活動日誌

京阪鳥羽街道駅のバリアフリー化、駐輪場設置の実現を(2016年7月21日/まちづくり委・都市計画局&建設局・山本陽子議員)

◎都市計画局への一般質問「京阪鳥羽街道駅のバリアフリー化について」

◆山本議員/これまでも議論されてきたが、鳥羽街道駅のバリアフリー化は実現されていない。どういう段階なのか。

(→西山・土木技術担当部長)駅、交通施設のバリアフリー化については、平成24年3月に「バリアフリー全体構想」を策定。そのなかで現在3000人以上の利用者がある駅を対象に平成32年度までに完了するよう取り組んでいる。まずはその対象10地区11駅の完了に向け取り組みたい。鳥羽街道駅を含め3000人未満の駅のバリアフリー化についても課題として認識している。今後、国の動向、事業者の経営体力、本市の財政状況等を考慮し、市全体のバリアフリー化について議論する「全体会議」の議論を踏まえ検討したい。

◆山本議員/全体の計画の中では乗客が3000人未満ということで、まだ具体化の検討もされていない。ただ鳥羽街道駅は新十条・稲荷山トンネルの建設工事に関わる立ち退きなどいろんな事情の中で、3000人以上乗客があったものが徐々に減ってしまっている。3000人未満だが3000人近い乗客数。全体の中での位置づけは説明していただいたが、私も駅に行って「いまバリアフリー化されていない鳥羽街道駅がどのように運用されているか」を駅員さんに聞いた。「車椅子で乗車される場合は鳥羽街道駅での乗車は本来お断りしている」とのこと。「伏見稲荷駅か東福寺駅で乗車をしてください」と誘導・案内されている。降りる場合についても乗る時に「鳥羽街道駅では降りられません。伏見稲荷駅か東福寺駅で降りてください」と案内される。一人勤務体制ということで、駅員さんも朝7時から19時までの勤務で、それ以外の時間は無人となる。車椅子の方が来られてもそこでは乗れない状況にある。4月には「障害者差別解消法」が施行されたが、「障がい者のみなさん、車椅子のみなさんが鳥羽街道駅でも乗れるような合理的配慮が求められる」というのが法律の趣旨だ。実際に隣の駅へ誘導されるということは乗れないということであり合理的配慮がなされていない状況がある。努力義務とはいえ、こういった状況にあることをどう考えるか。

(→西山・土木技術担当部長)先ほども申し上げたように3000人未満の駅についてもバリアフリー化をしていくうえでの課題があることは認識している。そのなかで国、自治体(府・市)、事業者が負担しながらバリアフリー化を順次進めているところ。そのなかで国の動向等を踏まえながら取り組み検討していきたい。

◆山本議員/この間話を聞いてきて、そういった状況にあるのはわかっているが、個々の駅の特殊性について理解されていないと感じている。この鳥羽街道駅に面する下高松通の拡幅工事がいま行われ8月初めには供用開始というところにきている。道路や歩道がフラットになって拡幅されている(写真)。車椅子で通りやすくなったにもかかわらず、そこに面している鳥羽街道駅は利用できないという状況が続いていくことになる。また、新十条・稲荷山トンネルの上部の跡地活用、整備の計画が具体化していっている。本町通を挟んで2つの用地に高齢者福祉施設の公募がされるということで検討委員会の開催が通知されているが、「高齢者の福祉施設が間近なところで進んでいるのにその最寄りにある鳥羽街道駅はバリアフリーになっていない」という議論も保健福祉局(質疑)でされた。近隣の開発にふさわしい、この鳥羽街道の特殊性をしっかり認識していただきたい。

(→西山・土木技術担当部長)鳥羽街道駅は大阪方面のホームに入ろうとすれば、西側から地下道を通らないといけない状況も認識している。それも踏まえて下高松通等の道路整備も進んでいることもわかっている。そういったなかで実際に検討するにあたっては、老人福祉施設、学校、官公庁等々の生活関連施設についても当然考慮しながら検討していくことになろうかと思う。現地の状況は現時点で把握している。

◆山本議員/それでは高齢者福祉施設の検討にあたって、保健福祉局からそういった指摘はなされているか。

(→西山・土木技術担当部長)福祉施設の検討委員会を行うという情報提供はいただいている。今後も情報共有しながら検討は進めていくことになると思う。

◆山本議員/鳥羽街道のバリアフリー化は長年住民のみなさんの要求として掲げられてきた。全市を見渡してその特殊性というものをぜひ知ってほしい。今回、新十条・稲荷山トンネル上部の跡地活用にあたって最終局面を迎え、住民のみなさん(6町内)が環境委員会を設置され討議されている。そのなかで全世帯・約300世帯へアンケートが行われ89世帯から回答が寄せられている。そのなかで一番多かったのが「鳥羽街道駅のバリアフリー化」で53件から要望が寄せられた。住民のみなさんの強い願いであることも知ってほしい。新十条・稲荷山トンネルの工事、開通、下高松通の拡幅工事など、長年住民のみなさんは、自分たちの住環境が常に工事中だということで過ごしておられる。だからこそこの界隈のみなさんの「この工事が完成したら私たちの願いが実現されていくんだ」という、その実現にぜひ結び付けていただきたい。建設局のみなさんは長年工事と住民のみなさんと関わって、切実な願いや不満などをよく理解しておられると思うが、こういう思いを理解していただいて、最終的には鳥羽街道駅のバリアフリー化を早期に実現していただくようにぜひともお願いしたい。

(→西山・土木技術担当部長)何遍も申し上げるが、現在進めている平成32年度までの目標、10地区11駅をまずは完成させていきたい。鳥羽街道駅も含め3000人未満の駅のバリアフリー化も重要であると考えている。今後の国の動向を見ながら検討を進めていきたい。

◆山本議員/たしかに「計画の中の一つ」という位置づけの回答が毎回だが、やっぱり住民のみなさんの顔が見えるような理解をしていただきたい。もしこの先「3000人未満の乗降駅のバリアフリー化を国も指針として拡充していく」と認めなければ、「京都市はどうしていくのか」ということも問われてくる。そういったなかでバリアフリー化がなされないまま、この駅が放置されていくという問題を重く受け止め認識していただいて、早期実現というのを心にとめていただきたい。

◎建設局への一般質問「鳥羽街道駅前の駐輪場について」

◆山本議員/京阪鳥羽街道駅のご要望、駐輪場の設置についてうかがいたい。下高松通の供用開始が8月初めにはかなうと聞いている。新十条の稲荷山トンネルの開通工事や道路の拡幅工事に至る20年、近隣のみなさんは全体の整備計画の早期完成を望んでおられる。本町通をはさむ東西の用地は高齢者福祉施設としての活用が発表された。来年度には仮設の橋も撤去されてこの計画が完成する局面だが、最終段階には当初の住民のみなさんの要望も反映した整備計画が完成するということを目指されたいということで、駐輪場は長年住民のみなさんが求められていて、整備計画にも「駐輪場の設置」と規定されていたので、いまの協議の状況をまず聞きたい。

(→高松・道路建設部長)自転車を停められている方のほとんどが山本議員ご指摘の通り京阪鳥羽街道駅を利用されているということで、京阪電鉄に駐輪場を整備していただくように働きかけている。ただ、当該箇所は放置自転車等の台数が少ないので採算性を含めて現在京阪電鉄と協議を進めている状況。

◆山本議員/採算性の問題ということで実現への困難性が指摘されたが、近隣6町で構成されている環境委員会のみなさんが実施された全世帯アンケート。「地域活性化のために要望される施設は」という問いに、「駅前の駐輪場」が2番目に多い51件。全世帯の3分の1から回収され住民のみなさんの関心も本当に高い。駅前の駐輪場設置要望は根強い。下高松通の供用開始が始まり、仮設の橋も撤去されていって、公園の計画など順次完成されていく。最後の1~2年のふんばりをみなさんも期待されている。長きに渡る住民のみなさんの工事に対するご協力に対して、しっかりと当初の要望、目的を達成できるよう、京阪電鉄との協議を重ねてお願いしたい。決意はどうか。

(→高松・道路建設部長)事業については長いこと地元の方にご迷惑をかけている。やっと道路についてほぼ完成。おっしゃっている通り仮設の橋も来年とる。駐輪場含めた上部利用については、平成21年4月に地元に説明させていただいた計画に基づいて、地元のみなさまに説明したり意見を聞きながら進めてまいりたい。京阪電鉄にも駐輪場の必要性を訴え、ええもんができるようがんばりたい。

2016年7月21日【まちづくり委】建設局への一般質問「京阪鳥羽街道駅のバリアフリー化について」、都市計画局への一般質問「京阪鳥羽街道駅の駐輪場設置について」

(更新日:2016年07月22日)

障害者スポーツ・電動車椅子サッカーで使用できる施設の拡大を(2016年7月19日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/まず障害者スポーツにおける体育館の使用についてですけれども、あの先日、左京区高野にあります京都市障害者スポーツセンターで電動車椅子サッカーの練習を見学をさせていただきまして、関係者の方からお話をうかがう機会がございました。で、障害者スポーツに取り組むみなさんにとってはですね、日常的な練習場所の確保というのが切実な問題となっております。それであの、この関係者のみなさんは、たとえば「地域のコミセンなどの体育館が使えるようになれば」と、こういう思いも持っておられるわけですけども、なかなかそれが実現していないのが現状と。で、そこで、今年3月17日のくらし環境委員会、昨年度の委員会になりますが、ここでですね、京都市が保有する体育館についての議論がございました。その時の答弁を少し振り返りますと、体育館の使用制限について、「定義上、特段定めはないものの、バレーボールのポール、ハンドボールのゴール、卓球台、バドミントンのネット」などですね、競技固有の条件があると、いうお話と、それから「床・フロアに傷がついたりとか、壁に穴があいたりとか、まわりに迷惑をかけるような場合はお断りするケースもある」と、こういうお話だったと思うんですね。で、そこであの、現在ですね、体育館を使えない競技がある理由としては、あのそういう中身だと、いうことで理解していいのかどうか。まあ確認だけでけっこうですので、まずよろしいですか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのただいま、あのお話ございました、えー各体育館等での利用の制限という、あの、いまご指摘ございましたように、ま、特段の定めがあるわけではございませんが、えー、体育館のあのフロアへのまあ支障の問題とか、当然設備機器の制限とか、そういった部分を踏まえて、えー、まあ、それぞれの競技ごとによって判断をさしていただいているというような状況でございます。

◆やまね/えーそのうえでですね、えー京都市の「市民スポーツ振興計画・改定版」にはですね、新規項目として、えー「競技ニーズの多様化に対応して、障害者スポーツへの対応を含め、各施設(主として体育館が多いと思うんですが)で、受入可能な競技種目の拡充を検討します」と、いうふうにあります。で、あの、スポーツ振興室のほうからも私、説明をいただきまして、「どういうやり方でやればできるのかを探っている。いろいろな対応していきたいという観点を持っている」というお話も聞かせていただきました。そこでもう少しお聞きしたいんですが、この「各施設で受入可能な競技種目の拡充検討」というのは、具体的にですね、今後どういう対応をされていくのか。たとえば「このスポーツは大丈夫だけれども、このスポーツはちょっと難しいかな」とかですね、「このスポーツをやる際にはこういう対策が必要ではないか」ということで、いまもし議論、検討されている競技があれば、いくつかご紹介いただけないでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいまお話がございましたように、あのどのスポーツの競技というよりも、あの一つの例でございました、やはりあの既存の施設はまだちょっとあれなんですけれど、えー今後施設の新規とか、改築をするときに、まあ床のフローリング材っていうのが、かなりいま進歩をしてきてございます。えーそういった部分の改修やらも、えー今後の部分の中で、えー研究・検討をして、えーまあ当然予算の話もございますけれど、えー踏まえながら、えーなかなか傷がつきにくいとか、そういうような部分をまあ考えていきたいなというふうに思ってございますのと、えーいま現在私どものほうが取り組んでございますのは、えーそれぞれ、障害者スポーツだけと違って、新たなニュースポーツとか、いろいろな競技がいまかなり出てきてございます。えー器具を使われたりとか、そういった部分の中で、それぞれご使用される方々と、どういう使い方をすれば傷がいかなかったりとか、えー他に支障がなかったりというのを、えーその都度、協議をしながらまあ対応をさしていただいて、まあできるだけ、えー多くの方々に、まあご利用、あのしていただけるような部分を、まあちょっといま工夫をしながら取り組んでいるようなところでございます。

◆やまね/あのー、で、まあ、えーたとえば具体的にはですね、私あのお聞きしたのは一輪車とか、バトントワリングとかですね、インラインスケートとか、フットサル、車椅子バスケ、こういうまあいろんなスポーツについて、いまあの議論もしてるというようなお話も聞きました。で、あのー、たとえば、冒頭申し上げました、電動車椅子サッカーについては、そういうなかで議論されたことなんていうのはあるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの特に電動車椅子というよりも、車椅子競技の部分については、あのーまあ細かい部分のお話は別としまして、やはりあの競技のなかで、えー車椅子が転倒すると、やはりあの金具やらがございますので、まあ床に傷がつくというような形でございます。なかなかちょっとそれの対処方法というのはいま見出してございませんので、えーまあ、今後そういうような機器の進歩とか、まあ先ほど申し上げました、えー設備の進歩、そういった部分のなかで考えていきたいなというふうには思ってございますのと、いまもまあご紹介ございました、個々の部分については、えーたとえば器具にカバーをつけて、えー床に傷がつかないとか、安全の確保ができるとか、そういったような細かい部分の工夫も含めていまあのそれぞれ協議をしながら、取り組んでるようなところでございます。

◆やまね/あのまあ車椅子競技全般ということでひとくくりにされたわけですけども、で、まあ、いまもおっしゃっていただいたようにですね、車椅子を使う競技については、その「床に傷がついてしまうんじゃないか」という不安がですね、心配が当然あると思うんですが、そしたらですね、これまで、この左京区高野の京都市障害者スポーツセンターの体育館でですね、電動車椅子サッカーの練習や試合によって床に傷がついて修理が必要になったということはあるんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ障害者スポーツセンター、あの保健福祉局さんのほうの所管でございます。あの我々が直接管理しているわけではございませんが、まあお話を他の施設も含めて聞いておると、えーまあ、傷がつくような部分とか、まあささくれがあるようなケースもあると、いうようなお話は聞いてございます。えー先ほどちょっとご答弁の中で、まあ車椅子全般というひとくくりという部分で申し上げてしまいましたけれど、あのそれぞれ、使い方の部分は、あるのは我々も承知してございますので、えーそれぞれ競技の中身とか、その利用のルール、えー対応の方々、そういった全般のなかで判断はさしていただいているような状況でございます。

◆やまね/で、あの、まあ保健福祉局の管轄だということとですね、他の施設からそういうふうなお話を聞いているということがあったんですが、あのこの電動車椅子サッカーについて言えばですね、あのー10年以上もう活動されておりまして、昨日今日始まった競技ではないわけですよね。で、この10年以上活動されているなかで、そういう「修理が必要になったようなことは一度もない」と、おっしゃってるんですよ。で、これなぜかと言いましたら、ルール上も、あのそうなっております。たとえば「最大時速は6km」と。国際大会になりますと時速10kmまでというようなことが決まってるそうなんですが、国内でやる分には6kmしか出ない。それから「ボールの半径3m以内には同じチームの人が入ってはいけない」と、こういうルールもあります。「ぶつかったら、ボールを挟んで押し合うようなことがあれば、それはその時点でファールになる」と。だからルール上ですね、転倒もしないと。「床に傷がつくなどありえない」と、おっしゃっておられました。で、私はこれはね、あのいろいろいまいろんなスポーツについて検討されていると思うんですが、この電動車椅子サッカーの問題について言えば、難しい何か検証がいるような話じゃなくてですね、実際に練習を見学していただいて、関係者の方からお話を聞けばすぐわかることだと、思います。で、なぜこれがですね、他の体育館でも使用できないのかというのが大変疑問に思います。で、3月の委員会で、こういう答弁もございました。「新しい競技が広がり現場の指定管理者の職員も知らないスポーツも出てきている。そういった場合は、事前に『こういうようなやり方でします』と窓口の職員と相談していただいて、対応できるものであれば極力対応するよう指示している」と。で、「現場で判断がつかない場合には、私ども(スポーツ振興室)のほうと(指定管理者で)協議したうえで、またご返答さしていただくような対応をしている」とのお話があったと思うんですけども、で、この、電動車椅子サッカーの体育館使用について、指定管理者のほうからは、そういうご相談があったということはないんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーすいません、あのちょっと私の知る限りでは、特段その件についての、まあ相談があったという部分は、まあ承知はしておらないんですが、あの車椅子競技というような中身で言えば、あの、話が何回か過去にあったていうのは私も記憶してございます。あのー車輪の部分のゴムの部分がすれて体育館のフロアにゴム跡がついたりとか、えーまあ先ほどの転倒の話やらという部分があるというふうなことでは承知してございます。あのいまご指摘ございましたように、本当にあの支障がないという部分、それはあの協議をしたうえでの話やと思いますので、我々もあの、何もかも最初っから、えー、ノーという部分ではございませんけれど、その使用の仕方とか、えーそういった実態の部分とか、そういった部分を踏まえたうえで、えー特段の問題がなければ、ご利用ができることはできるというふうには思ってございますので、えーいまご指摘ございましたような話がございましたら、えーまた私どものほうも相談をさしていただいたうえでの対応を、まあ判断さしていただきたいと思ってございます。

◆やまね/えーまあぜひ検討をしていただきたいと思うんですが、あの電動車椅子サッカーの関係者の方からこういう声もお聞きしております。「ある地域のコミセンを1度練習で使わせてもらった」そうです。で、その時にですね、「これからも定期的に使わせていただけませんか」と、指定管理者に聞いたところ、「西京極にある体育協会のほうに聞いてほしい」と言われたと。で、そこで体育協会のほうに聞いたら、「そこは指定管理者がやっているので連絡して回答させます」と。こういうことだったそうですよ。で、しかしね、「数年待っても返事がない」と、言われてるんです。こういう事例についても把握はされていないんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーすいません、ちょっとその、細かい事例の部分までは承知はしてございませんが、あのコミセンの体育館とおっしゃってられるのは、いま私どもの体育館という理解でいいんですね。まああの、基本的に体協さんのグループであったり、ビバさんのグループであったり、まあ共通した指定管理者さんになってございますので、えーそれぞれの意見調整やらは、まあ日々しておるような状況やとは、あの理解はしとるんですけれど、あのまあ、その話があれば私どものほうも確認をしながら、えー対処はさしていただきたいというふうに思います。

◆やまね/で、まあこういうですね、行き違いといいますか、問題が実は現場では起こっております。で、私はここに、なぜこういうことが起きるのかということで、一つ問題だと思ってますのは、あの、指定管理者制度の下でですね、市民のみなさんが体育館使用について相談をする相手はですね、京都市でなくて、それぞれの施設の指定管理者ということになってるんですよね。で、京都市に言えば相談にのってもらえるってんじゃなくて、まず各施設に相談しないといけないと。そして使用できるかどうかは「指定管理者の判断」ということになります。で、あの、この点でスポーツ振興室に、いまあのお答えもありましたけど、教えてもらったのがですね、「市の体育館の指定管理について、市内全部で一括して募集すると手があがらない可能性もあるんで、地域ごとにやっている」と、いうお話も聞きました。ですから現状はですね、京都市の体育館の運営管理をですね、いくつかの民間団体や企業さんがおこなっていると思うんですね。で、しかし、京都市の作っている「市民スポーツ振興計画・改定版」に、先ほど私申し上げましたように、「各施設で受入可能な競技種目の拡充検討」という文言があって、市の文書に、で、先ほども、いま言っていただいたようにですね、実際に指定管理者とも連携していただいてですね、いろんなスポーツの使用可能な競技についても相談していただいているわけですよ。ですから、それだったら私は、運用基準、あるいは市民から寄せられる相談についてはですね、これは「指定管理者まかせ」という言い方が正しいのかわかりませんが、私はもう少し京都市自身がしっかりと対応するべきではないのかなと思っているんですけれども、その点はいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいまご指摘ございました、あの私どものほうも指定管理者まかせにしてるわけではございません。あの当然窓口という意味の中では、まあ指定管理者さんのほうが現場で第一義的に対応していただいてございます。えー日常の部分についてはそちらのほうで迅速な対応をしていただくということでございますが、えーそれぞれ課題等がございましたら私どものほうと調整をしながら、えー対処はさしていただいてございますので、えーまあ当然、本市と致しましても指定管理者さんと、えー連携を取りながら、えー対応をさしていただいているとともに、まあ今回のこの市民スポーツ振興計画の改定版につきましても、えーそれぞれの、まあ施設管理者、あの指定管理者さんのほうにも、えーお配りをさしていただいて、えーその周知、熟知というような部分につきましてもはからしていただいているところでございます。

◆やまね/あのー、まあ、窓口、それから、えー迅速な対応と、で、その中で私どもとも調整をというようなお話をしていただいたんですけれども、ま、迅速な対応どころかですね、全然情報がね共有されていないという、現状があるということを認識をしていただきたいと思います。で、あの「管理委託制度」と違って、「指定管理者制度」というのはですね、施設の権限と実務の範囲について、「設置者である地方公共団体は管理権限の行使は行わない」というものだと思うんです。ただ、「設置者としての責任を果たす立場から必要に応じて指示等を行う」とありますから、そういう立場で、おそらく連携をですねされているとは思うんですけどもね、しかし、私は現状ではその設置者としての責任を京都市が果たせているのかと、疑問に思っています。で、あの、市民の方がですね、「問題はないから使わせてほしい」と、こう指定管理者に実際に相談したのに、何年も返事が返ってこない、一方で京都市は「施設の使用については指定管理者の判断」と、こういう立場になってるわけですから、これは、利用者の方からしたらですね、とても不親切な状況になってるんじゃないかということを思います。で、運営管理を民間がすることはあったとしてもですね、市民から寄せられた相談についてはね、京都市がもっと役割を果たすべきじゃないかと思うんですけど。いかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあくり返しになりますけれど、あの私どものほうも指定管理者まかせにしているわけではございません。あの、その都度、個々協議をしながらの対応をさしていただいてございますので、えーまあそれぞれの対応の中で、あの本市、または指定管理者、連携を取りながらの対処をさしていただいてございます。

◆やまね/私がなぜこの問題にこだわっているかということなんですけど、あの電動車椅子サッカーの競技、実際に練習風景も見させていただきまして、本当に感動致しました。で、それはですね、あのこの電動車椅子サッカーというのは、寝たきりの人でもですね、手・足・口・アゴ、こういった部分を駆使して電動車椅子を操作できる方なら誰でもできるスポーツと。で、たとえば脳性まひ、筋ジストロフィーなど最重度の障害者の方でもですね、できるスポーツということで、これまでスポーツをすることさえあきらめていたみなさんがですね、「これなら自分にもできる」と始められる方も多いということなんです。で、これがどういう意味を持つかと。たとえば、学校の日常生活、体育の授業でも、みんなと同じようにですね、体を動かせないけれども、ここに来ると本当に自分自身が主人公になれると。「水を得た魚のようだ」と保護者、関係者の方も言っておられましたが、選手がですね実際に監督も務めて、練習メニューも自分たちで作っておられるんです。ですから本当に自分自身が主人公になって、プレーヤーとして活躍できると。ですからあの、そういう同じ立場の人が同じ目標を持ってですね、力を合わせる、本当に素晴らしいことだと私は思うんですね。で、あのこれは、障害者のみなさんの生きがいや、人生に関わる問題だと思うんです。そのスポーツを公共施設でできるのかどうかという問題ですよね。で、京都市として、何もしてないわけじゃなくてですね、先ほども答弁いただいたように、指定管理者と連携もしてですね、相談もしてもらってるわけです。ですから、それなら、そういう蓄積されているいろんな知識であるとか、使用するための対策・方法、それから、このスポーツならこの施設を使用可能だと、いうような情報をですね、もっとオープンにしていただきたい。で、あの、市民のみなさんからの相談には京都市がきちんと対応していただきたい。なぜかと言いましたら、それぞれの施設の指定管理者っていうのは全部同じところがやっているわけじゃないですからね、あの、京都市の全体像、施設の状況を一番知りうるのは京都市なんですよ。だからその京都市が、設置者として、もっと責任を果たしていただきたい。で、私はいまの指定管理者制度の下でも、いまのやり方っていうのは改善をするべきだと思っていますので、ぜひ検討いただきたいと思います。

もう一点。スポーツ施設へのエアコンの設置についてお聞きしたいと思いますが、まずあの、地域のコミセンの体育館へのエアコン設置状況は、いまどうなってますでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのいま現在私どものほうで管理をさしていただいています体育館につきましては、えーすべていまエアコンが入っているような状況でございます。

◆やまね/はい、ありがとうございます。えーコミセンの体育館についてはすべてエアコンが入っていると、これはあの素晴らしいことだと思うんです。ですから、こういうあの地域のコミセンの体育館もですね、やはりニュースポーツや障害者スポーツのみなさんもですね、できるかぎりたくさんの方に使えるように検討していただきたいと思います。で、それではですね、障害者のみなさんが使用されているスポーツ施設の現状はどうかということで、南区の「京都市障害者教養文化・体育会館」にはエアコンがありません。で、ここはですね、関係者の方に聞きましたら、「名神高速道路のインター近くなので他府県の方には大変行きやすいということで喜ばれる。しかし夏と冬、京都の厳しい暑さ厳しい寒さの季節はとても使えない」ということでありました。で、なぜかといいましたら、障害者の方はですね、体温調節が難しい方もたくさんおられますので、切実な問題です。で、この施設は保健福祉局の管轄ということで聞いているんですが、なぜ今年度もエアコン設置、空調設備の改善が進まなかったのか。スポーツ振興室としてこの問題をどう考えているか、お聞かせいただけませんでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)えーいま、おっしゃっておられました、いわゆる京都市障害者教養文化・体育会館、あのーまあ、先生ご指摘のように保健福祉局のほうの所管の施設でございまして、えー私どものちょっとそのエアコンの状況やらは把握はできていないという部分でございますが、あの先ほどのご質問も含めて、私どもスポーツ振興全般というふうな形の中で、えー保健福祉局さんとか、また教育委員会さんとも連携を取りながら、取り分けこの障害者スポーツ、まあもうご指摘の通りでございます。えー障害のある方々のやはり生きがいとか、スポーツを通じてそういうような社会生活、自立というような部分にも大きく寄与しているものでございます。えー私どもも、スポーツの観点から保健福祉局さんと連携を取りながらしておるというようなところもございますし、まあただし、あの専門的な、あのいろいろな対応策っていう部分も必要になります。えーそういった部分は、えー保健福祉局との連携を取りながら、えー障害者の方々のスポーツ振興についても、連携・協力をはかってまいりたいというふうに考えてございます。

◆やまね/あのまあ、エアコンの状況については把握できてないっていうお話があったんですけどね、あのー今年3月の、えーこれスポーツ振興室の資料で、市民スポーツ振興計画・改定版に寄せられた市民意見ていうのがあります。で、その回答があるんですけどね、「障害者教養文化・体育会館の空調設備を改善してほしい」という意見に対してきちんと答えておられます。「本市の厳しい財政事情により、早急の設置は難しい状況ではありますが、夏場の異常な高温による熱中症等が発生している中、健康管理の面からも冷暖房設備の設置は必要であると考えております。当面の対策として、レンタル空調機や簡易なパッケージエアコン等の設置を検討しております。将来的には、本格的な冷暖房設備の設置を検討してまいります」と、答えておられるんです。ですから、「管轄が違うから」ってことじゃなくてですね、まあ連携というお話も言われたんで、ぜひね、管轄が違ったとしても、そういうしっかりと情報共有をして、連携をしていただきたいと。で、保健福祉局のほうに私問い合わせました。で、そうしますと、「平成28年度は汚水の浄化槽を下水道に接続する工事を優先しなければいけなかったので、空調設備の整備はできなかった。しかし私たちも認識している。ぜひ次こそは」と、大変前向きな考えを回答されました。ぜひ実現をしてもらいたいと思いますし、スポーツ振興室からのほうからもですね、あらためてそういう働きかけをしていただきたいと思います。で、もう一つ、教育委員会所管の「京都市こども体育館」がありますが、ここもエアコンがありません。で、この施設を使う時にはですね、「会議室で涼みながらやる」とか、「とんでもない暑さだった」という声を市民の方から聞いております。これも教育委員会に問い合わせましたら、「エアコン設置は検討していない」と。「小学校の体育館もエアコンはついていないなかで子どもたちはやってる」というような話をされたんですよね。しかし、私は、こういう施設にですね、しっかりと空調がきちんと整備されれば、それだけでね、新しい施設を何かドーンと作るんじゃなくても、夏冬に気持ちよく使える施設が増えるわけですから、これはスポーツを所管する部局として、保健福祉局や教育委員会とも本当に連携を取っていただいてですね、ぜひとも改善をしていただきたいと。で、空調だけではなくて、バリアフリーの問題ですとか、使いやすい料金の問題ですとか、ぜひとも連携を強めていただきたいというふうに思っております。

あの最後にしますが、えー前回の、先週の委員会でですね、横大路運動公園、それからその体育館の現状に、多くの委員の方からも意見が出されました。局のほうから「予算を確保できるようがんばりたい」という答弁もあったわけですけれども、私はあらためて、京都市のスポーツ行政の役割というのがいま問われていると思っております。で、あの、京都マラソンには大変大きな力入れておられると。それは私は悪いことではないと思うんですが、その一方でですね、横大路で見たように市民のみなさんがスポーツ活動をされている場所がね、事実上まあほったらかしにされているような状況がある。体育館の使用についてもですね、指定管理者に相談しても何年も返事がないということがあると。で、障害者のみなさんがですね使用される施設にエアコンもないと。私はこれは、状況はね、やっぱり放置してはいけないと思うんです。市民のスポーツ活動を支援する、その環境整備に力を入れるのは、やっぱりスポーツ行政の大事な仕事だと思いますので、ぜひともがんばっていただきたいと、求めておきたいと思います。

最後にあの、この当委員会に提案をしたいことが2つございます。今年度はですね「スポーツ振興」「スポーツ施設」というのが年間のテーマに設定されまして、で、横大路運動公園の視察も行われたわけですけれども、私あのこの視察をですね、横大路だけじゃなくて、引き続き、京都市の文化市民局が所管する他の施設でもぜひ行っていただきたいと。で、たとえば、京都市に感謝されている声も私はたくさん聞いているんです。たとえば先ほどの京都市障害者スポーツセンターについてはですね、「障害者は無料で使えるので大変ありがたい」と。私もあらためて見させていただいて感銘しましたのが、「トイレのバリアフリー」がですね、大変素晴らしいんですよね。障害者スポーツセンター。トイレの個室ごとに形が違っていてですね、あのさまざまな障害を持っている方に対応できる、そういう施設になってて、「素晴らしい」と市民の方も喜んでおられるわけです。ですから、こういう充実している施設、あるいは不十分なところ、これをもっとですね、共通認識にして議論すれば、より中身のある実のある議論ができるんじゃないかと思います。それからもう一つは、あのスポーツの専門家の方ですね、現役のスポーツ選手や引退された方、あるいは研究者の方でもけっこうなんですけど、そういう方や、あるいはスポーツ団体や利用者のみなさんから、現状や課題を直接聞くことのできる機会をぜひ委員会として作っていただけないかと。この2つの提案をさしていただいて、終わりたいと思います。

(→松田・市民スポーツ振興室長)すいません、提案のお話の前の話の部分でございます。あのまず一点、これだけちょっとあの、いまやまね先生にもご承知いただいている障害者スポーツセンターとか、子ども体育館、それぞれスポーツの機能がございますが、えーそれぞれ障害者福祉とか、教育という観点もございますので、単にスポーツだけでないという施設になってるという部分はご承知をいただきたいなということと、ちょっとあの、先ほどあのコミセンの体育館というようなお言葉がございましたけれど、えーいま「いきいき市民センター」という部分と、私どものほうとしては「京都市の地域体育館」というような名称でさしていただいておりますので、その点だけちょっとご了解を賜りたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。

2016年7月19日【くらし環境委】文化市民局/一般質問「障害者スポーツにおける体育館の使用について、スポーツ施設へのエアコン設置について」

*質問動画はこちら→https://youtu.be/_uzpsF75L8U?t=5m27s

(更新日:2016年07月21日)

横大路運動公園の屋外トイレや排水溝の改善を(2016年7月12日/くらし環境委・文化市民局・やまね)

◆やまね/6月21日に行われました「くらし環境委員会の実地視察(横大路運動公園を視察)」を踏まえて、横大路運動公園の再整備についてお聞きしたいんですけれども、えー全体を歩かせていただいて、私感じましたのが、硬式野球場とかですね、多目的グラウンドの整備ってのはもちろんなんですけども、あの運動公園全体を、やはりいかに市民のみなさんが利用しやすいものにするかと、いうことも非常に大事だなと思いまして、そこでいくつかお聞きしたいんですが、たとえば公園内のトイレについてなんですけれども、地図なんかを見てますと、現在屋外に4箇所ほどあるかと思うんですが、これはそれぞれ、だいたいいつごろできたものなのか、まあ当初からあったものなのか、その点まず教えていただけますでしょうか。分かれば。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの、いちお屋外トイレにつきましては、まああの公園の開園の当初、まああと、その間まあ、一定の改修やらはしておりますけど、基本的には開園当初からというような部分のものでございます。

◆やまね/ありがとうございます。で、この間ですね、いくつかお聞きしている声では、このトイレがですね、えー「小」のほうしか利用できない、女性が非常に使いにくいと、いう声をお聞きしておりまして、で、たとえば以前行われていたスポーツ大会の日にはですね、体育館のトイレに非常に長蛇の列ができると、いうこともお聞きをしました。で、そこで、構造的にどうなっているのかですね。あの、「大」のほうができないような構造になっちゃってるのか、いや下水道がしっかり通っているのか、いや通ってるんだけども、たとえば男女共用になってるから女性が使いにくいのか、そのあたりはいかがでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)すいません、トイレの構造なんですけども、体育館と体育館の前にもちょうど芝生のところがございまして、そこにあるトイレにつきましては水洗式のトイレになってございますが、えー野球場のほうとか、多目的のところにあるトイレにつきましては、まあ当該地が埋立処分地ということで、えー下水道の配管が通せてません。えーそのために、汲み取り型のトイレという形での運用をさしていただいているところでございます。

◆やまね/わかりました。ありがとうございます。体育館とその前のところは水洗だけれども、それ以外のところについては汲み取り型になってるということですね。で、そこでですね、たとえばあの新設する硬式野球場についてはですね、これはあの「わかさスタジアムのバックアップ施設として利用できる水準」ということで、「観戦用スタンド2000名程度を計画している」ということであります。ですから、これ当然、野球場についてはトイレが設置をされるものだと思うんですけれども、あの、これについては当然水洗式になるのかなと思うんですが、で、そこでね、その野球場以外にも、このまあ今回の整備の中で、えートイレを増設していったりとか、あるいは、いまあるトイレを改善していくというような、この辺のことはどんなふうに考えておられるでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あの、ま、今回の府市協調のなかで、硬式野球場と多目的グラウンドの整備ということで、いま予定をさしていただいてございます。あのおっしゃられるように、集客の部分も増えてきてますので、えーその当然トイレ機能の充実という部分も、あのいま検討していく予定でございますし、あのおっしゃってられたように、ちょっとその水洗の下水道の配管やらをどう回したらいいのかというのも今年度含めて検討していく予定を致してございます。

◆やまね/えー、その下水道の配管を回す、どうやっていったらいいのかというのは、既存の、たとえば先ほど、汲み取り式になってると言われた野球グラウンドや多目的グラウンドのところも含めてどうすればいいかと、いうことで理解していいですか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ具体的にはあれなんですが、既存のトイレと後で新たにトイレの整備もしていかなければならないとか考えてございますので、えーそういった部分のなかで、まあトータルとしてトイレの配置とか、そういった部分は検討させていただきたいなと思ってございます。

◆やまね/わかりました。あのこれは本当に切実な問題だと思うんですね。あの平成25年秋に行われております、横大路運動公園を利用されている団体へのアンケートでもですね、えー「大会会場として今後必要な機能・施設」という項目で、半数以上の方が「トイレ」をあげておられますし、「充実・改善、新たに導入を希望する施設・機能」でトップであるのも「トイレ」であります。それから、利用者さんへのアンケートでも「公園の充実改善」について「トイレ」に関するものが最も多いわけであります。具体的な声として「トイレの設置を野球場内、グラウンド付近、女性用を」という声や、「トイレの美化。汚い、暗い、古い」と、こういう声があったと、報告資料でもありますので、ぜひ改善を求めていきたいと思います。で、あのー、えーたとえばですね、今回の再整備計画では、あのー「防災機能の強化」についても位置付けられております。「広域防災拠点としての機能が期待される」ことから「京都府と協調して再整備を決めた」ということも聞いているんですが、その点でもですね、やはりそういう防災の拠点にもなるんであれば、ぜひともトイレの増設、現在のトイレの改善というのも必要だと思いますので、ぜひとも努力をいただきたいと思います。

それからもう一つ、水はけの問題なんですけども、あのちょうど実地視察をした日はですね、雨の直後でありまして、そこで気になりましたのが、グラウンドの脇の溝のところがですね、野球用グラウンドのところも多目的グラウンドのところもですね、けっこう水があふれて、あるいは溜まっているように見えました。で、これはあの、たとえば、野球用グラウンドC・Dのところとクラブハウスの間の通路もですね、大きな水溜まりができていたわけですけども、あのーこれは以前からこういう状態になっているのか。で、見た感じ泥がね、つまっているような感じにも見えたんですけども、この水がけっこう溜まってしまう原因とか、改善策についてはどう考えておられるでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのまあ、おっしゃっておられたように、まあ当日、かなり砂も溜まってございました。あのそれで水が溢れてたというような状況やったというふうには理解しております。あのまあいちお指定管理者さんのほうで日常の維持管理で、そういう砂を取ったりとか、まあ、落ち葉を取ったりというような作業をしていただいてございます、けれど、あのまあそれが不十分やったのかなというふうには我々も感じてございますので、えーその後、指定管理者さんのほうに、まあ溝の、えー管理の部分についても徹底の指導をはかっておるようなところでございますので、えーまあ、より、えーそういったまあ、通常の管理の部分については強化はさしていただきたいなというふうには考えてございます。

◆やまね/えーまあ指定管理の日常の維持管理が不十分だったということなんですけど、そしたらその、構造上はですね、排水などは問題がないと、いうことでよろしいでしょうか。

(→松田・市民スポーツ振興室長)あのーすいません、あの構造上で大きな問題があるという認識は今はしてございません。あのまあ若干あの老朽化の部分には、まあ年限が経っておりますのであるかもわかりませんが、それが大きな問題とは認識はしてないところでございます。

◆やまね/えー構造上の大きな問題ではないということですけれども、あのー利用者のみなさんがですね、やはり歩きやすい環境をぜひともつくっていただきたいというふうに思います。それから、もう一つだけお聞きしますが、あのこの体育館のですね、東側のスペースに、テーブルやベンチのあるところがありましたが、ここもですね、草がまあいっぱい生えたままになってると。で、まああれを見たらですね、ちょっと腰かけてお弁当食べようかなという感じにはちょっとならないというふうに思います。で、あれも、市民のみなさんにとっては利用しづらいのではないかと思うんですが、もちろん今度の再整備計画もあるんですけども、それを待たずしてですね、こういうやっぱり市民のみなさんが歩きやすい環境であったりとか、ちょっとでも一息つけるような、ああいう環境整備っていうところもぜひ改善をしていただきたいと思いますけども、最後にそこだけお聞きして終わりたいと思います。

(→松田・市民スポーツ振興室長)はい、あのただいまのご指摘も、あの、ごもっともの部分ございます。まーこれにつきましても、指定管理者さんと連携を取りながら、えー通常のメンテナンスを含めた対応を充実さしてまいりたいというふうに考えてございます。

2016年7月12日【くらし環境委】文化市民局/一般質問「横大路運動公園の再整備について」

(更新日:2016年07月12日)