してございます。

◆やまね/あのーまあ今日はですね、今朝はリオオリンピックの体操の団体の金メダルという大変嬉しいニュースも飛び込んできたわけですけども、あのやっぱりね、地域体育館であるとか、運動公園の充実ですよね、で、これがやっぱりスポーツ人口を増やして、底辺を増やして、で、それが競技スポーツの向上にもつながると、私は思っています。ですから、市民のスポーツをする権利をやっぱり保障していくためにですね、あらためて公共施設の管理・運営については、本当にね、今のやり方が正しいのか、これが本当に市民のみなさん、利用者のみなさんにとっていいのかどうかね、これはあらためて考え直すべき時に来ているのではないかなと、このことを指摘して終わりたいと思います。

2016年8月9日【くらし環境委】文化市民局一般質問「スポーツ施設、公共施設の運営管理における指定管理者制度について」

(更新日:2016年08月09日)

障害者スポーツ・電動車椅子サッカーで使用できる施設の拡大を(2016年7月19日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/まず障害者スポーツにおける体育館の使用についてですけれども、あの先日、左京区高野にあります京都市障害者スポーツセンターで電動車椅子サッカーの練習を見学をさせていただきまして、関係者の方からお話をうかがう機会がございました。で、障害者スポーツに取り組むみなさんにとってはですね、日常的な練習場所の確保というのが切実な問題となっております。それであの、この関係者のみなさんは、たとえば「地域のコミセンなどの体育館が使えるようになれば」と、こういう思いも持っておられるわけですけども、なかなかそれが実現していないのが現状と。で、そこで、今年3月17日のくらし環境委員会、昨年度の委員会になりますが、ここでですね、京都市が保有する体育館についての議論がございました。その時の答弁を少し振り返りますと、体育館の使用制限について、「定義上、特段定めはないものの、バレーボールのポール、ハンドボールのゴール、卓球台、バドミントンのネット」などですね、競技固有の条件があると、いうお話と、それから「床・フロアに傷がついたりとか、壁に穴があいたりとか、まわりに迷惑をかけるような場合はお断りするケースもある」と、こういうお話だったと思うんですね。で、そこであの、現在ですね、体育館を使えない競技がある理由としては、あのそういう中身だと、いうことで理解していいのかどうか。まあ確認だけでけっこうですので、まずよろしいですか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのただいま、あのお話ございました、えー各体育館等での利用の制限という、あの、いまご指摘ございましたように、ま、特段の定めがあるわけではございませんが、えー、体育館のあのフロアへのまあ支障の問題とか、当然設備機器の制限とか、そういった部分を踏まえて、えー、まあ、それぞれの競技ごとによって判断をさしていただいているというような状況でございます。

◆やまね/えーそのうえでですね、えー京都市の「市民スポーツ振興計画・改定版」にはですね、新規項目として、えー「競技ニーズの多様化に対応して、障害者スポーツへの対応を含め、各施設(主として体育館が多いと思うんですが)で、受入可能な競技種目の拡充を検討します」と、いうふうにあります。で、あの、スポーツ振興室のほうからも私、説明をいただきまして、「どういうやり方でやればできるのかを探っている。いろいろな対応していきたいという観点を持っている」というお話も聞かせていただきました。そこでもう少しお聞きしたいんですが、この「各施設で受入可能な競技種目の拡充検討」というのは、具体的にですね、今後どういう対応をされていくのか。たとえば「このスポーツは大丈夫だけれども、このスポーツはちょっと難しいかな」とかですね、「このスポーツをやる際にはこういう対策が必要ではないか」ということで、いまもし議論、検討されている競技があれば、いくつかご紹介いただけないでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいまお話がございましたように、あのどのスポーツの競技というよりも、あの一つの例でございました、やはりあの既存の施設はまだちょっとあれなんですけれど、えー今後施設の新規とか、改築をするときに、まあ床のフローリング材っていうのが、かなりいま進歩をしてきてございます。えーそういった部分の改修やらも、えー今後の部分の中で、えー研究・検討をして、えーまあ当然予算の話もございますけれど、えー踏まえながら、えーなかなか傷がつきにくいとか、そういうような部分をまあ考えていきたいなというふうに思ってございますのと、えーいま現在私どものほうが取り組んでございますのは、えーそれぞれ、障害者スポーツだけと違って、新たなニュースポーツとか、いろいろな競技がいまかなり出てきてございます。えー器具を使われたりとか、そういった部分の中で、それぞれご使用される方々と、どういう使い方をすれば傷がいかなかったりとか、えー他に支障がなかったりというのを、えーその都度、協議をしながらまあ対応をさしていただいて、まあできるだけ、えー多くの方々に、まあご利用、あのしていただけるような部分を、まあちょっといま工夫をしながら取り組んでいるようなところでございます。

◆やまね/あのー、で、まあ、えーたとえば具体的にはですね、私あのお聞きしたのは一輪車とか、バトントワリングとかですね、インラインスケートとか、フットサル、車椅子バスケ、こういうまあいろんなスポーツについて、いまあの議論もしてるというようなお話も聞きました。で、あのー、たとえば、冒頭申し上げました、電動車椅子サッカーについては、そういうなかで議論されたことなんていうのはあるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの特に電動車椅子というよりも、車椅子競技の部分については、あのーまあ細かい部分のお話は別としまして、やはりあの競技のなかで、えー車椅子が転倒すると、やはりあの金具やらがございますので、まあ床に傷がつくというような形でございます。なかなかちょっとそれの対処方法というのはいま見出してございませんので、えーまあ、今後そういうような機器の進歩とか、まあ先ほど申し上げました、えー設備の進歩、そういった部分のなかで考えていきたいなというふうには思ってございますのと、いまもまあご紹介ございました、個々の部分については、えーたとえば器具にカバーをつけて、えー床に傷がつかないとか、安全の確保ができるとか、そういったような細かい部分の工夫も含めていまあのそれぞれ協議をしながら、取り組んでるようなところでございます。

◆やまね/あのまあ車椅子競技全般ということでひとくくりにされたわけですけども、で、まあ、いまもおっしゃっていただいたようにですね、車椅子を使う競技については、その「床に傷がついてしまうんじゃないか」という不安がですね、心配が当然あると思うんですが、そしたらですね、これまで、この左京区高野の京都市障害者スポーツセンターの体育館でですね、電動車椅子サッカーの練習や試合によって床に傷がついて修理が必要になったということはあるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ障害者スポーツセンター、あの保健福祉局さんのほうの所管でございます。あの我々が直接管理しているわけではございませんが、まあお話を他の施設も含めて聞いておると、えーまあ、傷がつくような部分とか、まあささくれがあるようなケースもあると、いうようなお話は聞いてございます。えー先ほどちょっとご答弁の中で、まあ車椅子全般というひとくくりという部分で申し上げてしまいましたけれど、あのそれぞれ、使い方の部分は、あるのは我々も承知してございますので、えーそれぞれ競技の中身とか、その利用のルール、えー対応の方々、そういった全般のなかで判断はさしていただいているような状況でございます。

◆やまね/で、あの、まあ保健福祉局の管轄だということとですね、他の施設からそういうふうなお話を聞いているということがあったんですが、あのこの電動車椅子サッカーについて言えばですね、あのー10年以上もう活動されておりまして、昨日今日始まった競技ではないわけですよね。で、この10年以上活動されているなかで、そういう「修理が必要になったようなことは一度もない」と、おっしゃってるんですよ。で、これなぜかと言いましたら、ルール上も、あのそうなっております。たとえば「最大時速は6km」と。国際大会になりますと時速10kmまでというようなことが決まってるそうなんですが、国内でやる分には6kmしか出ない。それから「ボールの半径3m以内には同じチームの人が入ってはいけない」と、こういうルールもあります。「ぶつかったら、ボールを挟んで押し合うようなことがあれば、それはその時点でファールになる」と。だからルール上ですね、転倒もしないと。「床に傷がつくなどありえない」と、おっしゃっておられました。で、私はこれはね、あのいろいろいまいろんなスポーツについて検討されていると思うんですが、この電動車椅子サッカーの問題について言えば、難しい何か検証がいるような話じゃなくてですね、実際に練習を見学していただいて、関係者の方からお話を聞けばすぐわかることだと、思います。で、なぜこれがですね、他の体育館でも使用できないのかというのが大変疑問に思います。で、3月の委員会で、こういう答弁もございました。「新しい競技が広がり現場の指定管理者の職員も知らないスポーツも出てきている。そういった場合は、事前に『こういうようなやり方でします』と窓口の職員と相談していただいて、対応できるものであれば極力対応するよう指示している」と。で、「現場で判断がつかない場合には、私ども(スポーツ振興室)のほうと(指定管理者で)協議したうえで、またご返答さしていただくような対応をしている」とのお話があったと思うんですけども、で、この、電動車椅子サッカーの体育館使用について、指定管理者のほうからは、そういうご相談があったということはないんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーすいません、あのちょっと私の知る限りでは、特段その件についての、まあ相談があったという部分は、まあ承知はしておらないんですが、あの車椅子競技というような中身で言えば、あの、話が何回か過去にあったていうのは私も記憶してございます。あのー車輪の部分のゴムの部分がすれて体育館のフロアにゴム跡がついたりとか、えーまあ先ほどの転倒の話やらという部分があるというふうなことでは承知してございます。あのいまご指摘ございましたように、本当にあの支障がないという部分、それはあの協議をしたうえでの話やと思いますので、我々もあの、何もかも最初っから、えー、ノーという部分ではございませんけれど、その使用の仕方とか、えーそういった実態の部分とか、そういった部分を踏まえたうえで、えー特段の問題がなければ、ご利用ができることはできるというふうには思ってございますので、えーいまご指摘ございましたような話がございましたら、えーまた私どものほうも相談をさしていただいたうえでの対応を、まあ判断さしていただきたいと思ってございます。

◆やまね/えーまあぜひ検討をしていただきたいと思うんですが、あの電動車椅子サッカーの関係者の方からこういう声もお聞きしております。「ある地域のコミセンを1度練習で使わせてもらった」そうです。で、その時にですね、「これからも定期的に使わせていただけませんか」と、指定管理者に聞いたところ、「西京極にある体育協会のほうに聞いてほしい」と言われたと。で、そこで体育協会のほうに聞いたら、「そこは指定管理者がやっているので連絡して回答させます」と。こういうことだったそうですよ。で、しかしね、「数年待っても返事がない」と、言われてるんです。こういう事例についても把握はされていないんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーすいません、ちょっとその、細かい事例の部分までは承知はしてございませんが、あのコミセンの体育館とおっしゃってられるのは、いま私どもの体育館という理解でいいんですね。まああの、基本的に体協さんのグループであったり、ビバさんのグループであったり、まあ共通した指定管理者さんになってございますので、えーそれぞれの意見調整やらは、まあ日々しておるような状況やとは、あの理解はしとるんですけれど、あのまあ、その話があれば私どものほうも確認をしながら、えー対処はさしていただきたいというふうに思います。

◆やまね/で、まあこういうですね、行き違いといいますか、問題が実は現場では起こっております。で、私はここに、なぜこういうことが起きるのかということで、一つ問題だと思ってますのは、あの、指定管理者制度の下でですね、市民のみなさんが体育館使用について相談をする相手はですね、京都市でなくて、それぞれの施設の指定管理者ということになってるんですよね。で、京都市に言えば相談にのってもらえるってんじゃなくて、まず各施設に相談しないといけないと。そして使用できるかどうかは「指定管理者の判断」ということになります。で、あの、この点でスポーツ振興室に、いまあのお答えもありましたけど、教えてもらったのがですね、「市の体育館の指定管理について、市内全部で一括して募集すると手があがらない可能性もあるんで、地域ごとにやっている」と、いうお話も聞きました。ですから現状はですね、京都市の体育館の運営管理をですね、いくつかの民間団体や企業さんがおこなっていると思うんですね。で、しかし、京都市の作っている「市民スポーツ振興計画・改定版」に、先ほど私申し上げましたように、「各施設で受入可能な競技種目の拡充検討」という文言があって、市の文書に、で、先ほども、いま言っていただいたようにですね、実際に指定管理者とも連携していただいてですね、いろんなスポーツの使用可能な競技についても相談していただいているわけですよ。ですから、それだったら私は、運用基準、あるいは市民から寄せられる相談についてはですね、これは「指定管理者まかせ」という言い方が正しいのかわかりませんが、私はもう少し京都市自身がしっかりと対応するべきではないのかなと思っているんですけれども、その点はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいまご指摘ございました、あの私どものほうも指定管理者まかせにしてるわけではございません。あの当然窓口という意味の中では、まあ指定管理者さんのほうが現場で第一義的に対応していただいてございます。えー日常の部分についてはそちらのほうで迅速な対応をしていただくということでございますが、えーそれぞれ課題等がございましたら私どものほうと調整をしながら、えー対処はさしていただいてございますので、えーまあ当然、本市と致しましても指定管理者さんと、えー連携を取りながら、えー対応をさしていただいているとともに、まあ今回のこの市民スポーツ振興計画の改定版につきましても、えーそれぞれの、まあ施設管理者、あの指定管理者さんのほうにも、えーお配りをさしていただいて、えーその周知、熟知というような部分につきましてもはからしていただいているところでございます。

◆やまね/あのー、まあ、窓口、それから、えー迅速な対応と、で、その中で私どもとも調整をというようなお話をしていただいたんですけれども、ま、迅速な対応どころかですね、全然情報がね共有されていないという、現状があるということを認識をしていただきたいと思います。で、あの「管理委託制度」と違って、「指定管理者制度」というのはですね、施設の権限と実務の範囲について、「設置者である地方公共団体は管理権限の行使は行わない」というものだと思うんです。ただ、「設置者としての責任を果たす立場から必要に応じて指示等を行う」とありますから、そういう立場で、おそらく連携をですねされているとは思うんですけどもね、しかし、私は現状ではその設置者としての責任を京都市が果たせているのかと、疑問に思っています。で、あの、市民の方がですね、「問題はないから使わせてほしい」と、こう指定管理者に実際に相談したのに、何年も返事が返ってこない、一方で京都市は「施設の使用については指定管理者の判断」と、こういう立場になってるわけですから、これは、利用者の方からしたらですね、とても不親切な状況になってるんじゃないかということを思います。で、運営管理を民間がすることはあったとしてもですね、市民から寄せられた相談についてはね、京都市がもっと役割を果たすべきじゃないかと思うんですけど。いかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあくり返しになりますけれど、あの私どものほうも指定管理者まかせにしているわけではございません。あの、その都度、個々協議をしながらの対応をさしていただいてございますので、えーまあそれぞれの対応の中で、あの本市、または指定管理者、連携を取りながらの対処をさしていただいてございます。

◆やまね/私がなぜこの問題にこだわっているかということなんですけど、あの電動車椅子サッカーの競技、実際に練習風景も見させていただきまして、本当に感動致しました。で、それはですね、あのこの電動車椅子サッカーというのは、寝たきりの人でもですね、手・足・口・アゴ、こういった部分を駆使して電動車椅子を操作できる方なら誰でもできるスポーツと。で、たとえば脳性まひ、筋ジストロフィーなど最重度の障害者の方でもですね、できるスポーツということで、これまでスポーツをすることさえあきらめていたみなさんがですね、「これなら自分にもできる」と始められる方も多いということなんです。で、これがどういう意味を持つかと。たとえば、学校の日常生活、体育の授業でも、みんなと同じようにですね、体を動かせないけれども、ここに来ると本当に自分自身が主人公になれると。「水を得た魚のようだ」と保護者、関係者の方も言っておられましたが、選手がですね実際に監督も務めて、練習メニューも自分たちで作っておられるんです。ですから本当に自分自身が主人公になって、プレーヤーとして活躍できると。ですからあの、そういう同じ立場の人が同じ目標を持ってですね、力を合わせる、本当に素晴らしいことだと私は思うんですね。で、あのこれは、障害者のみなさんの生きがいや、人生に関わる問題だと思うんです。そのスポーツを公共施設でできるのかどうかという問題ですよね。で、京都市として、何もしてないわけじゃなくてですね、先ほども答弁いただいたように、指定管理者と連携もしてですね、相談もしてもらってるわけです。ですから、それなら、そういう蓄積されているいろんな知識であるとか、使用するための対策・方法、それから、このスポーツならこの施設を使用可能だと、いうような情報をですね、もっとオープンにしていただきたい。で、あの、市民のみなさんからの相談には京都市がきちんと対応していただきたい。なぜかと言いましたら、それぞれの施設の指定管理者っていうのは全部同じところがやっているわけじゃないですからね、あの、京都市の全体像、施設の状況を一番知りうるのは京都市なんですよ。だからその京都市が、設置者として、もっと責任を果たしていただきたい。で、私はいまの指定管理者制度の下でも、いまのやり方っていうのは改善をするべきだと思っていますので、ぜひ検討いただきたいと思います。

もう一点。スポーツ施設へのエアコンの設置についてお聞きしたいと思いますが、まずあの、地域のコミセンの体育館へのエアコン設置状況は、いまどうなってますでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいま現在私どものほうで管理をさしていただいています体育館につきましては、えーすべていまエアコンが入っているような状況でございます。

◆やまね/はい、ありがとうございます。えーコミセンの体育館についてはすべてエアコンが入っていると、これはあの素晴らしいことだと思うんです。ですから、こういうあの地域のコミセンの体育館もですね、やはりニュースポーツや障害者スポーツのみなさんもですね、できるかぎりたくさんの方に使えるように検討していただきたいと思います。で、それではですね、障害者のみなさんが使用されているスポーツ施設の現状はどうかということで、南区の「京都市障害者教養文化・体育会館」にはエアコンがありません。で、ここはですね、関係者の方に聞きましたら、「名神高速道路のインター近くなので他府県の方には大変行きやすいということで喜ばれる。しかし夏と冬、京都の厳しい暑さ厳しい寒さの季節はとても使えない」ということでありました。で、なぜかといいましたら、障害者の方はですね、体温調節が難しい方もたくさんおられますので、切実な問題です。で、この施設は保健福祉局の管轄ということで聞いているんですが、なぜ今年度もエアコン設置、空調設備の改善が進まなかったのか。スポーツ振興室としてこの問題をどう考えているか、お聞かせいただけませんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーいま、おっしゃっておられました、いわゆる京都市障害者教養文化・体育会館、あのーまあ、先生ご指摘のように保健福祉局のほうの所管の施設でございまして、えー私どものちょっとそのエアコンの状況やらは把握はできていないという部分でございますが、あの先ほどのご質問も含めて、私どもスポーツ振興全般というふうな形の中で、えー保健福祉局さんとか、また教育委員会さんとも連携を取りながら、取り分けこの障害者スポーツ、まあもうご指摘の通りでございます。えー障害のある方々のやはり生きがいとか、スポーツを通じてそういうような社会生活、自立というような部分にも大きく寄与しているものでございます。えー私どもも、スポーツの観点から保健福祉局さんと連携を取りながらしておるというようなところもございますし、まあただし、あの専門的な、あのいろいろな対応策っていう部分も必要になります。えーそういった部分は、えー保健福祉局との連携を取りながら、えー障害者の方々のスポーツ振興についても、連携・協力をはかってまいりたいというふうに考えてございます。

◆やまね/あのまあ、エアコンの状況については把握できてないっていうお話があったんですけどね、あのー今年3月の、えーこれスポーツ振興室の資料で、市民スポーツ振興計画・改定版に寄せられた市民意見ていうのがあります。で、その回答があるんですけどね、「障害者教養文化・体育会館の空調設備を改善してほしい」という意見に対してきちんと答えておられます。「本市の厳しい財政事情により、早急の設置は難しい状況ではありますが、夏場の異常な高温による熱中症等が発生している中、健康管理の面からも冷暖房設備の設置は必要であると考えております。当面の対策として、レンタル空調機や簡易なパッケージエアコン等の設置を検討しております。将来的には、本格的な冷暖房設備の設置を検討してまいります」と、答えておられるんです。ですから、「管轄が違うから」ってことじゃなくてですね、まあ連携というお話も言われたんで、ぜひね、管轄が違ったとしても、そういうしっかりと情報共有をして、連携をしていただきたいと。で、保健福祉局のほうに私問い合わせました。で、そうしますと、「平成28年度は汚水の浄化槽を下水道に接続する工事を優先しなければいけなかったので、空調設備の整備はできなかった。しかし私たちも認識している。ぜひ次こそは」と、大変前向きな考えを回答されました。ぜひ実現をしてもらいたいと思いますし、スポーツ振興室からのほうからもですね、あらためてそういう働きかけをしていただきたいと思います。で、もう一つ、教育委員会所管の「京都市こども体育館」がありますが、ここもエアコンがありません。で、この施設を使う時にはですね、「会議室で涼みながらやる」とか、「とんでもない暑さだった」という声を市民の方から聞いております。これも教育委員会に問い合わせましたら、「エアコン設置は検討していない」と。「小学校の体育館もエアコンはついていないなかで子どもたちはやってる」というような話をされたんですよね。しかし、私は、こういう施設にですね、しっかりと空調がきちんと整備されれば、それだけでね、新しい施設を何かドーンと作るんじゃなくても、夏冬に気持ちよく使える施設が増えるわけですから、これはスポーツを所管する部局として、保健福祉局や教育委員会とも本当に連携を取っていただいてですね、ぜひとも改善をしていただきたいと。で、空調だけではなくて、バリアフリーの問題ですとか、使いやすい料金の問題ですとか、ぜひとも連携を強めていただきたいというふうに思っております。

あの最後にしますが、えー前回の、先週の委員会でですね、横大路運動公園、それからその体育館の現状に、多くの委員の方からも意見が出されました。局のほうから「予算を確保できるようがんばりたい」という答弁もあったわけですけれども、私はあらためて、京都市のスポーツ行政の役割というのがいま問われていると思っております。で、あの、京都マラソンには大変大きな力入れておられると。それは私は悪いことではないと思うんですが、その一方でですね、横大路で見たように市民のみなさんがスポーツ活動をされている場所がね、事実上まあほったらかしにされているような状況がある。体育館の使用についてもですね、指定管理者に相談しても何年も返事がないということがあると。で、障害者のみなさんがですね使用される施設にエアコンもないと。私はこれは、状況はね、やっぱり放置してはいけないと思うんです。市民のスポーツ活動を支援する、その環境整備に力を入れるのは、やっぱりスポーツ行政の大事な仕事だと思いますので、ぜひともがんばっていただきたいと、求めておきたいと思います。

最後にあの、この当委員会に提案をしたいことが2つございます。今年度はですね「スポーツ振興」「スポーツ施設」というのが年間のテーマに設定されまして、で、横大路運動公園の視察も行われたわけですけれども、私あのこの視察をですね、横大路だけじゃなくて、引き続き、京都市の文化市民局が所管する他の施設でもぜひ行っていただきたいと。で、たとえば、京都市に感謝されている声も私はたくさん聞いているんです。たとえば先ほどの京都市障害者スポーツセンターについてはですね、「障害者は無料で使えるので大変ありがたい」と。私もあらためて見させていただいて感銘しましたのが、「トイレのバリアフリー」がですね、大変素晴らしいんですよね。障害者スポーツセンター。トイレの個室ごとに形が違っていてですね、あのさまざまな障害を持っている方に対応できる、そういう施設になってて、「素晴らしい」と市民の方も喜んでおられるわけです。ですから、こういう充実している施設、あるいは不十分なところ、これをもっとですね、共通認識にして議論すれば、より中身のある実のある議論ができるんじゃないかと思います。それからもう一つは、あのスポーツの専門家の方ですね、現役のスポーツ選手や引退された方、あるいは研究者の方でもけっこうなんですけど、そういう方や、あるいはスポーツ団体や利用者のみなさんから、現状や課題を直接聞くことのできる機会をぜひ委員会として作っていただけないかと。この2つの提案をさしていただいて、終わりたいと思います。

(→松田・市民スポーツ振興室長)すいません、提案のお話の前の話の部分でございます。あのまず一点、これだけちょっとあの、いまやまね先生にもご承知いただいている障害者スポーツセンターとか、子ども体育館、それぞれスポーツの機能がございますが、えーそれぞれ障害者福祉とか、教育という観点もございますので、単にスポーツだけでないという施設になってるという部分はご承知をいただきたいなということと、ちょっとあの、先ほどあのコミセンの体育館というようなお言葉がございましたけれど、えーいま「いきいき市民センター」という部分と、私どものほうとしては「京都市の地域体育館」というような名称でさしていただいておりますので、その点だけちょっとご了解を賜りたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。

2016年7月19日【くらし環境委】文化市民局/一般質問「障害者スポーツにおける体育館の使用について、スポーツ施設へのエアコン設置について」

*質問動画はこちら→https://youtu.be/_uzpsF75L8U?t=5m27s

(更新日:2016年07月21日)

Page 1 of 212